パンケーキが老化を早める

 

 

おいしいものは脂肪と糖でできている!
というCMがありますが、確かにそうだと思う。
最近では、脂肪と糖の他に気を付けたいもの、それはAGEs

 

最近話題に上がるAGEs!
何のこっちゃ?
なんとな~っくよくないものだっていうのはわかるけれど、、、

 

血液中の余分な糖分がたんぱく質と結びつくこと、これを糖化といいますが
これが変質するとAGEsになります。
AGEsは、終末糖化産物と言って、毒性が高く、体の中に溜まってしまうと老化が加速してしまう!と言われています。

 

例えば、パンケーキを焼くとこんがりと褐色になっておいしそうな色に変わりますよね。
これは、小麦粉の中の糖分とたんぱく質が焼けた色なんです。
トーストにしても同じ。
焼くと表面がこげ茶色になりますよね。この部分にAGEsがあります。

 

わあ~おしそうに焼けた~
でもそれを食べるということは、AGEsを食べる!老化を食べる!ということなんですよね。
ちょいっと怖くないですか?

 

食べ物に含まれるAGEsは、ある程度は分解されて消化されますが
その中の7%程度は体の中に留まってしまうと言われています。

 

こういったことは、実は、体の中でも起きていることなのです。

 

AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。
老化というとすぐに思い浮かぶのはお肌のシミ・シワや認知症などかもしれませんが、それだけではありません。AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、骨に蓄積すると骨粗しょう症、目に蓄積すると白内障の一因となり、AGEは美容のみならず、全身の健康に影響を及ぼしていると言えます。体のあちらこちらで深刻な疾病を引き起こすリスクとなるAGEを体内に溜めない生活・減らす生活を送ることが大切です。

出典*AGE測定推進協会

 

老化と言うと、確かに、しわやシミなどを思い浮かべますよね。
外的要因ももちろんありますが、体の中からの老化もあるわけで
それにAGEsが関わっているのかも知れません。

 

 

■お肌が糖化したお肌は・・・

icon-check01-redハリがなくなりたるんでくる
icon-check01-redターンオーバーが乱れ、シミができやすくなる
icon-check01-red乾燥しやすくなる
icon-check01-red水分がなくなりお肌に柔らかさを感じなくなっていき、しわ・たるみ・・・・そして、黄色みを帯びたくすんだお肌になっていくのです。

 

紫外線の影響でも糖化すると言われているので、日焼け止めなどのUV対策は必須です。

 

今までは、抗酸化が若々しさのポイント!って言われていたけれど、これからは、抗酸化+抗糖化!

 

まずは、抗糖化!
体の中から糖化を予防する方法をご紹介です。

 

体内に糖が多くならないように気を付ける

 

糖化は、糖が多いと起きてしまうので、糖が急激に上がらないような食事をするといいんですヨ。
食事の時、いきなりお肉などのおかず系から食べると血糖値が上昇してしまうので、野菜類から箸をつけるようにすると、血糖値の急上昇を抑えることができます。

 

野菜サラダやみそ汁の具などを、一番最初に食べる習慣をつけるといいですネ。
この食事法は、ダイエットにも役立ちます。

 

AGEsを含む食品をとらないようにする

 

恐ろしいことに、口にするものに、最初から入っているものがあるんです。
トンカツ・焼き肉・焼き鳥・・・揚げたり焼いたりした動物性脂肪分にAGEsが含まれています。
焼いてこんがりきつね色の部分がAGEsだということを覚えておくといいですね。
AGEsはタンパク質と糖が結びついてできるゆえ、生野菜やおさしみなどは、AGEsが少ない・・・ということになります。

 

また、清涼飲料水も注意です。
ええ?加熱していないのに?焦げていないのに?
清涼飲料水に使われる人工甘味料は、ブドウ糖の10倍のスピードでAGEsを作るんだそう。
恐ろしいですね・・・

 

 

AGEsを増やさない調理法にする

 

