執着を手放す

 

あれをしたい
これをしたい
あれが欲しい
これも欲しい

 

ないものを欲しがって
執着をすることってあると思います。
手に入らないものほど欲しくなる。
人間だもの
あったとしても不思議じゃあないですよね。

 

ワタクシにも最近あったのですが
でもね
その執着を手放したら
あっと言う間に手に入ったのです。

 

アマゾンで本を出版したのですが・・・

 

嫌ってくれてありがとういい人を辞めたら幸運が舞い込んだ

嫌ってくれてありがとう いい人を辞めたら幸運が舞い込んだ

 

ふんだりけったりだったのですよ。
去年から準備をしていて
今年の1月から、出版代行社を探していたのです。

 

電子書籍だけだったら
個人でも出版できるのですが
POD(オンデマンドパーパーバック)も出版したかったのです。
紙の本です。
紙の本の場合は、出版社を通さないと・・・
っていうのがあって
そのため、出版代行社を探していたのです。

 

1件目の出版代行社に問い合わせするも
電子書籍のみしか扱っていません。
ってことで撃沈・・・

 

2件目の出版代行社に問い合わせ。
すんなり受け付けてくださったのですが
問題発生!

 

「2~3週間で出来上がります」
ってことだったのに
1か月たっても連絡なし。
問い合わせをすると
「今週中にはできます」とのこと。
しかし!
連絡のないまま2か月が経過ーー
信用できないのでキャンセルしました。

 

3件目の出版代行社に問い合わせ。
出版予定の本の内容を送ったら
その後、連絡が途絶えた・・・

 

もう3月も終わりだよーー
どうなってんだよーー
ふと思いだしたのは
通りすがりに読んだブログに書いてあったこと。

 

「出版社はだらしがない」
そのブログによると
担当者が、何の連絡もなしに旅行へ行ってしまって
請求書が放置されたままになっていたんだとか。
入金されないままの状態が続いたってことで
キレてました。

 

もちろん、出版社の方すべてがそういう人ばかりではないでしょう。
しかし
「〇〇出版社」という看板を
1人1人が背負っているわけで。
たった1人の勝手な行動が
全体的な出版社の評価になってしまうのですね。

 

それを思い出したら、はあ~・・・
ため息ができていて
これも運命。
出会いも運命。
出版をあきらめろ、ということなのかな・・・
よくわからなくなってきて
すべてを手放したのです。

 

もう、どうにでもなれーー!
すべてを天に丸投げ~
やることはやった。
あとは、神様にお任せ~

 

そうして1週間ほどしたら
最初に問い合わせをした出版代行社からメールが届きました。
「PODも始めました」
WAO!
執着を手放したら、向こうからやってきたのですよ。

 

しかし、出版代行社に対し不安があったのは確か。
なので、最初に色々な疑問点をメールのやりとりで解決し
それからお願いすることにしました。
今思えば、かなり慎重になっていたと思います。
しかし、この出版代行社はとてもしっかりしていて信用できたのです。

 

送ったメールにはすぐに返信が。
経験から言うと
ビジネスメールでも、返信は早くて翌日
っていうのが多かったのですが
1日に何回もやりとりができました。

 

これはこれで、また、不安があるものですが。
「暇なのか?」とかね (;^_^A
人間ってのは、ホント、わがままで
勝手に判断をするものですね。
自分で自分のことをそう思っちゃいます。

 

手放すと手に入る!
っていうのは、本当にあることなのですね。
しかしこれは
それまでに、自分がどれだけ努力をして
その道を開こうとしたのか
その努力に比例するものだと感じました。

 

欲しくても
やりたくても
思っているだけで何も行動を起こさなければ
誰にも気づいてもらえないし
だから出会いもない。
どれだけ本気になったか。

 

また
人様を妬むという
そういう感情を持たなかったことも良かったのかなと。

 

アマゾンを覗いてみれば、多くの人達が
ワタクシの望むものを持っていることに気づきます。
しかしワタクシは
その人たちを妬むことをしませんでした。
目標として、同じところを目指していただけだったのです。

 

やるときは全力で取り組む。
その結果、うまくいかないと感じたときは
天に丸投げ。
その結果は、いずれ目に見える形で
何かを教えてくれるかと思います。
人生に、無駄なことは1つもないのですね。

 

嫌ってくれてありがとういい人を辞めたら幸運が舞い込んだ

嫌ってくれてありがとう いい人を辞めたら幸運が舞い込んだ

 

 

水戸ジェラート

 

大洗パークホテルのラウンジで見つけたアイスクリーム
水戸じぇらあと。
地元のアイスクリームがあるなんて知らなかったーー

●⇒JA水戸特産加工品ホームページはこちら

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。