最低限揃えたい避難用具

 

東日本大震災から7年。
我が家では、震災前から
最低限の避難用具をリュックに詰め込んで
外の物置に準備しているんだけど
ここんとこ、点検もせずに放りっぱなし~

 

去年の今頃も
点検しよう・・・と思いつつ1年が過ぎた (;^_^A
点検したいのは
備品よりも食料品と水!
賞味期限が切れてたら意味がないしね。

 

今年は、3/11に点検をしましたよ~
東日本大震災の時は
電気も水も止まり
それでもガスが使えたこと
石油ストーブがあったのはありがたかったです。
ガス屋さんは、地元ってこともあり
すぐに見回りに歩いてくれたのです。

 

備蓄していた水は使い切ってしまい
近くの酒造会社が、地下水を分けてくださったのも
とてもありがたかったです。

 

我が家には井戸水もあるんだけど
モーターでくみ上げるもんだから
電気がなくちゃ使えないーー
その後、市役所から災害時の井戸に指定されて
「発電機持ってきますから使わせてください」
ってなことになってます。

 

物置から避難用具を引っ張りだしたら
いつの間にかこんな量に。
全部引っ張り出して
最低限必要なものだけにしました。

 

避難用具

 

・懐中電灯
・電池(ボックス入り)
・メモ帳・ボールペン
・缶切り 3個
・針と糸
・マッチ
・ライター
・携帯灰皿
・カッター
・はさみ
・ナイフ

 

なんで缶切りを3個も入れたんだか・・・ (;^_^A
これは1個にして
メモ帳も1個にしました。

 

避難用具

 

・軍手
・粉せっけん
・マスク
・傷ばんそうこう
・包帯
・ティッシュ
・透明ゴミ袋

 

避難用具

 

・タオル 3枚
・パンツ6枚
・生理用品
・靴下10足

タオルを1枚減らして、靴下も減らしました。

 

避難用具食料品

 

食料品は、塩以外は全部処分。
賞味期限が切れていたので
新しいものに入れ替えます。
以前は、カップラーメンとか乾パンも入れていたんだけどね。
乾パンはおいしくないので辞めました。

 

カップラーメンや菓子類は
どうしても賞味期限が短いので
アルファ米や長期保存ができるものを
ネットでお取り寄せすることにしました。

 

塩と糖分が摂れるものは入れておきます。

 

避難用具

 

・マスク(箱)
・サランラップ
・ラジオ
・懐中電灯 2個
・紙皿 4種類
・割りばし・スプーン
・ろうそく
・紙コップ
・ジップロック

 

箱のマスク・懐中電灯1個を減らして
紙皿も半分に減らしました。

 

避難用具

 

減らしたら、2個のリュックに収まりましたよ~
あとは、水を2箱と
食料品をお取り寄せするだけです。

 

食料品は、アルファ米を注文しました。
注文して翌日に到着ーー早いです。

 

アルファ米非常食

 

お湯でも水でも調理できるアルファ米は
全部で12種類。

・松茸ごはん
・チキンライス
・えびピラフ
・ドライカレー
・田舎ご飯
・五目御飯
・山菜おこわ
・赤飯
・白飯
・梅がゆ
・白がゆ
・わかめご飯

アルファ米非常食

 

賞味期限は2023年まで。
今、2018年なので
5年間保存できます。

 

チューブチョコ

 

糖分補給のために
チューブチョコもお取り寄せ~
そのまま食べてもいいし
クッキーに塗ってもいいし
お湯を注いで飲むこともできます。

 

チューブチョコの賞味期限は
3年です。

 

【送料無料】尾西食品 5年保存の非常食アルファ米12種類全部セット

 

長期保存チューブ入りチョコ 80g 1本

 

何から何まで揃えるのが大変~って人は
防災セットがいいかもですね。

 

防災セットB

 

こういった避難用具は、安心材料です。
震災が不安だから備えておく
という意識よりも
「あるから安心」という安心材料として
意識をするのがいいかと思いますヨ。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。