冬目の周りのくすみ

 

 

女の肌は夏に老ける!っていうのは本当のことで
それは、夏特有の強い紫外線の影響があるから。
じゃあ、冬は大丈夫なのかっていうと
冬は冬で、老ける要素はいっぱいあるんですよ。

 

空気がカラカラ~
気温も低ければ湿度も低い冬は
まず、血行が悪くなりがちですよね。

 

寒いから外へ出たくない!となると、室内でぬくぬくごろごろ。
脂肪をまとってしまうだけでなく、体全体の血行力が低下。
体温も低下。
そうすると、つま先を始め顔肌や頭皮など、体の隅っこに
血液や酸素が十分に行き渡らず、栄養失調に。

 

栄養分がもらえない肌や頭皮は、潤いを留めることができず
葉が枯れていくようにどんどん枯れていくのです。

 

栄養失調になった肌は、ターンオーバーがうまくできず
それが冬特有のくすみに。
特に、潤いそのものを溜め込みにくい目の周りは要注意。
夏にくすみケアをしなかった人は
冬の間に、くすみが定着してしまうかも知れません。

 

まずは
血液循環力を高く保つのが目標。
夏でも冷えを感じやすい人は、冬はもっと冷えを感じやすくなります。
生活活動量を増やしたり、無理のない運動をしたりするのが基本。

 

身に着けるものでは
首・足首・手首など、「首」がつく部分を温めるのがおすすめ。
マフラー・ネックウォーマー・レッグウォーマー・足首ウォーマー・手袋などは
やはり、その部分を冷やすのがよくないからあるのです。

 

更に、体を温める食材や飲み物を摂るのも忘れずに。
(⇒体を温める食べ物と飲み物の記事

 

では、スキンケアで冬ぐすみに対応できるものはあるの?って話。

 

引いてもだめなら押してみな!
っていう言葉があるように
肌においても同じことが言えて
与えてだめなら落としてみな
ってこと。

 

肌は、与えるよりもデトックスするだけでキレイになる場合もあるのですよ。
ピーリングとかクレイパックとか炭酸パックとかを使えば
角質肥満をでデトックスすることが出来て
それだけで肌はキレイになることができるんです。

 

でも
ピーリングでも炭酸パックでも
目の周りは避けてくださいよ~っていうのがほとんど。
んじゃあ、目の周りのデトックスはどうすんの?

 

クレイパックは、「目の周りは使わないでください」
というような注意喚起がないものが多いので、クレイパックは使えるものが多いかと思います。
例えば、エレクトーレフェイストリートメントモアモイストなどは
サイト内に、まぶたにまで塗っている写真が載っているので
目の周りに使える、と判断することができるしね。

 

しかし、クレイパックではないけれど、クレイパックのように使える洗顔料もあるのですよ。
洗顔料なので、目の周りにも使えるわけです。

 

洗顔料で泡パック、っていうスキンケア方法がありますが
それを、クレイ洗顔料でするイメージ。

 

クレイパック

 

使っているのは、ビーグレンクレイウォッシュですが
元々、もこもこの泡がでる洗顔料ではないの
写真程度の泡パックになります。

 

洗顔をした後に、再度新しい泡を作り
お顔にのせておくだけ~
洗顔料でできるので、経済的負担も最最小限ですんじゃいます。

 

ビーグレンクレイウォッシュ

 

マイナスイオンが、強力に汚れを吸着してくれるんです。
クレイの大きさは、なんと毛穴の大きさの1/2000!
古い角質や汚れを吸着したあとは
ヒアルロン酸やアロエベラエキスやカミツレ花エキスなどの
潤い成分を落とし込んでくれるゆえ
流したあとは、突っ張ることなくしっとり潤いが残るんです。

 

これで、目の周りのデトックスはOK。
定期的に続けデトックスした肌は、デトックス前と比べると
美容成分の浸透がすこぶるいい!
皮膚そのものが薄く、潤いを溜め込みにくい目の周りのケアは
お手入れが難しいく、それゆえ、くすみが残ってしまう部分ではあるけれど
でも、継続は力なり~

 

まぶた

 

まぶた

 

お肌は、時間をかけてターンオーバーをするわけだから
その分時間はかかるけれど
時間をかけて変わっていった肌は
ちょっとやそっとでは揺らがないようになっていくのです。

 

ビーグレン目元ケアトライアル

 

目元ケアトライアルには
クレイウォッシュの他、目元に潤いを溜め込む美容液や
美白に役立つビタミンCもセットになっているので
目の周りの冬ぐすみケアにおすすめですヨ。

 

●⇒目の周りの冬ぐすみにおすすめのトライアルはこちら

 

年齢を重ねれば重ねるほど、外からのケアだけでは思うような結果は得られません。
もちろんスキンケアは大事だけど
体の中から!の部分も大切ですヨ。