いつも誰かが助けてくれる

 

息子が就職してもうすぐ2年。
この2年間で見えてきたこと。

 

それは
必ず助けてくれる人はいるんだよ、ってこと。

 

自分に厳しい人は
その内容にかかわらず
人生のほとんどにおいて
人様に頼ることができないため
内側に溜め込んでしまうことが多いもの。

(●⇒自分に甘く!厳しすぎない生き方で幸せに

 

そしてそれがストレスになってしまうものだけど
時には、自分の弱い部分を見せ
自己開示をした方が気持ちが楽になるし
その結果
助けてくれる人は必ずいるものです。

 

息子はマイペースな生き方をしています。
息子が小さい頃のワタクシは
自分に厳しい生き方をしていたので
そんなワタクシを見て
ワタクシのようになるのを避けたのかも知れません。

 

子供は子供なりに
無意識にではあるのですが
自分の生き方を決めているものです。

 

第一子がおとなしい子ならば
第二子は、第一子とは違う生き方を選びます。
そのため、おとなしい子ではなく
活発な子になる傾向があると言われています。
第三子は
第一子と第二子とは、また違った生き方を選びます。

 

一人っ子の息子は
ワタクシの生き方を見て
自分の生き方を、自分なりに決めたのでしょう。

 

世渡りが下手なワタクシとは違い
世渡りは、それなりにうまくこなしている
と思える出来事が多いのです。

 

息子は、通勤に
車で1時時間半程度かけて、毎日通っています。
飲み会がある日は電車で通勤します。
そして、毎回終電がなくなるまで遊んできます。

 

そんな終電がなくなってしまったある日。
1時間半かけて、自宅まで送ってくださった方がいました。
その人は、また1時間半かけて
自宅へ帰るのです。

 

別の日は、違う部署の部長さんが声をかけてくださって
「うちへ泊まれ」と
部長さん宅へご厄介に。
2回ほど泊めていただいたようです。

 

そして今回の大雪。
上司が「ホテル代は会社で持つから、ホテルへ泊まれ」
と言ってくださったとか。
しかし、ホテルはどこも満室。
この時も、部長さんが泊めてくださったのです。

 

いい人達に恵まれたな~と
いつも周りの人達に感謝しているのですが
息子の生き方も見えてきたのです。

 

家にいる時は、ぐだぐだ~
そんな姿しか見ていないので
どんな会社生活を送っているのかは全く想像がつきません。
しかし
マイペースで緩やかに生きているからこそ
ゆとりのある生き方をしているからこそなのだろうな
とも思うのです。

 

会社に恵まれた
人に恵まれた
というのももちろんありますが
それも自分で引き寄せたことなのです。

 

就職が決まらずに悩んでいた時に
手を差し伸べてくれた人がいました。
それが
今の会社に勤めていた、同じ大学の先輩だったのです。
SOSをだしたから
キャッチしてくれた人がいたわけです。
偶然ではなくて必然。

 

どんな時でも
自分だけではどうにこならないと思えた時でも
SOSを出せば
必ず助けてくれる人はいる
息子から教えてもらったことです。

 

10人いれば10人の生き方があります。
それぞれの速度で生きています。
生き急ぐ人もいれば
マイペースでゆっくり生きている人もいます。

 

「三歩進んで二歩下がる」という歌のフレーズがありますが
二歩下がっても一歩すすんだからOK。
と考える人もいれば
一歩下がったのが許せない、と言う人もいます。

 

どちらの生き方がいいとか悪いとかはありませんが
「生きやすさ」を考えた時
二歩下がっても一歩進んだからOK
と言える方が
SOSも発信しやすいし
それをキャッチしてくれる人にも恵まれるのだと感じます。

 

人生は有限。
生き急ぐことなく、自分の人生を丁寧に扱っているひとは
いい運にも恵まれるし
いい人達にも恵まれる
いつも誰かが助けてくれる人生は感謝の人生
そう思うのです。

 

豚肉と大根の煮物

 

大根をたくさんいただいたので
豚肉と一緒に煮てみました~

・水 150CC
・砂糖  大さじ1/2
・お酒  大さじ3
・みりん 大さじ3
・しょうゆ  大さじ3
・ごま油  適量

献立に悩んだらどうぞ~

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。

 

こむ春インスタグラム

ワタクシのインスタグラムはお花畑🌺
癒されたい方はどうぞ~
ググタスもやってますよ~
覗いてみてね。

 

こむはるインスタグラム komuharu4133

Google+オンGoogle+