消えないしわ

 

1本あると5歳は老けて見えてしまうしわ。
しわが目立つ年齢になると
一緒にお肌もたるんでくるのが一般的。
老化現象だって言えばそれまでだけど
しわの原因もたるみの原因も
実はコラーゲンとかエラスチンが減ってしまうことによってできてしまうもの。

 

肌老化の原因は
紫外線による光老化と体の中からの老化。
この2つが原因なので
体の外からと中からのケアが必要になります。

 

しわは、加齢だけでなく、紫外線の影響も大きくて
若いころの不摂生のツケもでてくるわけだから
40代50代は
しっかり日焼け止めをしていた人としていなかった人との差が
大きくでてくる時期でもあるのです。

 

しわを気にするあまり、笑うことさえも躊躇してしまいがち。
浅いからまだ大丈夫!とか思っているうちに
いつしか筋肉まで溝が及び、深いしわになって取り返しがつかなくなることも。

 

では
老け顔の原因、しわって消すことはきるの?

 

しわは、肌乾燥から始まることが多いのです。
空気が乾くと一番影響を受けて乾燥するのは、肌の角質層。
そうなると、お肌の奥深い所に「乾燥してるよ~」というサインが届いて
角質層のダメージを何とかしなければ・・・
と、勝手に細胞を作り出すことがあります。
細胞ができるのはうれしいことだけど
正常なサイクルでできてるわけではないけら、言ってみれば未熟な細胞。
未熟な細胞が増えて
ターンオーバーがやたらに早くなったりするし
当然バリア機能も未熟な状態だったりするわけです。

 

ここで出来上がるのが乾燥スパイラル!
角質層の潤い不足は、乾燥スパイラルの原因になって、水分は不足しっぱなし。
結果、ハリも弾力もないお肌になってしまうという恐ろしい結果に!

 

また、お肌は
乾燥を感じると、肌表面を守るために
過剰に皮脂を分泌して守ろうともします。
水分は足りていないのに
皮脂ばかりが多くて、バランスが保たれず
その結果、化粧崩れもしやすくなってしまいます。

 

油断しがちなのは、冬より夏!
冬は空気そのものが乾燥してるから気をつけるけど
夏って湿気もあるし汗もかくし油断する季節。
女の老け顔は夏にできることが多く
このツケは秋風とともにやってきたりするのです。

 

40代50代と、年齢を重ねた肌に乾燥は敵以外の何物でもない!
角質層を常に潤わせること。
これが艶肌美肌の第一歩。
しわもたるみも原因は同じだけど、できるパーツが違うのは気付いていると思う。
脂肪が多い頬はたるみとなり、脂肪が少ないパーツはしわとなってでてくるわけです。

 

脂肪は、真皮にあるコラーゲンとかエラスチンが支えているので
真皮内部が衰えるとたるんでくるのは当たり前。
特に女性はホルモンの影響を受けやすいので
40代になると見た目にはっきりでてくる傾向が。

 

外からのケアでは
化粧水や美容液で潤いを溜め込む。
シートマスクなどもいいと思います。
塗るだけではなく、1つ1つのアイテムをじっくりと
丁寧に入れ込んで。
最後に、クリームや美容オイルで油分を補うのがおすすめ。
なかなか浸透しない・・・
という時は、お肌のデトックスが必要かも知れません。

 

●⇒化粧水が浸透しない!化粧水をすいすい浸透させる方法

 

そして、季節を問わず日焼け止めは忘れずに。
10000円の化粧品より
1000円の日焼け止めクリーム!
これ大事です。

 

外からのケアだけでは間に合わない、と感じたら
体の中に目を向けてみましょう。
実は、外からのケア以上に、中からのケアが大事。

 

失ったものをプラスするのはなかなか大変だけど
継続することでスローエイジングは可能だし
今より若返ることだって可能だと思います。

 

体の中から若返るビタミン・食べ物

ビタミンC

 

しわにいい成分は
ビタミンC・ビタミンB・ポリフェノールなど、一般的に抗酸化成分と言われているもの。
抗酸化成分をとると、それは
体の中からしわを予防することにも
肌構成成分を生み出すことにもつながります。
まずは、インナービューティ-。
体の中の元気はしわ・たるみ撲滅の第一歩なのです。

 

どんなものがいいのかあげましたので、参考にしてくださいね。
お肌のかさつきにいいビタミンAは動物性のものしかなく
とりすぎるとカロリーオーバーになりがちなので
体内で必要な分だけビタミンAに変換される、Bカロテンでとるのもいいかと思います。

 

 ビタミン  多く含む食べ物
ビタミンB1 種実類・豆類・麦・玄米・のり・わかめ・しいたけなど
ビタミンB2 レバー・卵黄・のり・わかめ・しいたけ・抹茶など
ビタミンB6 肉・魚・レバー・とうもろこし・卵・豆腐など
ビタミンE ごま・大豆・魚・牛乳・野菜・果物・マヨネーズ・レバーなど
ビタミンC 果実類・野菜類・イモ類・抹茶など
ビタミンA(Bカロテン) うなぎ・レバー・卵黄・バター・魚油など(動物性)
緑黄色野菜・のり・わかめなど(体内でビタミンAに変換されるBカロテン)
ポリフェノール 緑茶(カテキン)・大豆製品(イソフラボン)・そば(ルチン)・赤ワイン・かんきつ類の皮

 

上記のビタミンは、しわだけでなく
シミやくすみにもいいとされているものなので、美肌のためにも毎日とり入れたいですね。
継続することが大切ですよ。

 

食生活で満足にとれない場合は、プラセンタもおすすめ。
抗酸化力が高く、体の中の細胞を活性化してくれるので、私も飲んでいます。

 

●⇒しわに良いおすすめのプラセンタはこちら

●⇒しわに良いおすすめのプラセンタドリンクはこちら

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。