若返りの言葉

 

「もう」「まだ」
たった2文字の言葉なのに
言葉が持つ意味は深いですね~

 

ワタクシは、今53歳ですが
もう53歳!
と捉えるのと
まだ53歳!
と捉えるのでは
その意味はまったく違ってきます。

 

「もう」っていう言葉は
どちらかと言えばネガティブなイメージ。

 

もう50歳
もう60歳
もうやりたくない
もうだめだ!
もうっ!やってらんないわよ!
もうっ!何やってんのよ!

 

って感じですよね。

 

もう50歳!
と捉えてしまう人は
60歳になったら、もう60歳だ~
70歳になったら、もう70歳だ~
っていうように考えてしまうかと思います。

 

「もう」っていうたった2文字の言葉は
口にすればするほど
そこで歩みを止めてしまうという
負の力があるように感じます。

 

一方「まだ」と言う言葉を使うと
まだ50歳
まだ60歳
まだまだイケル!
まだまだ大丈夫!
まだまだこれからだ!
のように、前向きなイメージになります。

 

普段、どちらの言葉を使う回数が多いでしょうか。
「もう」を使う回数が多い人は
物事を悲観的に考えやすい傾向にあり
「まだ」を使う回数が多い人は
物事を前向きに捉えやすい傾向が
あるのではないでしょうか。

 

例えば、タレントの「加藤茶」さん。
若い奥様を持つようになったら
どんどん若返っていますよね。
もちろん、奥様の健康への気遣いもあるのですが
それよりも、加藤茶さん自身の考え方が
強く影響しているのだと思います。
加藤茶さんの中には
「まだまだ」という想いが強くあるのでしょうね。

 

最近は、広告チラシを新聞の折り込みにしないで
ポスティングという形で
郵便ポストは投函されることも多くなってきています。

 

我が家にも、毎日のように投函されているのですが
実は、このポスティングをしているのは
恐らく75歳は過ぎているよね?
って思えるおばあちゃんなのです。
毎日のように、自転車を押して
時には乗って、ポスティングをしているのです。

 

最初は驚いたのですが
このおばあちゃんは
「まだ」「まだまだ」という気持ちが強いんだろうなと。

 

お金のため、と言うより
おばあちゃん自身の健康のため
健康寿命を延ばすためにやっているんだろうなと。
そのついでにお金を頂いて
もしかしたら、お孫ちゃんに
何かプレゼントをしたいのかも知れませんけどネ。

 

「まだ」という言葉を使う人は
「まだ若い」と前向きに捉えることができるので
精神的にも肉体的にも
いい方向へ作用していくのです。

 

たった2文字なのに
その言葉が持つ力は、全く正反対です。

 

毎日発する言葉が、自分の人生を変えていく。

 

言葉には、それだけの力があるのですね。
「もう」を使っている人は
今日から
「まだ」という言葉に変えてみることを
おすすめします。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。

 

こむ春インスタグラム

ワタクシのインスタグラムはお花畑🌺
癒されたい方はどうぞ~
ググタスもやってますよ~
覗いてみてね。

 

こむはるインスタグラム komuharu4133

Google+オンGoogle+

アメブロでも同じ記事を更新しています。
アメブロのほうが読みやすい
と言う方はご覧になってみてくださいませ。

●⇒そしてキレイになる