悪酔い・二日酔いにならない方法

 

適量のアルコールなら健康にもよいと言われますが、ついつい深酒・・・
悪酔いしたり、二日酔いに苦しむ場合もありますよね。
特に夏場ともなると、暑気払いと名をつけ、ビールを飲む機会も増えがち。

 

悪酔いや二日酔いで苦しまないために、有効な食べ物・ビタミン類をご紹介します。

 

そもそも、どうして二日酔いになるの?って話。

 

アルコールは、肝臓に運ばれ、アセトアルデヒドになった後に分解されます。
分解能力には限度があり、限度を超えると二日酔いになる、というわけです。
この限度量は人それぞれで、お酒に強い人、弱い人の違いでもあるし、肝機能が低下している時は、大量に飲まなくても二日酔いになりやすくなります。

 

アルコールを大量に飲むと、肝臓で処理しきれず、脂肪が肝臓に蓄積されていきます。
この状態が続くと、脂肪肝。
悪化すると肝硬変に。

 

アルコールを飲むときに気を付けたいのが、ビタミンB1不足。

 

アルコール代謝にはB1が使われるため、慢性的にB1不足が続いている人は要注意。
脳の神経に障害がでる場合もあります。

 

アルコールを大量に飲むと、それに比例してアセトアルデヒドも増え、これが頭痛や嘔吐の原因になります。
このアセトアルデヒドの分解を早めてくれるのがビタミンB群とビタミンC。

 

深酒しそうなときは、飲む前にビタミンB群とビタミンCを多めにとっておくといいですね。

 

二日酔いになってしまった時には、水分をたっぷり補給します。
タンニンを多く含むお茶がおすすめ。不快な症状を和らげてくれます。

 

悪酔い・二日酔いを予防するビタミンと作用

 

ビタミンB群の中でも、ビタミンB1・B2・B12・ナイアシンを多めにとるといいと言われています。

ビタミンB1 アルコール代謝・糖分の代謝
ビタミンB2 脂肪の代謝
ビタミンB12 脳神経の興奮を抑える
ナイアシン アセトアルデヒドの分解をサポート
ビタミンC アセトアルデヒドの分解をサポート
コリン 脂肪肝予防にいいと言われる

 

 

悪酔い・二日酔いを予防するビタミンを多く含む食べ物

 

ビタミンB1 豚肉・たらこ・うなぎ・レバー・種実類・のり・わかめなど
ビタミンB2 すじこ・納豆・うなぎ・卵黄・レバー・わかめ・抹茶など
ビタミンB12 肉類・魚類・牛乳・チーズ・卵など
ナイアシン 豚肉・鶏肉・牛肉・魚類・落花生など
ビタミンC 果実類・野菜類・イモ類・抹茶など
コリン ナッツなど種実類

 

 

二日酔いにはプラセンタが効く

プラセンタ効果

 

上記のビタミン以外にも、二日酔い防止・解消に役に立つとされているのがアミノ酸。
アミノ酸をとると、肝機能を高めアルコール代謝を早めてくれるといいます。
飲みたい、でもすっきり目覚めたい!そんなわがままに応えてくれるのがアミノ酸なんですね。

 

アミノ酸に関しては、被験者を使った色々なデータがあります。

 

飲酒後、アミノ酸摂取群・非摂取群とくらべたデータがあるんですが
アルコール濃度・口臭共に摂取群が低下していた!という結果がありました。
口臭緩和にも役に立つのはうれしいですよね。

 

アミノ酸は、アルコールを飲む前にとると、二日酔い防止になり
二日酔いの時にとると、肝臓に充分な栄養が運ばれ、二日酔いを和らげてくれる栄養素なんですヨ。

 

もちろんアミノ酸でとってもいいですが、プラセンタにも豊富なアミノ酸が含まれているって知ってます?
プラセンタには、アミノ酸を始め、数えきれないほどの栄養素があり、その作用も数えきれないほどあります。

 

●⇒プラセンタの効能・美容効果と成分表

 

プラセンタ作用の一つに、肝機能を整えることがあります。
それはやはり、豊富なアミノ酸量によるものが大きいんですね。

 

プラセンタは、継続することで、免疫力を高め、健康にも美容にもいいとされているサプリメント。
肝機能が高まり、二日酔いにもいいなんて、意外じゃないですか?
アルコールを飲む時だけではなく、毎日とることで、健康にも役立つのがプラセンタ。
ワタクシは毎日飲んでいます。

 

●⇒おすすめのプラセンタサプリメントまとめはコチラ