ガミラシークレットフェイスオイル

 

年齢乾燥肌に欠かせない美容オイル(フェイスオイル)。

若々しいお肌を保つカギは皮脂!

良質な美容液を与えても満足に潤わないのは、皮脂が足りていないからなんですヨ。

十分な皮脂があってこそ、潤い・ハリ・艶が叶うものです。

 

皮脂の役割

 

icon-check01-redお肌の水分を守り、滑らかさや潤い・柔らかいお肌を整える
icon-check01-red紫外線や乾燥からお肌を守る
icon-check01-red角質層に浸透し、水分が逃げないようにする
icon-check01-redお肌を弱酸性に保つ

 

いいものでも、毎日使っていると、あれ?っていうような疑問がでてきます。
こんな時どうしたらいい?ありがちな素朴な疑問を考えてみました。

 

美容オイルについて素朴な疑問・勘違い レスキューQ&A

 

寒いと固まってしまう 美容オイルは天然素材を使っているので、冬などは、10度以下になると白く固まってしまうことがあります。 これは天然素材だからこその症状で、品質に問題はありません。常温においておくと液体に戻ります。
べたつかない!
って書いてあるのにべたつく
べたつく原因の一つは、お肌の水分不足です。潤いバランスが崩れていると、オイルはお肌に馴染みにくくなってしまいます。そんな時は、化粧水でたっぷり潤し、化粧水の水分が少し残った状態で塗ると馴染みやすくなります。
物足りない 化粧水と美容オイルのみで完了することも可能ですが、物足りないって感じる時もあると思います。お肌は毎日変わるので、物足りなさを感じた時は、美容液をプラスしたり重ね塗りしたりクリームを塗ってもOK。テクスチャーの固いものは最後に使うといいですヨ。
しわが目立つ? しわの周りのお肌がふっくらしてくることから、しわが深くなった!と勘違いすることもあるようです。お肌が変わってきているということなので、継続するといいですネ。
潤いを感じない 皮脂不足で、潤いを閉じ込めることができない状態かと思います。重ね塗りしたりクリームをプラスしたりし、継続することで、本来の肌力に近づいていくと思います。
1回量はどれくらい? 最初は2滴くらい。軽めに塗り、塗ったときの肌状態で、4~5滴くらいまで増やしてもいいと思います。 お肌が満足に潤っていればOK。適量は人によって違ってきますヨ。小じわは重ね塗りをオススメ
高いものと安いものがあるのは
どうして?
一般的に、エッセンシャルオイルが入っていて、エッセンシャルオイルそのものが天然素材でお高いので、香りがついているものはお高めです。また、オーガニックを使っているものもお高めです。
油やけしない? 最近の美容オイルは精製度が高く、酸化しにくく油焼けしにくい素材を使っているものが多いですネ。詳しくは、販売サイトにて確認してください。 昼間のUV対策は、美容オイルを塗っても塗らなくっても必須ですヨ。
夏にも使うの? 汗をかくし、湿度もある季節なので、潤ってる!と思いがちですが、紫外線やエアコンでインナードライになりがちなのが夏!夏だからこそ美容オイルが必要!紫外線ダメージケアのためにも使ったほうがいいと思います。

 

ワタクシは超乾燥砂漠肌で、毎日美容オイルを使い、使うことでお肌が変わってきました。
上記は、ワタクシが使っている間に疑問に感じたことをまとめたものです。

 

これから美容オイル(フェイスオイル)を使おかな~って考えている方、すでに使っている方。
参考になればうれしいです。

 

●⇒おすすめの美容オイルはこちらです

 

寒いと固まる美容オイル 疑問・勘違い レスキューQ&A でした。