運気の流れ

 

毎日が慌ただしく
例えそれが
自分の本来の流れではなくても
周りの流れに合わせて生活をしている人は多いかと思います。

 

会社勤めをしていれば
会社の流れに合わせて仕事をこなさなければなりません。

 

かつては、ワタクシも人様に使われる身だったから
仕事中は会社の流れに合わせていたました。
子供が生まれれば
子供に合わせて生活をしていました。
自分の流れではなく
人様の流れに合わせているのですから
とても疲れます。

 

子供の手が放れ
会社勤めを辞め
自分の流れに乗ることができたのは
50代になってからです。

 

流れは目に見えないものですが
この年になって初めて
自分の流れを感じることができるようになったのです。

 

自分が本来持っている流れに逆らわずに生きていると
本当にラッキーなことが増えて
幸せだし恵まれているな~と。

 

例えば
車で出かける時に渋滞にはまったとします。
「ちっつ!渋滞かよっ!」
とイライラしてしまう人は多いでしょう。

 

しかしこの渋滞は
今!必要なことなのです。

 

渋滞にはまれば、到着時間が遅れます。
しかし、その到着時間こそが
誰にとっても、一番いいタイミングの時間
だということなのです。

 

この流れを無視して
何台かを猛スピードで追い越したりすることは
流れを無視していることになり
そのために事故を起こしてしまうこともあるし
何かしらのトラブルに巻き込まれてしまうこともあるかも知れません。

 

もし、この時
何かしらの直感があったのなら
その直感に従った方がいい場合もあります。

 

しばらく前に
「今日のワタクシは、流れに乗れていない」
と感じたことがありました。
それはたった1秒程度の流れのズレです。

 

家から車で出ようとした時
ちゃんと左右を確認したにも関わらず
左から来た車に接触しそうになったのです。
どうして見えなかったのか
気付かなかったのかがわからないのですが
時間にしたらたった1秒です。

 

1秒早く車を出していたらこんなことはなかったし
1秒遅く車を出していても
こんなことはなかったのですから。

 

そしてまた、いい流れに乗れている!
と感じた出来事もあります。

 

ワタクシには
生涯顔を合わせたくない人がいます。
まあ、誰にでもそういう人はいるかもですけどネ。

 

病院へ行ったある日
その日は、第1駐車場が満車でした。
「わ~すごいな、こんなことは初めてだな」
「別の日にしようかな」
一瞬そう思ったのですが
やっぱり行くことにし、第2駐車場へ車を止めて
歩いていきました。

 

病院の玄関を入って固まりました。
そこには、顔を合わせたくない人の後ろ姿があったのです。
たった50cm先に!

 

その人は、丁度帰るところで
ワタクシに背を向けていました。
そうして、そのまま振り返ることなく
病院を出ていきました。

 

たった1秒早く病院へ着いていたら
その人と顔を合わせていたでしょうし
1秒遅くても顔を合わせていたでしょう。
この時
自分だけの運の流れを改めて実感したのです。

 

この日は、買い物の予定もありました。
病院へ行く前に済ませるか
病院帰りに済ませるかで迷ったのですが
病院へ行く前に済ませました。

 

病院へ行く途中で、道路工事をしていて
多少の足止めをくらいました。
病院の第2駐車場へ行くときに
信号待ちをしました。
右折するために、3台の直進車を待ちました。

 

これら全てが
ワタクシをベストな時間で到着させてくれたのです。

 

何ともスピリチュアルな出来事ですが
目には見えない本来の運の流れにのれると
こういうこともあるのですね。

 

会社勤めをしている人は
1日のすべてを自分の流れで動くことはできません。
どうしても会社の流れに合わせる必要があります。

 

そういう人は
会社から出て帰宅をする前に
自分がリセットできるようなことをする
そういう時間をもつといいかな、と思います。

 

ジムで体を動かして汗をかいたり
コーヒーをゆったり楽しんだり
時には映画を観たり。

 

会社から出た時の疲れを
そのまま家まで持ち帰らず
本来の自分へリセットする時間。
こういう時間を大切にしてほしいと思います。

 

家に着いた時には、自分の流れに変えられるように。
自分が持つ、最高の笑顔で帰宅できたらいいですね。

 

疲労回復方法

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。

 

こむ春インスタグラム

ワタクシのインスタグラムはお花畑🌺
癒されたい方はどうぞ~
ググタスもやってますよ~
覗いてみてね。

 

こむはるインスタグラム komuharu4133

Google+オンGoogle+