6

 

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

現代社会って、ストレス社会って言われていますよね。
眠っている間は、副交感神経が優位になるのが一般的で、それが当たり前なんだけど、実は、眠っている間でも、交感神経が働く人も多いんだそう。

 

つまり、眠っていても、体はゆっくり休むことができないため
朝起きた時は
気だるい・・・とか
熟睡した気がしない・・・とか

 

これを毎日引きずってると、疲れが抜けないってことに。

 

ワタクシがイライラしたり、気分が滅入ったりしないくいのは、プラセンタサプリメントを長年飲んでいるお陰もあるんだと思います。

 

何かと話題にあがるプラセンタは、免疫力を高めたり、メンタルバランスを整えたり新陳代謝を高めるっていうけれど、まんざら嘘ではなくて、継続して飲んでます。
メンタルサプリメントっていうと、セントジョンズワートとかも人気だし、テアニンサプリメントとかもありますけどね。

 

何でプラセンタ?って聞かれれば
体が楽ちんになることと
プラセンタが持つ自律神経バランスを整えるための栄養素。
これらの相乗効果っていうのかな、やっぱりね、メンタル面でもいいと思うの。

 

メンタルに関係してくるのが交感神経と副交感神経のバランスなんです。

 

交感神経と副交感神経のバランスを整えるのは、プラセンタが持つ成長因子の一つNGF。
神経細胞増殖因子。
自律神経が乱れているとか不定愁訴のような心の不安定などの症状の他
更年期障害や老化予防にも貢献してくれちゃうんです♪
一般的なサプリメントでは摂ることができない、プラセンタでしか摂ることができない成長因子は、ありがた~い栄養素なのですヨ。

 

プラセンタは、アミノ酸も豊富で、体内で合成できない必須アミノ酸をも含んでいます。
中でも注目なのは、幸せ物質セロトニンを生み出すとされる、トリプトファン!

 

また、イライラする時に必要なビタミンB群も豊富。
特にビタミンB1は不足すると、キレやすくなったり怒りっぽくなったり、集中力が欠けたりするし。
ストレスに強くなるビタミンCとかカルシウムなどのミネラルなども摂れますヨ。

 

自律神経の乱れ、不定愁訴にも効く

3

 

 

メンタルの不安定は自律神経のバランスが乱れてくるのが原因。
イライラ・無気力・不安・・・
メンタル的な落ち込みって、40代以降に回数が増えてきたな~って感じている女性も多いと思います。

 

一般的に言われている更年期は、45歳~55歳位。
30代で更年期のような症状を感じる人は、若年性更年期障害かも知れません。
30代の場合は、ホルモンバランスの乱れと言うよりは、ストレスが原因のことが多いようです。

 

うつのような症状が出やすい人は
真面目な人・責任感が強い人・物事を悲観的にとらえる人などに多く、また、親の介護問題などを抱えている人に多いようです。

 

更年期女性のメンタル的な落ち込みやイライラなどは、家族にも影響し、不協和音の元にもなりますよネ。
家庭内の雰囲気は、女性が握っているもの。
少しでも明るい毎日を過ごすためにできる予防法と対策をご紹介します。

 

気持ちをリフレッシュ

朝起きたら、一番にカーテンを開け、太陽の日差しをたっぷり浴びて深呼吸。
セロトニンが作られ、活動的になる交感神経のスイッチが入ります。

 

ウォーキングや体操・ヨガ・ストレッチなど、軽い運動をするのもおすすめ。

 

頑張り過ぎない

 

真面目な人・几帳面な人は、どうしても無理をして頑張ってしまいがちですよね。
時には頑張らないことも大切です。

 

毎日お掃除しなくちゃ~・・・お掃除をさぼっても死んだりしません
食事は手作りじゃなくちゃ~・・・おいしいお惣菜もたまにはいいもの

 

あ、、これ、ワタクシのことですけどね (* ̄m ̄)

 

自分で言うのもなんですが、真面目で几帳面です。
でもね、疲れるでしょう?ぐったりしちゃうでしょう?
だから、やーめた(笑)
手抜きしたっていいんです。
頑張らなくっていいんです。

 

頑張りすぎていると感じていたら、心と一緒に体も休める。
頑張らない自分を受け入れることができると楽ちん~♪
好きなことができる時間を作ったり、バスタイムでリラックスできる環境を作るのも◎。

 

食事でたっぷりと栄養を摂る

豚肉や大豆には、セロトニンを作り出すのに必要なビタミンが多く含まれています。
また、カルシウムはイライラの緩和に役立ちます。

 

特に、大豆には、女性ホルモンに似たエストロゲンが豊富。
大豆から生み出される「エクオール」という成分は、更年期障害にいいと言われています。
豆腐や納豆、みそなどは積極的に摂りたい食材ですね。

 

うつのような症状は冬にひどくなる?

 

うつのようなメンタル症状は年間を通してあるものだけど、特に冬に多く感じる人も多いんだそう。
なんとなく落ち込む回数が増える・・・
それは冬のせいなのかも?

 

太陽の日差しを浴びると、セロトニンというホルモンが分泌します。
セロトニンは、心を安定させる大切なホルモン。

 

冬は日照時間が短いため、自然とセロトニン分泌が減ってしまいます。
これが原因で、イライラしたりうつ症状になったり、無気力になったり・・眠れないとか体が重たい、などもでてきやすくなります。

 

このメンタルの変化は、大体10月頃から徐々に始まり、少しずつパワーが失われていく。
すぐに回復しないで、無気力状態が続く場合は、それは冬のせい。日照時間が短いからなのかも知れません。

 

 

10

 

 

いくつか、自律神経対策をあげてみましたケド
大豆製品は摂ってるんだけどな・・・
症状がなかなか緩和しない・・・

など、症状が緩和しないと感じる人もいます。

 

そういった時には、プラセンタサプリメントに頼ってみるのもいいと思いますヨ。

 

プラセンタは、婦人科でも処方されることがあるんですよ。
医療機関なので、薬として処方されます。

 

プラセンタの一般的に言われる効果の中には
更年期障害・老化・うつ病の防止・自律神経のバランスを整える・・・など心に役立つ効果があり
これは、神経細胞増殖因子(NGF)を始めとする数々の成長因子やアミノ酸など、多くの栄養素をバランス良く持っているからなんです。

 

更年期を例にあげましたけど、まだ更年期じゃあないんだけど、、、
っていう人にも◎。
30代でも40代でもOK。
メンタルサプリメントとして、アンチエイジングサプリメントとして視野に入れて、ワタクシは長年愛飲しています。

 

 

美白サプリメント

 

●⇒ステラマリアプラセンタの口コミはこちらです