0-13

 

人は、疲れがたまっていたりすると
とにかく元気になりたい!疲れない体になりたい!と思うもの。

 

ワタクシにも経験があって、それは30代の頃。
ちょっと横になろう・・・気付けば3時間爆睡してた (;^_^A
そして、夜は夜で爆睡・・・ザラにありました。
月に1回は貧血でぶっ倒れ、連休になると熱を出して寝込む。

 

そんな時、色々なサプリメントを試し、不健康な状態を救ってくれたのがプラセンタ。
プラセンタでパワーと元気を取り戻した時、出てきた欲が、艶肌に!きれいな肌になりたい!
そして、艶肌もきれいな肌もプラセンタで手に入れることができたんです。

 

プラセンタは、飲む人の必要なところから効いていくもの。
ワタクシの場合、生命を維持するため、まず不健康な部分が変わっていきました。
そして、体が元気になったら、今度はお肌が変わってきたんです。

 

1日の摂取目安量はメーカーによって違い、1粒のプラセンタ含有量も違ってきます。
1粒単位のものは、体調に合わせて増減しやすいのがポイントで
プラセンタ配合量が高いものが多く、そして手が出しやすい価格になっています。
より多くプラセンタをとりたい時は、1粒当たりの原末量で換算するとわかりやすいかと思います。

 

 

ステラマリア 豚プラセンタ

プラセンタステラ

 

 原料 SPF豚
 プラセンタ配合量 1日1カプセル10000mg(原末200mg)
 1か月価格 1袋30粒入り 初回500円
通常2800円
抽出法 遠赤外線製法(非分解製法)
 その他 返金保証あり。
購入するとポイントが付いて、ポイントを使って安く購入できる 。
スキンケア大学掲載

コラーゲンより安いのにコラーゲンを超える効果が!1カプセルで10000mgは業界最高濃度!一番長く定期購入しています。
鮮度重視でのフレッシュプラセンタ100%。本当のプラセンタ効果を実感できます。
独自製法で、馬プラセンタをしのぐアミノ酸量が。
●⇒ワタクシの口コミ
●⇒ステラマリアプラセンタ

 

 

エイジングリペア 馬プラセンタ

エイジングリペア

原料 キルギス・アルゼンチン・ニュージーランド産馬
プラセンタ配合量 1日1袋4粒180mg(1粒45mg)
馬プラセンタを含む5大成分と20種の美容成分が900mg
1か月価格 初回4500円。以降8800円
抽出法 酵素分解・高圧加水分解抽出
その他 返金保証あり。無香料・無着色・保存料無添加。スキンケア大学掲載

 

馬プラセンタならこれ!プラセンタを支えるコラーゲンやヒアルロン酸などをバランスよく摂取することで、細胞レベルで浸透させる!保湿感やハリ感・体の疲れにくさなど、ビタミン剤だけでは得られない変化が実感できちゃうのがありがたい。
●⇒ワタクシの口コミ
●⇒馬プラセンタのエイジングリペア

 

 

 ヴィーナスプラセンタEX 豚プラセンタ

ヴィーナスプラセンタ

 

原料
プラセンタ配合量 1日4粒21600mg(原末540mg)(1粒原末135mg)
ツバメの巣・ローヤルゼリー・プロテオグリカン・高麗人参・コラーゲン配合
1か月価格 初回1000円。以降5684円
抽出法 酵素抽出法
その他 FHFA認定。衛生面・表示内容に審査を受けている

JHFA基準をクリアした数少ないプラセンタ。酵素抽出法を使っていて高品質。今までにない目覚めの良さとすっきり感・頬のハリなど、3日目でその良さを実感しました。3年連続モンドセレクションを受賞しています。
●⇒ワタクシの口コミ
●⇒ヴィーナスプラセンタEX

 

 

フラコラプラセンタつぶ

10000mgプラセンタ

 原料
 プラセンタ配合量 1日量3粒で10000mg(原末336mg)1粒原末112mg
セラミド・アスタキサンチン・ハトムギエキス等配合
 1か月価格  トライアル980円。定期3060円
抽出法 酵素分解法

 

1日3粒で10000mgのプラセンタがとれます。トライアルでお試しできます。
●⇒ワタクシの口コミ
●⇒WHITE’st プラセンタつぶ(お試しサイズ)

 

 

プラセンタ100CORE

プラセンタ100CORE口コミ

 原料
 プラセンタ配合量 1粒9000mg。(原末180mg)DHA・EPA・亜麻仁油配合
1か月価格 トライアル500円(30粒)
定期初回1980円。(100粒)
 抽出法 酵素抽出法
その他 低分子化で吸収率アップ・特許製法

 

1粒で9000mgもの低分子プラセンタがとれ、アミノ酸量も2倍に。
以前の赤箱プラセンタ100からグレードアップしました。小粒で飲みやすいです。

●⇒ワタクシの口コミ

●トライアル500円⇒プラセンタ100

●お得な定期で始める⇒100粒初回1980円!プラセンタ100

 

 

