年賀状出さない主義

 

年賀状や喪中はがきは、いつまでに出しますか?

 

これはワタクシの勝手な考えなのですが
年賀状は、元旦に到着しないと
相手に失礼だと思っています。
そして喪中はがきは
12月上旬までに届くようにしないと
相手に失礼だと思っています。

 

人により思う事、考えることはあるかと思うけれど
1/3に届く年賀状は、一体いつ投函したんだろう?
どうして年賀状の受付期間中に投函しないんだろう?
って思ってしまうのです。

 

忙しくて、年賀状を書いている暇がない!
という人は多いと思います。

 

それは
「年賀状は書かなければならない」
「~しなければならない」
っていう義務感を持っているからじゃないかと。
つまりそれは
自分がやりたいことではないから
だと思うんですよ。

 

これは仕事にしても同じ。

 

自分が好きな事や興味があることだったら
「~しなければならない」な~んて思わないし
例え慌ただしい毎日でも
その中で、好きなことを楽しむ時間を作ったりもしますしネ。

 

「忙しい」という言葉を使う時点で
それは、義務感を持っている、ということ。

 

「忙しい」という言葉の裏には

 

私は時間の使い方が下手です。
本当はやりたくないんです。
面倒だから、つまらないからやりたくないんです。

 

のような感情が隠れているのです。

 

今年は喪中の我が家。
喪中はがきを11月中に投函しました。
我が家にも喪中はがきが2枚届きましたけど
2枚とも届いたのは12/1でした。

 

毎年のように喪中はがきを頂くんだけど
いつだったか、12月中旬すぎに届いたことがあって
「え?年賀状書いちゃったけど・・・」
ってなことがあったんです。

 

こういうことは、経験するとわかりますね~
だから!
今回の我が家からの喪中はがきは
11月中に届くようにしたのです。

 

年賀状を出す人は、年々減ってきているようですね。
インターネットが普及している時代だから
新年のあいさつは
スマートフォンで済ませてしまう人も多いでしょう。
時代の流れに沿った、合理的な方法ですよね。

 

堀江貴文(ホリエモン)さんは、年賀状は出さない主義の人。
インターネットが普及している時代に
年賀状なんてナンセンス!
だと言っています。
堀江貴文さんは、すべてにおいて合理的主義の人だから
そういう人はそれでいいのでしょう。

 

ワタクシは、手書きの年賀状を頂くとうれしくなります。
年賀状も、ちゃちゃっと印刷ができる時代だけど
そんな中でも
手書きの言葉が添えてあったりすると
ほっこりしますしネ。

 

インターネットも
スマートフォンも普及していなかったワタクシが小学生の頃は
同級生全員に年賀状を出していて
書くことを楽しんでいたな~って。
毎年、たくさんの年賀状を書いて
そうして、たくさんの年賀状を頂いて。

 

時代は進んでいて
ワタクシ達は、それに合わせて
合理的に生きていく方法を教えられ
そして
便利になって、生活も向上してきたけれど

 

そんな中でも
機械には出来ないこと
機械がやったら味気ないよね~
って部分を大事にしていきたいな
と思うのです。

 

===========

 

ワタクシのインスタグラムはお花畑🌺
癒されたい方はどうぞ~
ググタスもやってますよ~
覗いてみてね。フォロワー募集中です

 

こむはるインスタグラム komuharu4133

Google+オンGoogle+