16髪って、年齢と共に細くなって柔らかく、コシなくなってがきますよね。

シャンプーしていても、抜ける量も多いような気がしたりとか・・

だんだんボリュームも出にくく、薄毛になってくる。

年齢だと諦める前に、試してみたら髪がしっかりして、健康な髪になってきたんです。

 

頭皮のエイジングケアができるというシャンプーを使い、ビタミンのバランスを整える!
この二つのポイントをつかむことで、脱毛が少なくなりコシのある髪になっていきます。

 

髪は1日に100本くらい抜けるのが普通だと言われているけれど、今の私は、そんなに抜けていないような気がするの。

 

個人差はあるものの、髪が抜けやすい時は、体力が低下している時や疲れが溜まっている時。
この場合は、足りていないビタミンをとり、体力を戻すことから始めます。

 

icon-check01-red血液の流れを整えるビタミンE。
icon-check01-red髪の健康を守るヨウ素やビタミンA。
icon-check01-red髪の成長には鉄・ビオチン・葉酸。
icon-check01-red代謝を整えてくれるビタミンB群。
icon-check01-redストレスがあるのなら、プラスビタミンC。

 

健康な髪を生やすには

icon-menu12-r毛包や毛乳頭があること
icon-menu12-r栄養状態・血行がいいこと
icon-menu12-r自律神経やホルモン状態が良いこと

この3つが関わってきます。

 

髪は根元から伸びていくので、栄養分が多く血行も良ければ、毛根にも栄養が行き届き、新しい髪が作られるようになるんですね。

反対にストレスが多いと、自律神経が乱れ髪が抜けやすくなってしまいます。
栄養分が毛根に届かなくなり、新しい髪も作られなくなってしまう・・

 

このようなことを考えると、規則正しい生活や食事が、健康な髪を生やすポイントだというのがわかりますね。

健康な髪を生やすには、頭皮環境も大切です。

頭皮を清潔にしておかないと、皮脂で毛包が詰まり、髪に栄養を送る毛細血管の流れが悪くなり、髪が抜けやすくなってしまいます。

 

ビタミン・ミネラルを十分にとり、頭皮環境を整えるのが大切なんですね。

 

ビタミンE ごま・大豆・マーガリン・レバー・魚・牛乳など
ビタミンA うなぎ・レバー・卵黄・牛乳・チーズ・緑黄色野菜など
ビタミンC 野菜類・果実類・イモ類など
ビタミンB群 豚肉・鶏肉・わかめ・うなぎ・レバーなど
レバー・卵黄・パセリ・いわし丸干しなど
ビオチン レバー・卵・大豆・牛乳など
葉酸 エバー・うなぎ・枝豆・もろへいやなど