男性更年期に効くプラセンタ

 

女性の更年期と似ている部分はありますが、男性の更年期は、無気力・やる気が起きない・疲れやすい・うつ不眠・発汗・肩こり・性欲減退などの症状などがでてきます。

 

疲れるのはいつものこと・・と、放置してしまうがちですが、放っておくと疲労が蓄積されることなどから、肉体的にも精神的にも障害がでてきてしまいます。
男性にもある更年期障害、意外と知られていなうようで、病院にかかる人は3000人に1人しかいないんだとか。
もしかして・・?

 

思い当たったら、病院にかかる前に試してほしいサプリメントをご紹介します。

 

 

そもそも男性更年期障害はなぜ起こる?

 

男性の更年期障害も、女性と同じでホルモンバランスの乱れから起きます。

 

男性ホルモンは20代がピーク。その後緩やかに下降していきます。
緩やかなので、体はそれに対応していくことができ、慣れながら年齢を重ねていくのが一般的。

 

更年期障害の発端となるのは、ストレスが原因になることが多いと言われています。

 

更年期障害を感じやすい年代は、仕事で責任を任される立場にあったり、残業が毎日だったり・・過度にストレスを溜めやすい年代。
残業が毎日では、いくら若い世代であっても疲労は溜まってきますよね。
それが、体力も衰えてくる年代ならば尚更のこと。
体も壊してしまいます。

 

疲労が蓄積した状態では、仕事もうまくいくはずもなく、いつしか無気力・元気がでない・やる気が起きない。
そして怖いのは、自分は無能な人間だと思い込んでしまうこと。
うつ症状になりやすい状態です。

 

女性の更年期に比べ、男性更年期障害は長く続いてしまう傾向があると言います。
まずは、自分の無気力・元気が出ないなどの症状は、男性ホルモン低下に原因があることを知ることです。

 

男性更年期障害にありがちな症状と、それらに役立つ栄養素を考えてみます。

 

無気力・うつ状態になる

 

まずは、体の疲れをとる栄養素をとり、十分な睡眠や休養をとることです。
ビタミンB群で、栄養素の代謝がスムーズになるようにしましょう。
強いストレスが続いている場合は、ビタミンCでストレスを緩和させることも大切。

 

悲観的になったり不安感が強くなると、気持ちもふさぎこんでしまいます。
原因がわかっている場合は、気分転換や脳神経細胞の興奮を抑えるビタミンB6や、カルシウム・マグネシウムなど、またストレス緩和にビタミンCをとるといいと言われています。

 

icon-check-listビタミンB1
豚肉・たらこ・うなぎ・レバー・ハム・ベーコン・いくら豆類・玄米・のり・わかめ・しいたけ・こんぶ・きなこ・焼きふ・かつおぶし・ごま・ナッツ

 

icon-check-listビタミンB2
レバー・すじこ・うなぎ・卵黄・うに・たらこ・すっぽん納豆・のり・わかめ・しいたけ・抹茶・チーズ・アーモンド・ビーフジャーキー

 

icon-check-listビタミンB6
肉類・魚類・レバー・とうもろこし・卵・はちみつ・豆腐・納豆・落花生・にんにく・バナナ・アボガド

 

icon-check-listビタミンB12
肉類・魚類・牛乳・チーズ・卵など、動物性食品

 

icon-check-listナイアシン
魚類・レバー・緑黄色野菜・豆類・小麦胚芽・米ぬか・穀物

 

icon-check-listビタミンC
ブロッコリー・キャベツ・柿・キウィ・菜の花・いちご・みかん・オレンジ・芽キャベツ・ピーマン・焼き海苔・抹茶・イモ類

 

icon-check-listビタミンE
さんま・メカジキ・ブリ・ギンダラ・レバー・すじこ・いわし・たらこ・うなぎ・にら・菜の花・アボガド・ごま・玄米・牛乳・かぼちゃ・アーモンド・マヨネーズ・マーガリン・大豆油

 

icon-check-listカルシウム
桜エビ・チーズ・しらす干し・いわし・ししゃも・油揚げ・パセリ・モロヘイヤ・厚揚げ・しそ・ひじき・きなこ・切り干し大根

 

icon-check-listマグネシウム
みそ・油揚げ・納豆・アサリ・きな粉・ひじき・昆布・のり・きくらげ・抹茶・唐辛子・切り干し大根

 

サプリメントで摂る場合
カルシウム:マグネシウム=2:1・・・この割合がベストです。

 

ストレスを感じる

 

人の体は、ストレスを感じると、大量のビタミンCを消費します。
ビタミンCは体内で作ることができないビタミンなので、毎日とることが大切です。

 

一般的には500mgでも十分ですが、ストレスを感じる人は多目の摂取をおすすめします。
ビタミンCは、末梢血管を広げてくれるビタミンEと一緒にとると効果的です。

 

 

 男性更年期障害!サプリメントを一つ選ぶとしたらプラセンタ

 

症状をいくつか挙げてみましたが、単体でとるのではなく複合的に摂る必要があることがわかると思います。

 

もちろん、総合ビタミン剤でとってもかまいませんが、ケミカルなものよりも天然由来成分でできているプラセンタをおすすめします。
プラセンタっていうと、女性に人気なので、男性が飲んでもいいの?って疑問に感じますよね。

 

プラセンタは栄養素の宝庫。ビタミン・アミノ酸・ミネラル・ホルモンに関係する成長因子の数は10以上。
治療にも使われることがあるものです。

 

プラセンタには、ビタミンやミネラル、すべてが自然な形で含まれています。

 

プラセンタは赤ちゃんを育てる栄養素がすべて詰まった、万能の臓器!
美容効果だけではなく、健康維持のために注目されている成分。
病院では、プラセンタ注射もありますよね。

 

神秘のパワーを秘めているプラセンタは、紀元前から食されてきた特効薬的な存在。
成長因子が減っていく40代以降は、継続してとるのがおすすめです。

 

 

ステラマリアプラセンタ

 

 

私は何年もプラセンタサプリメントを愛飲しています。
骨の髄まで変わるのには7年かかると言われていますが、早い人ではトライアルを試しただけで実感できます。
私も、トライアルを飲んで、何となくいいかも?・・と飲み始めた一人です。

 

そして、相方もプラセンタを飲んでいます。
更年期年代まっただ中!ってこともあるんですが、いやに怒鳴る!いらついている!
そう感じた時があり、もしかして?
って感じて、プラセンタを飲んでもらうようにしたんです。

 

見ていても、いらついてるのがわかると、こっちだって嫌になってしますもんね。
触らぬ神にたたりなし・・・と、話をするのだって躊躇しちゃいます。
即効でよくなったわけではありませんが、少しずつ安定してきていると思いますヨ。
話をする回数が増え、笑顔も増えていく♫
自分でも実感しているらしく、毎日寝る前にプラセンタを飲んでいるようです。

 

●⇒おすすめのプラセンタはこちらです

 

うつ・やる気が起きない!男性更年期におすすめのサプリメントプラセンタ でした。