たるみ予防頭皮ケア方法

 

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ サプリメント管理士こむはるです。

 

年齢を重ねると、おでこのしわとかお顔のたるみが気になってきますよね。
最初はとぎれとぎれで薄かったのに、その線がつながり、やがて1本の深いしわに!
1本だったのが2本に!3本に!

 

かと思うと、あれ?
お顔全体もたるんできてることの気付く(;^_^A

 

こうしたしわやたるみ、実は、頭皮が下がってきていることも原因の一つなんです。
頭皮が1mm下がると、お顔は1cm下がる!
とも言われているんです。

 

おでこのしわとかたるみケアっていうと、お顔ばかりケアをしてしまうけれど
実は、頭皮ケアはもっと大事だったりします。

 

 

おでこのしわを作るクセ

 

眉毛を上げたりまぶたを大きく開けたりというクセがある人はおでこにしわができやすくなります。
若いころからこのクセがある人ほど、40代以降おでこのしわが目立つ傾向が!

 

常に重力があるところに、それを持ちあげようとする前頭筋の動き。
この前頭筋が衰えてしまうことが、おでこのしわの原因です。

 

眉間にシワを寄せるクセがある人も注意!
縦筋のクセがついてしまいますヨ。
縦じわはタチが悪く、クセになってしまうと、無表情の時でも消えない!
人相にも影響しちゃいますので、ご用心ご用心。

 

ワタクシは、運転していてまぶしい時に目をすぼめ、その時に眉間にしわが寄ってしまうことに気付き、サングラスをかけるようにしています。
ちょっとしたことで、眉間のしわは予防することができるんですヨ。

 

また、疲れていたりストレスを溜めていたりすると、気付かずに顔をしかめたりしがちですのでご用心ご用心。

 

 

いつも髪を縛っている

髪を縛るとたるむ

 

 

ポニーテールなどにしていると、皮膚が引っ張られることから、しわもたるみも目立たない状態になりますが、髪をほどいた時は元に戻ります。
長時間引っ張られ続けた頭皮は、伸びやすく、それがたるみを引き起こすことに!

 

ゴムを引っ張り続けると伸びてしまうのと同じイメージです。
伸び過ぎて元に戻らない!
頭皮は悲鳴をあげているかも知れません。

 

 

では、しわやたるみのための頭皮ケアは何をすればいいのかをあげてみます。

 

 

しわ・たるみ予防法 頭皮マッサージ

 

頭皮のすぐ下はおでこ。皮1枚でつながっていますよね。
頭皮が1mmたるむとお顔は1cmたるむ!とも言われます。

 

頭皮が固かったりすると、その頭皮を支えるためにおでこに負担がかかり、しわの原因になります。
頭皮マッサージは、血行もよくなるので、栄養分が届きやすくなり地肌環境もよくなりますのでおすすめです。

 

頭皮マッサージはシャンプーの時や、朝の髪をセットする前にやるといいですヨ。

 

下から上へジグザグにマッサージ。10本の指の腹全体を使ってしっかりマッサージしますが、爪は立てないように気を付けてくださいネ。
髪を洗うというよりは、頭皮をほぐすイメージでやってみてください。

 

力を入れすぎると、翌日に頭皮が痛い・・・ってなりますので注意です。

 

頭皮のツボ

 

頭皮のツボ2

 

慣れてきたら、頭皮のツボも刺激するようにしてくださいね。
すっきり感が違ってくると思います。

 

 

しわ・たるみ予防法 低刺激のシャンプーを使う

 

毎日使うシャンプーにもこだわりたいトコロ。
頭皮とお顔は、1枚の皮でつながっているゆえ、頭皮か乾燥したりごわついていたりすると、少なからず顔肌に影響があります。

 

洗浄力が高く、頭皮の潤いを奪い過ぎるシャンプーは、乾燥・かゆみ・皮脂過多など、頭皮トラブルの原因にも。
低刺激で地肌環境を整るシャンプー。
潤いが残るエイジングケアシャンプーがおすすめ。

 

シャンプーは、使う年代で変わります。
20代の化粧品が40代50代に合わない様に、シャンプーも、20代のシャンプーは合わなくなってきます。

 

40代50代におすすめのシャンプーは、アミノ酸系です。

 

ワタクシのお気に入りは、haru黒髪スカルプ・プロ。
天然由来100%、アミノ酸系シャンプーです。

 

頭皮たるみケアシャンプー

●⇒ワタクシの口コミ

●⇒100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru 黒髪スカルプ・プロ】

 

 

●⇒アンチエイジングシャンプーの選び方

 

 

しわ・たるみ予防にアミノ酸

 

上記に挙げたのは、外からのケア方法ですが、頭皮は体の中からもケアすることができます。
それは、アミノ酸を摂る事。

 

アミノ酸は、頭皮のたんぱく質を作っているので、アミノ酸を補給してあげると、細胞の新陳代謝が活発になって血行が良くなり、柔らかく潤いのある頭皮を保つことができます。
髪の毛もたんぱく質からできてるので、アミノ酸が不足すると、艶が無くなってきたり細くなってきたりもします。
健やかな頭皮環境を保つために、アミノ酸をしっかり補給しましょう。

 

アミノ酸サプリメントもありますが、ワタクシは、豊富なアミノ酸を持つプラセンタを飲んでいます。

 

●⇒おすすめのプラセンタはこちらです

 

 

おでこのしわ・たるみケア法 保湿と攻めのケア

 

おでこにしわができたりたるみが気になるようになってきたら
直接的に攻めのケアをしないと、どんどん症状は進んでいきます。

 

おでこに限ったことではありませんけど、乾燥しているとしわができやすくなります。
一番に保湿をすること。

 

40代50代は、攻めのケアをすることも大切です。
化粧水ならコットンパック。美容液ならラップパックなど。

 

コットンパックは手軽にできることで人気ですが、やり方を間違えると逆効果!
化粧水を使ったコットンパックは5分が限度です。
コットンが乾いてしまうと、お肌の水分が蒸発してしまうので、長時間パックをする時は、途中で化粧水を追加しましょう。

 

美容液を塗ったらラップパックがおすすめ。
密封することでお肌が蒸される状態になり、美容液が浸透しやすくなります。

 

また、攻めのケアができる美容成分にもこだわりたいところ。

 

化粧品でしわにいい成分は
アルジルリン・シンエイク・EGF・FGF・IGF・ビタミンCなど。
化粧水・美容液・クリームに至るまで、厳しくチェック!

 

●⇒攻めのケアができる美容成分はコチラでチェック