調理法といえば、焼く・揚げる・煮るなどがありますが、一番いいのは煮る!
高温で調理すればするほど、AGEsを増やしてしまうんだそう。

 

から揚げなどは、大好きな人が多いですよね。
から揚げにマヨネーズをつけて食べる人もいますよね。
これは、糖化を考えると、お肌のためにも体のためにも良くないこと。

 

せめて野菜類をたっぷりとってから、量は少な目に!・・など、考えたほうがよさそうですネ。

 

軽い運動が効果的

 

食後にはゆっくりしたいものですが、軽く動くといいんだそうです。
軽くウォーキングしたり、お掃除やかたづけをするだけでもいいみたいなので、無理なく続けられることをしてみるといいですね。

 

新陳代謝力を高める

AGEsが増えた肌内部は、酵素がAGEsを排除しようとします。
それ自体は肌に悪影響を与えることはないのですが
酵素が活発になると、思わね弊害がでてきます。

 

大量の酵素が、繊維芽細胞やコラーゲンを破壊してしまうのです。
そうなると、肌のハリや弾力が低下し、しわやたるみが目立つようになります。

 

また、ターンオーバー周期が乱れてくるとAGEsが蓄積されやすくなり
肌老化を早めてしまいます。
ターンオーバー周期対策には、細胞を活性化し、新陳代謝力を高める必要があります。
それには、細胞の増殖をサポートをしてくれるプラセンタがおすすめ。
コラーゲンを生み出す元も取り入れることができます。

 

プラセンタは外から補うこともできますが、サプリメントで摂り、体の中から細胞を活性化させるのが◎。
ターンオーバーを促進させるほか、肌の酸化も予防してくれるので一石二鳥です。

 

 

美白サプリメント

 

飲んで良かった!効いた豚プラセンタ・馬プラセンタをまとめました。

●⇒新陳代謝を高める!肌くすみを抑えるプラセンタはこちら

 

 

健康な人はお肌もきれい♪
っていうことを考えると、体の中から抗糖化予防することは、老化予防にもなります。
プラス、毎日のスキンケアでも糖化予防ができたら最強ですよね。

 

糖化予防化粧品

 

化粧品を選ぶ場合、AGEの生成を抑制して、糖化予防にいいものを選ぶのがおすすめ。
調べたところ、糖化予防に役立つ成分を見つけました。

 

デカルボキシカルノシンHCl

 

細胞内の酸化を防止し、コラーゲンなど体内のたんぱく質の糖化を防ぎ、AGEの生成を抑える。
コラーゲンを活性化させ質を高めてくれるので、ダメージの受けにくい肌に。
また、抗酸化、抗糖化だけでなく、炎症防止効果もあります。

 

icon-check01-redデカルボキシカルノシンHCl配合化粧品 ⇒ ビーグレンモイスチャーゲルクリーム

 

 

デカルボキシカルノシンHCl配合化粧品

 

ビーグレンモイスチャーゲルクリームは毛穴ケアトライアルでお試しできます。

●⇒毛穴トライアルの口コミはこちら

 

 

ダイズ芽エキス(ポリアミン)

 

細胞の増殖に不可欠な成分。
母乳にも高濃度で含まれおり、赤ちゃんもポリアミンを活発につくり出すことから、赤ちゃんのような肌をつくる素とも言われます。
コラーゲンやヒアルロン酸産生促進、抗糖化や紫外線ダメージからの保護効果も。

 

icon-check01-redダイズ芽エキス配合化粧品 ⇒ ビーグレンモイスチャーリッチクリーム

 

ダイズ芽エキス配合化粧品

 

 

ビーグレンモイスチャーリッチクリームは、美白トライアル・目元の小じわトライアルでお試しできます。

●⇒美白トライアルの口コミ

●⇒目元の小じわトライアルの口コミ

 

アンチエイジングのキーワードは、抗酸化と抗糖化!
体の中からと外からのエイジングケア。
見直しすると、健康にも若返りに役立つと思いますヨ。