me

 

 

気付いたら茶色くくすんでいた!

 

まぶたって、いつの間にか・・って言う感じで、くすんできますよね。
原因がわからないからいつものメイク。
アイシャドウの発色も悪くなってくるから、どんどん色を重ねていく。

 

本当は、それがいけないのかも知れないのに、、、
そしてどんどん茶色くなっていくという、魔のスパイラルに。

 

かつてはワタクシもそうでした。
今思えば恐ろしいことなんですが、そうとは知らずに、アイシャドウチップで塗るというより、擦ってました (;^_^A
でもすっかり消えたわけではありませんが、薄くなってきています。

 

まぶたの茶色いくすみの原因と改善法、ワタクシがやってる方法をご紹介します。

 

 

まぶたの茶色いくすみの原因

 

① 血行が悪い
お顔がくすむのと一緒で、血液の流れが悪いと、栄養分も届きにくくなるので、艶もなくくすんできます。
睡眠不足やストレス・運動不足などが原因になります。
夕方になると、クマができやすい人は気を付けましょう。

 

② お肌のターンオーバーの乱れ
お肌が乾燥して、ターンオーバーが乱れると、古い角質がまぶたに残りくすんで見えます。
角質の色は、お肌の色と違いグレーがかった暗い色をしているため、遠目に見ると色がくすんでいるように。

 

まぶたの皮膚は薄いため、潤いを保つことが難しいパーツなんです。
夏と同じケアを冬にしていると、意外と乾燥するもの。
やはり、冬には冬に必要な保湿アイテムがあるわけです。
肌乾燥は、水分だけでなく油分も必要で、バランスが整った時に初めて、ターンオーバーが整いだします。
冬肌向けに、油分を含むものをプラスするのも◎。

 

肌乾燥は、くすみだけでなく、しわ・しみ・たるみなどあらゆる肌悩みの原因になります。
いつ何時でも、お肌の潤いを保つことは、艶肌の鉄則です。

 

③ 色素沈着
まぶたの皮膚はとても薄く、頬の1/10程度の厚さしかありません。
頬と同じ扱いをしていると、まぶたはその何倍もの刺激を受けていることになります。

 

刺激により、メラニン色素が作られやすいパーツでもあるので、アイシャドウをチップでごしごし重ねたり、ビューラーで引っ張りすぎたり・・
これらの刺激を毎日続けていると、メラニンを刺激し、くすみの原因にも!
アイシャドウは、指の腹で塗ったりブラシを使うのがおすすめです。

 

 

 

熊野筆は、山羊やポニーなどの毛を使っていますので、肌触りがソフトです。ついついこすってしまう人におすすめ。

 

 

0-98

 

 

アイメイクを落す時にこすり過ぎるのもNG。
しっかりアイメイクは、専用リムーバーを使うのがベスト。
この場合、アイシャドウと同じメーカーのものを使うのが一番落ちやすいと思います。
自社メーカーのアイシャドウを、一番落ちやすいように作られているからです。

 

目がかゆい・・こすっていませんか?
何気なくこすってしまいがちですが、皮膚が薄いまぶたや目元には大迷惑!
かなり刺激を与えていることになりますヨ。

 

目薬のやりすぎNG。
目薬って、なかなか目に入らない時もありますよね。
ワタクシは、1発で目に入ったことはありません(汗)
意外と、まぶたや目の周りに刺激になっていたりするんですヨ。

 

目からあふれた目薬をふき取るときにもこすってしまいがち。
目薬がお肌に残ってしまうのもNGですが、こすること!これが一番刺激になります。

 

 

まぶたのくすみ 色素沈着改善法

19

 

 

 

ワタクシもまぶたが茶色くくすんでいて、アイシャドウを塗るときは、先にベージュ系を塗ってからじゃないと発色が悪い・・そんな状態でしたが、それも、徐々に薄くなってきています。
ワタクシが実践したまぶたのくすみ改善法をご紹介します。

 

 

美白美容液と目元美容液を使う

美白美容液と目元美容液を使う方法です。

 

ビーグレン目元ケアトライアル

 

ビーグレン目元ケアセットには、美白美容液と目元専用美容液が入っているんですよ。
目元美容液は、主に、目のしたのちりちりや目尻の小じわ、まぶたのたるみに良い美容液なんですけど
保湿力も高いので、ターンオーバーも整えてくれます。
2種類の美容液を長く使っていたある日、まぶたが明るくなっていることに気付いたんです。

 

まぶたのくすみケア

 

まぶたのくすみケア

 

上の写真は、エイジングケアもなにもしていなくて、くすみまくっていたころの写真です。
お顔全体も茶色くくすんでましたけどネ。

 

●⇒目元ケアワタクシの口コミはこちら

 

 

血行をよくし、潤いを保つことでターンオーバーを整える

血行を良くする!これで思いつくのがマッサージですよネ。
なので、スキンケアの時、美容オイルを塗り、お顔全体をなでるように軽めにマッサージをするのもおすすめ。

 

