027

 

プラセンタにも色々なカタチがあり、選ぶのに迷ってしまいませんか?
せっかく摂るのなら、一番いい形でとりたいですもんね。
錠剤・ドリンク・ゼリー、どれが一番いいのでしょう?

 

プラセンタフリークのワタクシ。
今まで数えきれないほどのプラセンタをお試ししてきました。

 

一番効果がわかりやすいのはプラセンタ注射。
サプリメントではありませんケド、一番早いですヨ。
でも、保険が効かないので、高い!
しかも副作用の心配も・・・
プラセンタ注射を1週間に1回。
継続した経験がありますが、副作用があり、辞めました。(それでも危険をおかしますか?プラセンタ注射!私は副作用でやめました

 

それ以来、2009年ごろからあらゆるプラセンタをお試ししてきましたので、その中でわかったことを記事にしています。
今日はプラセンタのカタチでの選び方です。

 

サプリメントを摂るとき、結果がわかりやすいかわかりにくいかっていうのは、吸収力が決めて!
更に、サプリメントの中身!
プラセンタは原末換算量が多いほど実感度も高くなります。

 

プラセンタオンリーなのか、相乗効果を狙った配合になっているのか、などでも違いはでてきます。
そして、飲む人の体内環境に左右されるのを忘れてはいけません。

 

ワタクシの経験から言えば

ドリンク > カプセル・錠剤サプリメント・ゼリー

 

一番効果があるプラセンタドリンク

熟成ヒアルロンEX

 

やっぱりドリンクタイプは吸収が良くできているので、実感度はかなり高いと思います。
もちろん、ドリンクとはいえ、中身のバランスがよろしくなければ実感度は下がりますが・・
実感度が高いドリンクにも欠点があって、それは、かなりお高めだっていうところ。
毎日継続するのには二の足を踏んでしまいがちなんですよね・・

 

プラセンタドリンクの場合、プラセンタ含有量が高いので、最初は毎日継続し、その後は2日に1本とか、3日に1本とか、そういった飲み方もできます。

 

良さを維持するのなら錠剤・カプセルプラセンタ

 

錠剤やカプセル型は、速攻で違いを感じる人もいれば、1か月位・2か月位で違いを感じるなど、人により違いはあるものの、長い目で見ればおすすめ。

穏やかながら、ロングスパンで体の中から健康的に若々しさを蓄えてくれます。

 

錠剤・カプセルで摂る場合の注意点は、原末換算量でプラセンタがどれだけとれるのかっていうところ。
やはり、プラセンタ量が多いほど、実感度は高くなりますから。
今まで飲んだ最高濃度は豚プラセンタの10000mg。
1日1カプセルから始め、体調に合わせて増やしていくのがおすすめ。
サプリメントは、継続してこそ!
継続して内側から磨いていくことで、健康にも美肌にも導いてくれるものです。

 

ゼリータイププラセンタってどう?

 

ゼリータイプの効果はどうかっていうと、錠剤・カプセルタイプと同じくらいかな・・って気がします。
味でクセを緩和しているので、食べやすいです。

 

錠剤やカプセルタイプが苦手とか、ゼリーが好きな人におすすめです。

 

ドリンク・カプセル・ゼリープラセンタ比較 効果が高いのはどれ?まとめ

 

ワタクシが継続してみての結果は

 

ドリンク > 錠剤・カプセル・ゼリー

 

結論を言えば、試してみないとわからない!っていう部分もあります。
お友達に勧められたから試してみたけど、よくわからない・・って言う人もいますよね。
これは、体質の違いがあるから。

 

プラセンタは、摂る人の必要な部分から効いていくもの。

 

まずは、トライアルや返金保証があるものをお試ししてみるといいと思います。

 

●⇒おすすめのプラセンタサプリメントまとめ ランキングに騙されない選び方