紫外線の肌ダメージ回復方法春夏秋冬、1年を通してふりそそぐ紫外線。

紫外線を浴びると、お肌にも体内にも大量の活性酸素が発生し、放っておくと体内は錆びつき、お肌はシミ・しわ・・

UVケアはもちろん大事ですが、体内ケアって気にしている人が少ないような気がします。

体内ケアを徹底することで、シミやしわは最小限に抑えることができるんです。

 

活性酸素がなければ、人は200歳まで生きることができる!・・・と聞いたことがあります。

 

活性酸素って言っても、目に見えるものではないし、ピンとこないかもしれないですね。
活性酸素は生きていくうえで必要なものだけど、過剰に増えてしまうと、体内の老化・肌の老化を加速させてしまう原因に。

 

 

紫外線を浴びると、嫌でも発生してしまう活性酸素。
この活性酸素の影響を最小限に抑えるには、抗酸化力があるビタミン類を摂り、体の中からリセット!

とまと2活性酸素を中和し、無害化してくれるビタミンで有名なのが、ビタミンC。
果物に多く含まれていますね。
その他にもβ-カロテンやリコピンなど、色の濃い野菜や果物が有効だと言われています。

 

紫外線は1年を通して降り注いでいますから、1年を通して口から取り入れることが必要。
毎日、たっぷりの野菜や果物。
体にはいいですけど、正直言って大変ですよね。

 

毎日、確実に、たっぷりの抗酸化ビタミンを摂るには、サプリメントがおすすめ。

中でも評判がよく人気なのが、抗酸化力が高い、天然の果実をぎゅっと絞っただけのサジージュース。
サジーは、200種類以上のビタミン・ミネラル・アミノ酸・ポリフェノールなどを含んでいる魔法の果実。
カラダにおいしい抗酸化食品として、研究者の間でも話題になっているジュースなんです。

 

多彩な抗酸化成分を一度に補給できる貴重な存在だと言われているんです。
抗酸化成分は、お互いに助け合って作用するので、単独でとるより複数を組み合わせてとる方が断然有利!

 

サジーに豊富に含まれているビタミンCは、体内でコラーゲンを作るときにも役立ちます。
また、血行を整えると言われるビタミンEは、お肌のターンオーバーを活性化したり、血色を整えてくれたりもします。
更に、ベータカロテンが豊富なことから、ビタミンAもとることができ、これもお肌のターンオーバーに役立ちます。

 

ビタミンACEの抗酸化パワーが、紫外線の影響を最小限に抑え、体内の若々しさも保ってくれるんですね。

 

これだけではなく、200種類以上の栄養素の相乗効果で、体の中からシミを作らせない!しわを作らせない環境を整えることができます。

 

紫外線の肌ダメージを回復させたい!って思うと、外からのケアばかりしがちだけど、体内からのケアもすることで、いい意味でのエイジングケアができるんですね。

 

紫外線を浴びた後の体内ケアに抗酸化作用があるサジー
★⇒サジー私の口コミはこちらです

 

追記

 

プラセンタを摂り始めました。
プラセンタはサジーと同じように、ビタミンやミネラル・アミノ酸などなど栄養素が多く、そして動物由来ということから成長因子も多く含まれています。
美白と言えばプラセンタ!と言われることもあるようです。

 

サジーとプラセンタ。
両方とってもいいですが、どっちか一つというときは・・・

 

植物性がいいのならサジー。

年齢的に更年期も気になる・・と言う人は動物性プラセンタがいいと思いますヨ。