楽しく生きていくために働く

 

世界 なぜそんなところに日本人。
確か、こんなタイトルのTV番組だと思うけんだけど。
もしかしたら間違っているかもデス。

 

世界の僻地で
たった1人で頑張っている日本人を探して
「どうしてそんなところに?」
っていう生い立ちをリポートする。
ある意味、見ている視聴者に
「どんな環境にあってもやればできる」っていうことを伝えてくれる。
そういう趣旨の番組なんだけどね。

 

そういう人の話を聞くと
それぞれが訳ありの人生を抱えていて
その人にとり人生のどん底ともいえる状態を経験し
それでも頑張って生きている!

 

知り合いが1人もいない所へ飛び込んで
たった1人で事業を起こしている人もいるし
地域のために貢献している人もいるのです。

 

もちろん、俺だって、私だって
辛い経験もあるし
どん底だって経験している
という人も多いと思います。
人それぞれ、大なり小なりの危機を乗り越え
だから「今」があるのですね。

 

ワタクシにだってそれなりの苦労や
どん底だと思えた時期はあるけれど
たった一人で世界の僻地で頑張っている人達を見ると
ワタクシのどん底だと思えた事柄でさえ
どうってことない!
って思えてくるのです。

 

以前、「逃げるが勝ちの時もある」っていう記事を書きました。

 

自分が壊れてしまいそうで
辛くてしんどくて
そうなったら逃げてもいいと、ワタクシは思うのです。
逃げてもいいけれど
逃げてもいいのは挑んでから。
逃げたら負け
挑むのが勝ち
人生を勝ち負けでとらえている人は、きっとそう言うでしょう。
しかし、見方を変えれば
逃げたから新しいことにも挑むことができるのです。

 

世界の僻地で頑張っている人達は
頑張ったけれど、辛くてしんどくて。
壊れてしまいそうだったから
壊れる前に「逃げた」と捉えることもできます。

 

しかし、「逃げた」から
自分の居場所が見つかったわけだし
自分のしたいことが見つかった、ともいえるのですね。

 

会社のために尽くすのが美徳。
会社のために仕事を完璧にこなすのが当たり前。
そう捉えている人は多いと思うけれど
その結果、過労死や自殺・・・

 

それは、美徳でも何でもない!

 

そこまで自分を追い込まず
最悪の結果になる前に
自分を大切にしてほしい、と思うのです。

 

毎日、笑って過ごせていますか?

 

笑って、楽しく生きていくために働く!
今のワタクシの基本になっています。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。

 

こむ春インスタグラム

ワタクシのインスタグラムはお花畑🌺
癒されたい方はどうぞ~
ググタスもやってますよ~
覗いてみてね。

 

こむはるインスタグラム komuharu4133

Google+オンGoogle+