 フィネス豊潤サジー

豊潤サジー

 

原料 サジーという木の実
栄養素 200種以上
1か月価格 トライアル 10日分1000円
1か月3060円(3か月ごと定期)
その他 抗酸化力が高い。100%天然原料。

 

プラセンタは苦手!植物性がいい!って言う人はこれ!フィネス豊潤サジーも定期購入中。東日本大震災の1年位前から継続しています。抗酸化力の高さは、研究者も認めるところ。体の中からの老化ストップ!ワタクシの場合、貧血・口角炎にも良かったです(o^-‘)b グッ!
●⇒ワタクシの口コミ
●⇒フィネスの黄酸汁 豊潤サジー

 

 

自分に必要なサプリメントを見極める

 

キレイになるサプリメントって言ったら、コラーゲンとかヒアルロン酸とか、ローヤルゼリーなどをイメージする人も多いと思います。
今までサプリメントを何も飲んでいなかった人でしたら
コラーゲンでもヒアルロン酸でもローヤルゼリーでも、何かしら実感する部分はあると思います。

 

何がいいか迷った時は、自分はどうなりたいのか?をイメージすると、セレクトしやすくなります。

毎日のぐったりから解放されたい
乾燥肌が潤うようにしたい
ごわついた髪をさらさらにしたい・・・

 

など、具体的に考えてみましょう。

 

例えば、コラーゲン。
コラーゲンは、分解されてアミノ酸になるので、アミノ酸効果が得られ、皮膚・爪・髪などに違いがでやすいサプリメントになります。
人気の酵素も、体内で分解されて最終的にはアミノ酸になるので、体組織やお肌の構成成分となります。

 

プラセンタもアミノ酸です。
しかし、注目すべきはアミノ酸以外の成分なんですよ。

 

アミノ酸やビタミン・ミネラル・成長因子・インターロイキン・酵素・・・
どのサプリメントと比較しても栄養価が高く
継続することで、体の中から免疫力を高め、抗酸化力を高め、そうして健康になっていくこと。
健康になると、自然とお肌もキレイになっていくことを知ったから。

 

プラセンタは、健康にも美容にも効く!

 

免疫力が付いて風邪をひきにくくなる人もいるでしょうし
顔色が良くなったと感じる人もいるでしょう。
冷えにくくなったと感じる人もいるでしょうし
お肌の潤いや艶を感じる人もいるでしょう。
飲む人により、どこから変わっていくかには違いがあると思いますが、自分の体験から、今は手放せないサプリメントになっています。

 

プラセンタは、大体1週間飲めば、体に合うかどうかはわかると思います。
が!
本当の良さは、継続してみないと実感しにくいこともあります。
一週間で実感できた!よかった!
って言う人もいれば、1か月で実感できた♫
って言う人もいます。
年齢を重ねるほど時間はかかる傾向が。

 

細胞の生まれ変わりをみてみると
icon-check01-red肌細胞・・・約28日
icon-check01-red胃腸細胞・・・約5日
icon-check01-red骨・・・約3か月

 

サプリメントは、毎日続けることで、ゆっくりと効果があらわれてくるもの。
どれくらいの期間飲めばいいのかっていう疑問もでてきますが、細胞の生まれ変わりには、それぞれ時間がかかることを考えれば、最低2~3か月は継続したいところ。

 

そういった理由もあり、ワタクシは、定期購入してじっくりと確かめ、その上で良かったものをピックアップしています。
ワタクシがプラセンタサプリメントを摂り始まったのは、プラセンタ注射での副作用があったから。

 

●詳細記事⇒それでも危険をおかしますか?プラセンタ注射!私は副作用でやめました

 

 

プラセンタはいつ飲むのが効果的?

 

おすすめの飲む時間帯は寝る前。
体もお肌も眠っている間に修復されたり、生まれたりします。
プラセンタが持つ成長因子は、新陳代謝をも活発にするので、修復や生まれ変わりを後押ししてくれますので、寝る前がおすすめ。

 

サプリメントの場合、食後に飲むことを勧めているものもありますケド、食後にプラセンタを飲むと、胃酸で成分も一緒に消化されてしまいます。
成分が消化されてしまうと、その良さを実感しにくくなってしまうことも。
つまり、狙い目は寝る前。
プラセンタは、約30分で吸収されるようです。(スキンケア大学より)

 

また、飲む時期なんですが、生理前は避け、生理が終わって10日~14日間の間がおすすめ。
生理前は、何かと溜めこみやすい時期で、体調が不安定になりやすい時期ですよね。
人によってはニキビもできたりします。
生理後は、デトックスされた後で、体調もお肌の調子がとても良くなる時期なんです。
この時期に飲み始まると、美肌効果が高まりやすくなります。

 

 

プラセンタサプリメントの正しい選び方

プラセンタを選ぶ時のポイントは3つ。

① 原料の安全性
② プラセンタエキス抽出法
③ プラセンタ配合量

 

原料の安全性

 

