結界ブレスレット

 

パワーストーンを使ったパワーブレスレット。
石に願いを込めて身に着けている人も多いかと思います。
ワタクシもいくつか持っていて
数年前まではパワーブレスを楽しんでいました。

 

パワーブレスレットは
願いを叶えるためのブレスレット。
そういう意味合いに捉えている人も多いかと思うのですが
結界ブレスレットでもあるのかな~
と思うのです。

 

石や木には
神の魂が宿りやすいと言われています。
神社に御神木や祭られた岩などがあるのは
見たことがあるかと思います。

 

石に願いを込める
という意味では、ある意味
携帯する神社なのかな
という気もするのですが。

 

「パワー」には
パワーを与えるものと
パワーを封じ込めるもの
パワーを奪ってしまうものがあります。

 

以前、「世界の果てまでイッテQ」で
イモトさんが、ハワイでパワーブレスレットを作っているところを
放映していました。
作ってくれる女性には、何か特別な力があるらしく
「健康」をベースに
イモトさんだけのパワーブレスレットを作ってくれたのですが
それを見に着けたイモトさんは
「温かい」と言っていました。
こういうパワーブレスレットは
本当の意味で、前向きのパワーを与えてくれるのだと思います。

 

一方で
スタッフ男性を見たその女性は
「あなたには必要ないわね」
のようなことを言っていました。
そういうことを考えると
やはりパワーストーンを使ったブレスレットには
意味があるのでしょう。

 

反対に、パワーを奪ってしまうものは
手に取った時に、嫌~な感じがするもの。
物にも波長があるので
物が発する波長と自分の波長が合わないと
なんだかな~
もやもやするな~
のような感じがあるかと思います。

 

神社に「禁足地」があるところもありますが
読んで字のごとく
「足を踏み入れてはいけない場所」です。
「禁足地」は、しめ縄で囲われ
よろしくないものがそこから出てこれないように封印されています。
しめ縄が結界なのですね。

 

わかりやすく言えば
魔物を封印している、ということです。

 

パワーストーンは
石によってそれぞれ意味があります。
わかりやすい所で言えば
金運アップにタイガーアイとか
恋愛成就にローズクオーツとか
中には
「魔除けのお守り」を意味する石や
「不運から身を守る」というような石もあります。

 

しかし、科学的な照明はされていません。
以前、ワタクシのパワーブレスレットを見た
とあるドクターに
「医者は、データがあるものしか信用しないように
訓練されているんだよ」
と言われたことがありました。

 

目には見えない精神世界のことなので
医者には理解できない部分があるのでしょう。

 

精神世界ゆえ
身に着けることで気分が良いのならば
それがその人にとっての正解なのだと思います。

 

パワーブレスレットは
自ら結界を張って
外から身を守るのと同時に
自分の内側に宿る魔物
妬みやひがみなどの負の魔物を
封印しているかな、とも思うのです。

 

パワーブレスレットをする
ということは
それに頼っている自分がいることを
意味するのだと思うのです。

 

しかし
人の中の魔物は
いつまでも住み着いているわけではありません。

 

自分の内なるものに
向かい合うことが出来た時
自分を知り
自分を愛することを知ると
人は、人様に貢献したくなり
幸せを感じるようになっていきます。
人間性が高まるにつれ
魔物はどんどん小さくなり
いずれは姿を消してしまうのですね。

 

パワーブレスレットは
いずれは卒業する日がくるのかな
と思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。