しわなし肌にする方法

 

艶があって、ハリがあって、つるんとした滑らかなしわなし肌。
憧れますよね~

 

30代後半になると、あれ?って感じることが増えていき、気のせいヨネ~とか思っていると
40代には、チリメンジワができ始まって、気がつけば大じわ・・
笑うとしわになるから、、と、笑うことさえ躊躇してしまうことも。

 

老け顔の原因しわ!1本たりとも許したくない!
鼻息も荒くしわを作らせないポイントをご紹介します。

 

しわなし肌を作る10のポント

 

① 紫外線対策は1年中

② 乾かない女になる

③ 巡りを整え、冷えをなくす

④ 適度な運動で代謝をアップする

⑤ 十分な睡眠をとる

⑥ ストレスをためない

⑦ 体内環境を整える

⑧ 笑って表情筋を鍛える

⑨ 毎日お肌の声を聴く

⑩ 栄養バランスを考えた食生活

 

 

① 紫外線対策は1年中する

 

紫外線散乱剤・紫外線吸収剤について

 

紫外線は、強度の差こそありますが、太陽がある限り、雨の日でも曇りの日でも毎日地表に届いています。
1年を通してUVケアは必要です。

 

寒い地域の人って、シミが少なかったりしわが目立たなかったりしますよね。
これは、寒いために外へでる時間が少ないからだと言われています。

 

外へでない=紫外線にあたる時間が少ない

 

浴びてしまった紫外線は、元に戻すことはできません。
紫外線は、活性酸素を発生させ、蓄積されることで、コラーゲンなど内部組織を壊していきます。
ハリのなくなったお肌は、使い古したキルティングのようにキメも粗く、古びたゴムのようにたるみ、しわになってしまう。
シミだでなく肌内部組織老化を加速してしまうんですね。
肌乾燥もすすんでしまいますので、UVケアは怠りなく!

 

② 乾かない女になる

しわは、表面的な原因だけでできるものと、体の中の原因でできるものがあります。
表面的なしわは、乾燥じわ。
空気が乾燥する冬にできやすくなりますケド、保湿をすれば目立たなくなります。

 

体の中の原因でできるしわは深いしわ。
40代になると、肌油分も肌水分も極端に少なくなってきますが、これは体の中の潤いが関係しています。
つまり、体の中が干からび始まっている!ということです。
しわのない艶肌は、体の中から作られます。
足りていない栄養分を補い、細胞から活性化させることを意識するのが◎。

 

乾かない女になりましょう。

 

③ 巡りを良くして冷えをなくす

 

女性に多いのが冷え性。女性は男性に比べ筋肉が少ないので、足先など末端からの血液の戻りが悪くなりがちです。
巡りが滞ると、肌に十分な栄養が運ばれません。顔色も悪くなりくすんで見えたりすることもあります。
冷えない体・巡りのいい体を整えましょう。

 

④ 適度な運動で代謝をアップする

 

14

 

年齢を重ねるとともに代謝は低下してしまいます。

適度な運動は、代謝を整え、血液循環もよくなり、栄養分の巡り・吸収がよくなります。
巡りが悪いと感じている人も、運動をすることでよい方向へ変わっていくもの。
体の中から代謝を整えることは、お肌のためだけでなく、健康維持にもなりますヨ。

 

⑤ 十分な睡眠をとる

 

健やかなお肌は睡眠中に作られます。
俗にいうゴールデンタイム。今の時代は、23時~午前2時くらいでしょうか。
成長ホルモンが活発になり、お肌の修復をしてくれる時間帯でもあるので、この時間帯にはベッドに入っていたいですね。

 

人には体内時計というものがあります。
太陽が昇ったら目覚め、日が沈んだら寝る、というリズムは太古から変わらず
今でも体内時計として記憶されている、と言います。

 

体で覚えるリズムはとても大切で、それに逆らわない生活をしているとストレスがかからなくなります。
できるだけ決まった時間に寝て、決まった時間に起きることも大切です。
体のリズムを崩さない、、ということにもつながりますので、意識して睡眠時間を決めたいですね。

 

 

⑥ ストレスをためない

 

ストレスが多いと、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、自律神経に影響がでたり、ホルモンバランスを崩してしまうこともあります。
ストレスを溜めこんでしまうと、交感神経が優位に働き、眠っている間も副交感神経があまり働かなくなることがあるといいます。
これは、寝ている間も精神的に興奮し、リラックスできていないということです。
リラックスできていると血液の流れも整い、細胞の修復もされやすくなります。
また、ストレスは体内環境にも影響を及ぼし、特に腸にはテキメンに悪影響が!

 

便秘ですね。お通じを司るのは副交感神経です。
便秘は肌荒れの原因にもなります。
適度なストレスは、生活の潤滑油になりますが、過度のストレスは肌荒れ・病の素でしかありません。
ストレスを上手に発散できる環境を整えてくださいね。

 

 

⑦ 便秘をしない

お肌は体内環境を映し出す鏡。
不健康な体では美肌を整えることはできませんよね。
便秘をしないように心がけ、体調を崩さない自己管理は大切です。

 

⑧ 笑って表情筋を鍛える

001361

 

私もそうなんですが、笑うとしわが気になる・・
じゃあ、笑わないほうがいいのかって言うと、笑ったほうがいいんです。
笑うことで表情筋が鍛えられ、また、脳も活性化するんです。

笑うこと=脳が楽しいと判断する

 

生活にハリもでてくるし、ストレス発散にもなりますよね。
更に笑うことで美人ホルモンも出やすくなります。
しわを気にすることなく笑いましょう。

 

 

⑨ 毎日お肌の声を聴く

 

女性なら毎日鏡を見ますよね。
お肌の状態って日によって違うことが多く、毎日同じではありません。
鏡を見ながら、今お肌が欲しがっているものを聴く。
どうして欲しいのか聴く。

 

マッサージしてほしいの?パックしてほしいの?保湿が足りないの?

 

お肌と会話することで、プラスα、何をしたらいいのかがわかってきます。

 

⑩ 栄養バランスを考えた食生活

健やかなお肌は健やかな体から作られます。
バランスのとれた食事は、健康なお肌を作るために大切だし。必要なことです。
1日30品目、、というと難しいですが、2日で30品目とか、3日で30品目。
こんな風に考えると、気負うことなくできすですよね。

 

 

これらの10のポイントは、意識することで毎日できることです。
難しいのは、失った肌内部のコラーゲンなど、ハリの元になる成分を作り出すこと。
これができなくては、求める艶肌を手に入れることは難しくなってきます。

 

しわを消すのには、肌奥にある線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを作り出す力を高める必要がでてきます。
コラーゲンがあるのは、お肌の真皮層。真皮層の7割はコラーゲンが占めていると言われています。
お肌の弾力をつかさどっているコラーゲンを生みだし、育ててくれる化粧品をプラスすることで、弾力が高まり、しわができにくいお肌を整えることができます。

 

毎日の食事で補いきれない成分は、サプリメントでとるのがおすすめ。
中でも、コラーゲンの素になるアミノ酸が多く、美肌作りに欠かせないビタミンやミネラル
更には、EGFやFGFなど、細胞を活性化してくれるプラセンタサプリメントは、40代におすすめ。
失いつつある成分を、体の中から、肌奥から補給することができます。

 

●⇒おすすめのプラセンタサプリメントはこちら

●⇒プラセンタドリンクはこちらです