プラセンタの原料は、馬や豚。
それらを加工したものを口にするわけですから、安全性が確立されているかどうかっていうのは、大きなチェクポイントになります。

 

例えば、トレーサビリティ(生産者証明制度)というのがあります。
誰が育てたのか、エサはどんなものを食べて育ったのか、抗生剤の有無などがわかるシステムのことです。

 

今時は、野菜にも、作った人の名前が書いてありますよね。写真が載ってることもあり、これを見て、消費者は安心して買うことができるわけです。
プラセンタも、こういった意味で安全性が確立されていることや、当然ですが、きちんと殺菌されているかどうかは、チェックですネ。

 

国産で言えばSPF豚やサラブレッド。海外では、デンマーク産やキルギス産が安全性が高くなっています。

 

プラセンタエキス抽出法

 

プラセンタは、高温で抽出すると簡単ですが、高温抽出法だとせっかくの成分が壊れてしまいますので、プラセンタを抽出する方法も選ぶ時のポイントです。
プラセンタ抽出法には、酵素抽出法・凍結酵素抽出法・遠赤外線低下温法などがあり、抽出法の難しさは、価格にも反映するようです。
凍結酵素抽出法は、難しい技術らしく、比較的高価なものが多いようです。

 

プラセンタ配合量

 

プラセンタ配合量で気を付けたいのは、エキス換算ではなく、原末換算量!

 

例えば、10000mgのプラセンタがあったとします。
そのまま10000mgと記載してあるプラセンタもあれば、5倍に濃縮して200mgと記載しているものもあります。
その辺は、良心的なメーカーならば記載があると思います。

 

一方、エキス!としか記載がないプラセンタは疑問を抱いた方が無難。
例えば、200ccのお水に、プラセンタを1g入れても、100g入れても、同じプラセンタエキスだから。

 

 馬プラセンタVS豚プラセンタ 効果があるのはどっち?

uma

 

一般的に比較されるのは、プラセンタのアミノ酸量です。
100g当たり、馬と豚を同じ状態で分析をしてみると、馬プラセンタのほうがやや多くなっていますが、大きな差はありません。(データ確認済み)

 

プラセンタ価格で比較した場合、価格は馬プラセンタのほうがかなりお高いですよね。
これは、希少価値が反映しているんだと思います。
豚は多産ですが、馬は豚ほど多産ではなく、とれるプラセンタ量に大きな違いがあります。
この辺が価格に反映しているわけですね。

 

私の場合の決め手は、アミノ酸量ではなく成長因子の質の良さ。
EGFとかFGF・IGFなど、成長因子が豊富なのがプラセンタの一番の特徴なんですよ。
これらの成長因子は、肌を構成したり、血や骨を構成したり、神経を構成したり・・・
つまり、体全体の細胞を生み出す要になるんです。
それには、プラセンタを壊さずに取り出す抽出法や濃度の高さは大事だと思っています。

 

プラセンタの良し悪しは、アミノ酸量で決めるものではなく、飲んだ人が決めるもの。

 

豚プラセンタのほうが安価なので、手が出しやすいというメリットがあります。
豚プラセンタで効果を感じなかったのに、馬プラセンタで効果を感じる人もいますし、その反対もあります。

 

薬にも先発薬品と後発薬品(ジェネリック)がありますが、薬でも同じようなことがあります。
先発では効かなかったのに、後発(ジェネリック)を使ったら効いた!
つまり、体に合うとか合ないとかは、人により違うということです。

 

サプリメントの場合、配合されているその他の栄養素が関係し、相乗効果が生み出されてくることもあります。
これは、2009年から、あらゆるプラセンタを定期購入してきたワタクシの意見ですが。

 

馬プラセンタVS豚プラセンタ。

 

どっちがいいのかっていうのは一概にいうことができないのが本当のところ。
飲んでみないとわからない部分が大きいです。

 

また、気を付けたいのが植物性プラセンタ。
植物には胎盤がありませんので、プラセンタと名前は付いていても全くの別ものです。
栄養分を摂る!という意味ではいいと思いますが、プラセンタと同じ効果が得られるとは言い切れませんので、ご注意を!

 

サプリメントVSドリンク 飲むならどっち?

 

吸収力で言えば、ドリンク > サプリメント

 

毎日じっくり飲んで変えていくのならサプリメント。
できるだけ早く!というのなら、吸収がいいドリンクがおすすめです。

 

サプリメントとドリンクの価格を比べると、ドリンクの方がお高め。
ドリンクそのものが含むプラセンタ量が多いからだとは思うんですが。

 

比較的安価なSPF豚プラセンタドリンクでも、10本で3800円でした。
プラセンタ量は1本に33000mg。サプリメントと比べても高濃度ですよね。
お値段的なものもありますが、ワタクシの場合は、毎日カプセルでプラセンタを摂り、ドリンクはたま~にのご褒美的なものとしています。

●⇒おすすめのプラセンタドリンクランキングはこちら

 

 

40代50代におすすめ 艶肌美肌 キレイになるサプリメント プラセンタ人気ランキング でした。