洗顔料を選ぶときに大切なのは、泡の量よりも、汚れ吸着成分です。
毛穴の大きさは約0.2mm。
泡はなかなか入り込むことができないので、吸着する成分が必要です。

 

更に乾燥気味の40代肌には、潤い洗顔が基本。
洗顔でツッパリを感じてしまうと、なかなか潤いは戻らなくなり、しわも目立ちやすくなります。
汚れ落ちの良さ・突っ張らない・保湿感が残る洗顔料の人気ランキングです。

 

 

ビーグレンクレイウォッシュ

クレイ洗顔料

汚れ吸着率が高い天然クレイを使い、ニキビの原因にもなる毛穴の皮脂汚れ・黒ずみ・古い角質を穏やかに取り除く洗顔料。
必要以上に潤いを奪わない、しっとりした洗いあがり。
頭皮の毛詰りにも使えます。トライアルでお試しできます。
365日間返金保証。

●⇒ワタクシの口コミ
●⇒クレイウォッシュトライアル

 

 

マナラモイストウォッシュゲル

マナラウォッシュゲル

泡が立たない酵素洗顔料。美容成分97.5%!
夜にW洗顔不要のクレンジングを使っている人は、朝におすすめ、という洗顔料。
クレンジングと洗顔を別個に使っている人は、夜にもOK。
美容液をお顔に伸ばしているような感覚で、まったく乾燥しないし突っ張らない。
パパイン酵素が、ざらつきや汚れをすきっとオフ。乾燥肌におすすめ。
返金保証あり

●⇒ワタクシの口コミ
●⇒マナラモイストウォッシュゲル

 

 

キレイ・デ・ボーテ プラセンタフレシュソープ

泡洗顔料

サティス製薬会社との共同開発で生まれた生石けんは、プラセンタ配合。
石けんベースで、角質ケアもできることから、つるつる~な洗いあがり。
代謝を整えながら優しくオフして素肌をリセット。
さっぱりしつつも潤いを留めてくれます。

●⇒ワタクシの口コミ
●⇒キレイ・デ・ボーテプラセンタフレッシュソープ

 

 

シンリーボーテ潤いクレンジング泡ジェル

シンリーボーテ潤いクレンジング泡ジェル

ジェルでクレンジングをし、水を加えると泡がたって、洗顔料にもなる。
朝は、水を加えて洗顔ができる!という一石二鳥の洗顔料。
天然アロマの香りが心地よく広がり、ホルモンバランスにも◎。
石けんベースに、ヒアルロン酸やコラーゲン配合で、潤いを保ってくれます。

●⇒ワタクシの口コミ
●⇒シンリーボーテ潤いクレンジング泡ジェル

 

 

くすみ洗顔料二十年ほいっぷ

くすみ洗顔料
肌表面にこびりついたくすみ・乾燥して分厚くなった角質層が原因のくすみ。両方に対応して、3日目でくすみレス。
肌全体がトーンアップします。
突っ張らない潤い洗顔料。枠練り洗顔料です。
全額返金保証あり。
●⇒ワタクシの口コミ
●⇒二十年ほいっぷ

 

 

ハリーヴィーナスプラチナウォッシュ

ハリーヴィーナスプラチナウォッシュ口コミ

フランス産のカオリンというクレイを使った洗顔料。さっぱり爽快な洗いあがりながら、潤いも留める。
プラチナロコイドやフラーレン配合というこだわりは、まさに年齢肌向け洗顔料だと思う。
初回限定980円。
●⇒ワタクシの口コミ
●⇒【ハリーヴィーナス プラチナウォッシュ】

 

 

アミノ酸系界面活性剤チェック

 

洗顔料に界面活性剤はなくてはならないものですケド、毎日使うものゆえ、肌刺激にはこだわりたいところ。
アミノ酸系界面活性剤を使った洗顔料は、比較的高価ですが、お肌には低刺激なのでおすすめです。

 

下記のような成分を使っているものを使うのがおすすめです。

 

icon-check01-redココイルグルタミン酸Na・ココイルグルタミン酸TEA・ラウロイルグルタミン酸Na・ラウロイルグルタミン酸Na・ ラウロイルグルタミン酸TEAなど

 

icon-check01-redココイルメチルアラニンNa・ラウロイルメチルアラニンNa・ラウロイルメチルアラニンTEA・ココイルアラニンTEAなど

 

icon-check01-redココイルメチルタウリンNa・ココイルメチルタウリンK・ココイルメチルタウリンMg・ラウロイルメチルタウリンNa・ステアロイルメチルタウリンNa・ココイルタウリンNaなど。

 

 

洗顔石けんと洗顔フォームの違い

泡洗顔料

 

 

洗顔料には、石けんもあるし、練り状のフォームタイプがあります。
40代以降の乾燥肌にはどっちを使うのがいいんだろう?
それぞれの特徴をあげてみると・・・

 

icon-check-list石けん

石けん成分そのものが界面活性剤的に作用するため、合成成分を添加していないものが多い。
石けんの場合、美容成分配合量にばらつきがあり、乾燥しやすいというデメリットもある。

 

icon-check-listフォーム

乳化目的で界面活性剤を添加している。
美容成分を多目に配合することができるので、保湿力が高いものが多い。

 

ナチュラルにこだわる人や、さっぱり洗いあがるのが好きな人は石けん。
絶対乾燥させたくないという潤い重視の人には、フォームがいいかと思います。

 

洗顔料を使わない洗顔をするとどうなる?

 

シャンプー方法に、シャンプー剤を使わないで洗う、という方法がありますが
洗顔方法にも、洗顔料を使わないで洗う、という方法があります。
実は、ある美容家さんがいいと言っていたこともあり
朝だけですが、洗顔料を使わないお湯洗顔をしていた時期があるんです。

 

最初はよかったんですけどネ。ええ、最初だけ。
継続していたら、ある時、ニキビができました。

 

お湯でも汚れは落ちますケド、洗顔料を使った時ほどは落ちません。
そのため、毛穴に皮脂が残りがちになり、ニキビ・・・
以来、朝も夜も洗顔料を使って洗顔をするようにしています。

 

 

お肌を乾燥させない洗う順番

 

お顔の中での洗う順番は、皮脂が出やすいパーツからがおすすめ。

 

Tゾーン ⇒ Uゾーン ⇒ 目元・口元

 

最初に洗ったところを、最後にまた洗う・・・というのは、ヒトの習性。
最初に乾燥する部分を洗うと、最後にまた洗いたくなるんですよ。
なので、皮脂が出やすいパーツから洗うのがおすすめです。

 

 

40代~の保湿・毛穴洗顔 しわを作らない潤う洗顔料人気ランキング でした。