3

 

年齢を重ねると、どんどんでてくるシミ。
一言にシミと、片づけられてしまいがちですが、治療法は様々。
効果的な方法も、タイプの違うシミには逆効果になることもあります。
シミの中でも、30代後半からでてくることが多い肝斑の治療法・化粧品と薬の選び方をご紹介します。

 

もやもや~左右対称にできる肝斑の原因

 

肝斑は、頬骨の部分に、左右対称にできることが多く、もや~っとできるのが特徴。
まれに、鼻の下にできることもありますネ。
一般的には茶色が多いです。

 

原因は、女性ホルモンバランスの乱れ。
そのため、30代後半から出始めることが多く、男性にはない症状です。
更年期に差し掛かった人や、妊娠中・ピルを服用している人もでやすいようです。

 

薬で肝斑治療 正しい選び方

 

k-1肝斑消去には、薬でいえば、トラネキサム酸・L-システイン。
サプリンメントでは、プラセンタやビタミンCなどがいいと言われています。

 

トラネキサム酸は炎症を抑える作用が高く、シミで皮膚科にかかると、処方されることもある成分ですが、シミ解消のために飲むと、保険がきかないので自費扱いになると思います。
そのため、トランシーノという一般薬が販売されていますが、人気ですよね。
実際に、2か月位服用して解消したという人もいるようです。

 

L-システインは、美白によく使われる成分だし、ビタミンCも美白効果が高い成分。
メーカーにより、配合バランスや成分の違いはあるけれど、体に合えば効果は得られると思います。

 

プラセンタは、「美白と言えばプラセンタ」と言われるくらい人気のサプリメント。
美白にいいだけではなく、女性ホルモンにも作用するところがポイント!
婦人科でも使われることがあるんですヨ。
肝斑は女性ホルモンの乱れが原因なので、最適のサプリメントじゃないかと思います。

 

ワタクシは、肝斑に悩まされたことがまったくないんですヨ。
それは多分、プラセンタを飲んでいるからなんじゃないかと思います。
更年期障害に悩まされることもないんです(≧ω≦)b

 

人により、どの成分が自分に合うのかっていうのもあるし、飲んでみないとわからないっていうのもありますよネ。

 

上記にあげた、トラネキサム酸・ビタミンC・L-システイン・プラセンタ
これらが配合された薬やサプリメントを摂るといいと思います。

 

●⇒肝斑に人気のプラセンタはこちら

 

 化粧品で肝斑治療 正しい選び方

0-09

 

肝斑は、内側からのケアと外側からのケアを併用することで、早く消去することができます。

 

化粧品を選ぶときに注意したいのは、やっぱり美白成分。
美白っぽいものではなく、キチンと成分チェック!
ハイドロキノンやレチノールなどが配合されているものを選ぶのがベスト。

 

というのも・・
ワタクシ、実は皮膚科の門前薬局に10年以上勤めていた経験があって、ドクターがシミに処方したのはハイドロキノンクリームだったから。
ドクターが濃度を指定してきて、薬剤師が作るわけです。

 

ハイドロキノンは、決して新しい成分ではないけれど、安全性やその効果はドクターも認めるところ。
新しい美白成分も次々でてきてますけど、新しいものほど臨床結果が少ないという落とし穴も!
それゆえ、白斑がでて回収・・・ってこともあったりしましたよね。

 

更に、シミにいいと言われている化粧品成分には、ビタミンCやシムホワイト377などもあります。
これらの成分を高濃度配合している化粧品は、美白効果が高いと思います。

 

美白化粧品でおすすめなのが、ビーグレンのシミ・美白セット。
ビタミンC・シムホワイト377・ハイドロキノンを配合したシリーズになっています。
ワタクシは、プラセンタとビーグレンの美白セットで、肝斑とは無縁だし、老人性色素斑も薄くなったり消えたりしています。

 

●⇒シミが消えた写真はこちら

 

肝斑が出来ている間は、できるだけ目立たせないよう、ファンデーション選びも意識したいところですよね。

 

肝斑ができる年代は、お肌も乾燥してくる年代。
パウダーファンデーションがいいのか、リキッドファンデーションがいいのか、、、迷ってしまいますよね。

 

私は、長いことリキッドファンデーションをメインで使っています。
リキッドファンデーションは、美容成分が多いものが多く、乾燥しない潤いを維持してくれるからなんですけどネ。
私が使っているのは、カバー力もあり、シミもナチュラルにカバーしてくれますヨ。

 

肝斑の場合、程度にもよりますけど、まずはリキッドファンデーションを塗ってみて、もっとカバーしたい!って言うときには、肝斑の所だけパウダーファンデーションを重ねるのも一つの方法です。

 

●⇒カバー力があるリキッドファンデーションはコチラ

●⇒カバー力があるBBクリームはコチラ

 

肝斑と老人性色素斑の見分け方

 

年齢を重ねるとでてくるシミは、老人性色素斑と言われるもの。
老人性・・嫌~な響きですが、誰もが悩まされるシミですよネ。
これは、紫外線の影響ででてくるシミで、肝斑のように左右対称にできるものではありません。

 

肝斑かと思ったら、老人性色素斑だった!って言う人もいたりします。

 

icon-check01-red肝斑は、左右対称に頬のあたりにもや~っとできるもの。
icon-check01-red老人性色素斑は、たまたま左右対称にできることもありますが、基本的にどこにでもできるし、大きさも様々です。

 

老人性色素斑の治療法と肝斑の治療法は、基本的に同じです。
内側からのケアと外側からのケアで、薄くすることが可能だし、できたてのシミならば消すことも可能ですヨ。

 

「肝斑の原因と治療法 正しい化粧品と薬の選び方」でした (^ё^)