美容オイルを塗ることで、お肌の乾燥も予防できるし、滑らかに滑るのでこすることもない。
ターンオーバーの乱れは乾燥が原因で起こるので、美容オイルで潤うことで角質の乱れを解決できることも多いんです。

 

美容オイルは、油分量が激減してぱさぱさ~艶がない肌におすすめ。
朝は、洗顔後に塗って、それから化粧水。化粧水を塗ってから美容オイルなど、お肌の状態で変えます。
夜はお風呂でオイルマッサージ。
湯船につかったまま、お顔からデコルテまで。まぶたもなでるように軽くマッサージ。

 

美容オイルを使うのがコツ!
乾燥しまくってぱさぱさしている場合のくすみは
油分を補うことで初めてよくなっていくことが多いんですヨ。

 

美容法の一つに、蒸しタオルで温めて、冷やして・・・
これを繰り返すことで、血行を良くする、というのがあります。
実は、これにはデメリットがあります。

 

確かに、温めて冷やして、を繰り返すと、血行は良くなるでしょう。
しかし、日常的に繰り返していると、赤ら顔の原因にもなってしまう可能性が!
あまりおすすめできませんので、やる時は自己責任でやってくださいね。

 

それよりは、自然にお肌が柔らかくなる入浴時にオイルマッサージをするのがいいかと思いますヨ。
オイルは塗るだけでもお肌に潤いを届けることができます。

 

小じわ美容液

キレイ・デ・ボーテリペアセラムに使われているのは、1滴の水も含まない100%美容液。
オリーブオイル・油溶性プラセンタ・ビタミンC誘導体だけでできています。
効能評価試験済みです。

●⇒ワタクシの口コミ
●詳細⇒キレイ・デ・ボーテリペアセラム

 

 

お肌は、潤った状態でこそ、美容成分の浸透が高まる!という性質があるので
今の肌状態に合った方法で試してみてくださいね。

 

内側からくすまない流れを整える

 

血行の悪さは、代謝の悪さも関係してくるんですよネ。
お顔だけマッサージしても、体全体の流れがよくないと、なかなかまぶたのくすみは改善されないこともあります。

 

健康な艶肌を生み出すのは体の中からです。

 

これを忘れて、外からのケアばかりしていても思うような結果は得られないんですよ。
まぶたのくすみは、代謝力が低下しているよ~というお肌からのSOS!
代謝力が低下してくると、ターンオーバーもうまく繰り返すことができず、それがまぶたのくすみに・・・
肌代謝力を高めるための栄養素が足りていなければ、いつまでたってもまぶたのくすみはなくなりませんよね。
でも、毎日の食事で完璧に補えている人は、ワタクシを含めほとんどいないようです。

 

ワタクシの場合、美白の代名詞でもあるプラセンタを飲んでいます。
美白だけではなく、血液の流れを整えてもくれるプラセンタは
新陳代謝を整え、細胞から元気になるサプリメントです。

 

0-13

 

プラセンタは新陳代謝を良くすることから、肌細胞分裂をも高めると言われているんです。
メラニン色素の排出を促したり、肌の再生をもバックアップ。
美白効果を高めてくれるサプリメントなんです。

 

体の内側からのアンチエイジング。お化粧のノリもよくなるし、肌荒れにも◎。
健康に美容に・美白にと総合的な若返りができるところが人気です。

 

プラセンタサプリメントの中で、一番濃度が高いのがステラマリア。
1カプセルで10000mgのプラセンタがとれます。
ピュアプラセンタなので、本当のプラセンタ効果を実感できます。
継続しやすいよう、低価格への努力をおしまないプラセンタメーカーです。
初回500円と低価格なのに、返金保証もついています。

 

ステラプラセンタ
●SPF豚プラセンタ ステラマリア

●⇒ワタクシの口コミ

●⇒ステラマリアプラセンタ

 

美顔器で血行をよくする

また、美顔器を使ってマッサージをする方法もあります。
ワタクシが使っているのは超音波美顔器ですが、温熱効果も加わるので
深部から温まり、血行がよくなっていきます。
リンパ液の流れも良くなるので、むくみにもおすすめです。

 

マッサージ美顔器

 

●⇒ワタクシの口コミ

●⇒エステナードROSE詳細

 

 

まぶたの茶色いくすみを解消する方法はいくつかありますが、外からのケアと内側からのケア、同時進行することで改善が早くなります。
ワタクシがやってる方法は、まぶた以外にも、お顔全体が明るくトーンアップするし、美白にも役立つと思いますヨ。

 

美容オイルとプラセンタ!
40代以降の艶肌に、あると安心なアイテムだと思います。

 

「まぶたのくすみ 色素沈着改善法 私がやっている効果的な方法」でした (^ё^)