ありがとう

物事に行き詰まってしまった時
考えが煮詰まってしまった時
身近な人に相談することがあるかと思います。

 

しかし
人様に言われたこと
アドバイスなどは
アドバイスされた本人が、本気でやろうと思わなければ
長く継続できるものではありません。

 

実は
アドバイスされた本人が
本気でやろうと思うサインがあるのです。
このサインを見逃すと
「ありがとう」と感謝もされないし
たんなるおせっかいになってしまいます。

 

アドバイスは、どうしても上から目線になってしまうゆえ
押し付け感がでてしまい
最初はありがたく聞いていたとしても
だんだん右から左。
やはり人は、上から目線を嫌うのですね。

 

共感しつつ、横から目線で話をすればいいんですけどね。
相談されたうれしさが、そうさせてしまうのでしょう。

 

アドバイスしている本人は一生懸命なのだけど
自分の知識を総動員して
なんとか応えようと必死なのだけど
言葉のはしにでてくる一言を敏感に感じ取り
アドバイスされている人には
おせっかいのように感じてしまうこともあるのです。

 

アドバイスをする時のコツは
上から目線にならずに
いらぬおせっかいにならないようにすることが
大切だと思うのです。

 

そして
人様に何かをすすめないことです。

 

自分がやって良かったから、その方法をすすめる。
自分が使ってみて、良かったからすすめる。
あなたもやってみなさい、使ってみなさい。
これはいらぬおせっかいなのです。

 

その人が興味を持てば
色々と聞いてくるでしょう。

 

そのひとの心に響いて、興味を引いて
「それはどういうこと?どうやるの?」
「どこで買えるの?」
などのような返事があって
「ありがとう」と言ってもらえて初めて
おせっかいではなくなるのだと思います。

 

アドバイスから気づきを得られれば
そこから考えて、自分で決定して、行動をおこして。
主体的になって
自分の力で行動を起こすことが出来た時
前向きのエネルギーにあふれるのです。

 

おせっかいあるところに
「ありがとう」はありません。
大切な人と関わる時ほど
気を付けたいですね。

 

 

昨日の夕方、日も落ちて薄暗くなってきた時間に
とても不思議な体験をしたんですよ。
水戸市偕楽園下の線路わきを車で通った時
電車が止まっていたんです。

 

「あれ?偕楽園駅は観梅の時期しか止まらない臨時駅なのに?
水戸駅前でスピードダウンしたのかな?
何かあったのかな?」

 

とか思ったんだけどね。
数秒後に振り返ったら
電車がなかった!!
ええ?
一体ワタクシの目には何が見えていたの?って (;^_^A

 

偕楽園脇には常盤神社があって初詣で賑わうんだけど
目には見えない多くの方々が
初詣に来たのかな・・・と。

 

今思えば、その電車は
ベージュ色で赤い横線が入っていました。
昔の特急のデザインです。
無事に初詣ができたかな~

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。

 

 

こむ春インスタグラム

ワタクシのインスタグラムはお花畑🌺
癒されたい方はどうぞ~
ググタスもやってますよ~
覗いてみてね。

 

こむはるインスタグラム komuharu4133

Google+オンGoogle+