酒列磯前神社

 

こんにちは。こむ春です。

 

昨日は、茨城県ひたちなか市の
酒列磯前(さかつらいそさき)神社を参拝させていただきました。
この鳥居の右側に道があって
そこを進んでいくと駐車場があります。

 

酒列磯前神社駐車場

 

この奥にも駐車場がありますよ。
ゆったりとした駐車場です。

 

阿字ヶ浦海水浴場にほど近く
海側の鳥居からは、海が臨めます。

 

酒列磯前神社鳥居

 

徒歩で、海側から参拝に訪れる人も多いのでしょうね。

 

●主祭神
少彦名命(すくなひこなのみこと) 通称 えびすさま

 

●配祀神
大名持命(おおなもちのみこと) 通称 だいこくさま

 

●ご神徳
病気平癒、健康長寿、家内安全、商売繁盛、漁業、知徳剛健の神

 

少彦名命(すくなひこなのみこと)は医薬の祖神で醸造の神。
特に百薬の長である酒の神として崇敬を集めています。
また、学問の神「菅原道真公」も祭られています。

 

●宝くじ当選

 

幸運のかめさん

 

酒列磯前神社には「幸運の亀さん」がおり
拝殿で当選祈願をし
授与所で金運のお守りを受け
「幸運の亀さん」をなでると
ご利益があるのだそうです。

 

酒列磯前神社参道

 

一の鳥居をくぐると、とても長い参道が。
300mある参道の両脇には
椿を主とする大木が並び
境内全域が「茨城県指定天然記念物」になっています。

 

参道を歩く時は、ただ歩くよりも
左足から大地のエネルギーを受け取るイメージで歩くといいですよ。
左足からエネルギーを受け取って
おへその下にある丹田を通り
右足に抜けて、大地へ返すイメージです。

 

是与里みたらし道

 

二の鳥居の手前にあるのが「是与里みたらし道」。
酒列磯前神社参拝にあたり
心身を清める「御手洗」(みたらし)の位置を示す石碑です。

 

手水舎

 

手水舎で手と口の気を清めて

 

酒列磯前神社鳥居

 

一礼して
二の鳥居をくぐらせていただきました。

 

酒列磯前神社拝殿

 

参拝させていただけたことに感謝。
幸せに暮らせていることにも感謝。

 

酒列磯前神社本殿

 

酒列磯前神社本殿。

 

酒列鎮霊社

 

拝殿の左奥に回ると
そこにあるのは「酒列鎮霊社」。
日露戦争~大東亜戦争にかけて
尊い命を御国に捧げた人々の霊が祀られています。
お陰様で幸せに暮らせていることに感謝しました。

 

酒列磯前神社神輿

 

御神輿が保存されています。
この中に御霊を入れて担ぐのですね。
ガラス張りになっているのでよく見えますね。

 

酒列磯前神社神馬

 

神馬(しんめ)。
神様が乗ってくると言われている白馬です。

 

酒列磯前神社碇

 

「御碇」
古い碇がありました。
漁師町ならではですね。

 

酒列磯前神社境内社

 

酒列磯前神社境内社。

酒列磯前神社車祓い所

 

酒列磯前神社車祓所。

 

参拝を済ませて、日陰でコーヒーを飲みながらゆっくりしていると
とても心地よい風が吹き抜けていきます。
そして
酒列磯前神社には御神木がないことに気が付きました。
しめ縄が張ってある樹木がないのです。

 

酒列磯前神社御神木

 

ふと目に留まったのが、社務所脇にある立派な大木。
いつものように木肌に手のひらをかざしてみたのですが
とても強いエネルギーを感じました。

 

今までの経験だと
手のひらがほわ~っと温かくなる程度なのですが
この大木からのエネルギーは熱い!
いきなり手のひらが熱くなるのですよ。

 

左の手のひらでエネルギーを感じたのですが
あまりに強いので
慌てて右手に流して大木へ返しました。
どこの神社でも同じことをしているので
もしかしたら
ワタクシがエネルギーを感じやすくなっているのかもですが。

 

昨日は出かける時に雨が降ってきたのですが
途中でやんで
気持ちのいい環境の中で参拝できました。
気温も丁度良く過ごしやすい曇り空に
やっぱりワタクシってツイテル!

 

どうしたって操ることができないお天気だけど
こういう「運」っていうのは
自然の流れの中で導かれるものなのですね。

 

酒列磯前神社御朱印

 

御朱印は、書いてあるものをいただけます。
日にちが入ってないーー
一筆、加えてほしかったな・・・

 

●⇒酒列磯前神社ホームページはこちらです

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。

 

<アマゾン公開中>
嫌ってくれてありがとういい人を辞めたら幸運が舞い込んだ
嫌ってくれてありがとう いい人を辞めたら幸運が舞い込んだ

 

40代50代の艶肌ファンデーション
40代50代の艶肌ファンデーション