感謝の心

 

自分の人生は、毎日
自分が発した言葉で作られます。

 

お給料が安い!と
ついつい会社の悪口や社長の悪口を言ってしまう。
そういうことってありがちだし
ワタクシにもありました。

 

そして今思う事。
そういう言葉を使っている時って
「お陰様」の気持ちが抜け落ちていたんだなって。
(⇒お陰様で、ありがとうで優しくなれる あなたの人生は楽しいですか?

 

入社した時は
少なからず「ありがとう」という気持ちがあったのに
そんな感謝の気持ちをすっかり忘れてしまったのです。

 

お陰様で、働くことが出来ています。
お陰様で、食べていくことが出来ています。

 

お給料は、たくさんいただければ
それだけ心にも生活にもゆとりが生まれてきますから
たくさん欲しい、と思うことはあるかと思います。
しかし
悪口を言っているその会社や社長さんから
お給料を頂いて
その中で生かされている
ということなのですね。

 

人様の悪口を言う、と言うことは
会社や社長さんを
そのレベルだと判断しているわけで
その会社で働いている人もまた
同じレベルだと捉えることもできます。
なのにそれに気付いていない
というのは、ちょっと寂しい気もします。

 

そういう事に気づいた時
「お陰様」という言葉が浮かんできたのです。

 

悪口を言ってすっきりして
そうしたい日も当然あるものですが
その悪口を一番よく聞いているのが自分の耳。

 

脳は、「自分」と「他人」を区別することができません。
そのため
会社や人様への悪口は
自分への悪口だと捉えてしまうのです。

 

つまり
口にした悪口は
全部自分への悪口。
つまり、自分もそういう人だという事なのです。

 

人生は、そうそう思い通りにはいかないもの。
しかし
思い通りにならない、それがスパイスとして
面白味をプラスしてくれるのだとも思うのです。

 

面白くないことがあるから
面白いと感じる出来事を感じることができるわけだし
不幸だと思える事柄があるから
幸せを感じることもできるのですね。

 

お金は、元々自分のものではありません。
自分の前を通り過ぎていくだけです。
頂いたお給料をありがたく頂いて
ありがとうと感謝をしながら使い
流していくものだと思います。

 

怒らず、悪口を言わず、いらいらせず
肩の力を抜いて
大きな力に身を任せた時
心にゆとりが生まれてくるのを感じます。
そうすると、自然と
「ありがとう」という感謝の気持ちがわいてくるのだと感じます。

 

もやしとニラの炒め物

もやしとニラ、いり卵のオイスターソース炒めを作りましたよ~

 

味付けは
・オイスターソース 大さじ2
・しょう油 小さじ1
・すりおろししょうが 小さじ1
・すりおろしにんにく 小さじ1
ごま油で炒めています。

 

献立に悩んだらお試しくださいね~

 

毎日、空気が乾燥してますね~
肌も乾きがちです。
何を塗っても乾燥するよ~
っていう人は
体の中が乾燥しているからなのかも知れませんヨ。

●参考記事⇒冬肌を艶やかに保つ方法

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。

こむ春インスタグラム

ワタクシのインスタグラムはお花畑🌺
癒されたい方はどうぞ~
ググタスもやってますよ~
覗いてみてね。

 

こむはるインスタグラム komuharu4133

Google+オンGoogle+