指示語の会話

 

50代になると増えてきますね~
あれ!これ!それ!

 

「あれはそれだよ」
定年間近の夫が言うんですけどね。

 

意地悪して
「意味がわかりませ~ん」って言ってみたりして(* ̄m ̄)
毎日一緒に暮らしていれば、なんとなく言いたいことはわかるし
わかろうとすれば、会話になったりもするもんですけどね。

 

大体の場合、急いで話さないと!
っていう思いがあるからなんだと思うんですよ。
ゆっくり話せばいいのにな~と。

 

茨城県人は、元々話すのが早い!
ワタクシもよく言われたもんです。
「何言ってるのかわかんない」って。
同じ茨城県人でも理解できないくらい、早かったらしいです。
自分ではわからなかったけれど。

 

他県の人から見れば、「喧嘩しているみたい」
茨城県全体に、そういう傾向はあるみたいです。

 

ワタクシの場合、50代になってからかな~
意識して、ゆっくりと話すようにしたんですよ。

 

ゆっくり話していると
あれ!これ!それ!
を使うことがなくなるからなんです。

 

ゆっくり話していると、話をしている間に
あれ!が浮かんでくるんです。
それ!も浮かんでくるんです。

 

だから
「あれはそれだよ」
な~んて会話もなくなるわけです。

 

でもね
あれ!これ!それ!にならないためには、日常生活で
どんなことをするか、も大切だと思うのです。

 

頭を使って
指を使って
体を使う。

 

この3つは、意識してやらないとな、と思うんですよ。

 

ワタクシの場合は
本を読んで、新聞を読んで
パソコンのキーボードを毎日叩いて
週に3日はジムへ行って、毎日犬の散歩をして。

 

もし、それらをしないで
毎日ごろごろして、TVやDVDを見て過ごしていたとしたら
あれ!これ!それ!になっていたのかもな・・・と。

 

人生100年だと言われる日はそう遠くはない!
そうなったら
定年退職年齢が70歳になるかも知れない。
年金受給年齢が75歳になるかも知れない。

 

そうしたら、人は働き続けなくちゃ~ならないわよね。
でも、若くして就職をしたころのような仕事はできなくなってくることは否めない。

 

第二の人生に向けて
40代50代になったら
新しい仕事に向けて何かを始める時期なのかな、とも思うんです。

 

それには、健康寿命を延ばさなければならない。
人生100年になったとしても
健康寿命は、誰もが伸びるわけではなくて
伸ばすのは、自分自身にしかできないことなんですよね。

 

自分の足で歩き
人様の手を借りることなく生活ができる健康寿命は
自分で決めることができる、と思っています。

 

それには
50代になったら(40代でもいいけど)
頭を使って、指を使って、体を使う。
これをしないとな・・・って思うのです。

 

寝たきりにならないための健康寿命。
今日から、伸ばしていきませんか?

 

●⇒免疫力を高める方法はこちらです

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。

 

チンジャオロースー

 

チンジャオロースーを作りましたよ~

●⇒レシピはこちら

 

 

ワタクシのインスタグラムはお花畑🌺
癒されたい方はどうぞ~
ググタスもやってますよ~
覗いてみてね。フォロワー募集中です

 

こむはるインスタグラム komuharu4133

Google+オンGoogle+