冬クリーム

 

40代の声を聞いたら、使う化粧品は結果重視!
化粧品においては、プチプラでもいいからたっぷり塗れ!
のようなことも言われてはいるけれど
実はあまり意味のないこと。
都市伝説的な部分は否めません。

 

たくさん塗る、といういう事は
規定の1回使用量を塗っただけでは、肌は満足に潤わない!
と言っているのと同じこと。

 

化粧品においては
1回の規定量を使い
必要な成分が必要な所へ届き
その成分が長時間留まることが必要なのです。

 

プチプラコスメと、年齢肌が使うコスメの違いは何かと言えば
それは
使っている成分の差だったり
効果がある成分の濃度だったり
浸透力の違いだったりするわけですよ。

 

プチプラコスメを基準に考えてみると・・・
プチプラコスメに使われている美容成分は
比較的安価で数多く用いられることが多いもの。
それに、ナノ化技術がプラスされればお値段は高くなるわけだし
ナノ化以上の浸透技術が使われれば、更にお値段に反映されるし。
しわ消し成分やシミ消し成分が使われれば、更にお値段に反映されます。

 

また
特許技術を使っているとか
特許成分を使っているとか
有効成分がどんだけはいってるか、っていう濃度にもお値段が反映されるのです。

 

年齢肌が使うコスメは、ひたすら結果重視!
どうしたい?
どうなりたい?
それを叶えてくれるコスメが、自分にとり一番効果があるのです。

 

美容クリームには油分が含まれるため
スキンケアの最後に塗って、うるおいが逃げないように届ける役目があります。
しかし、年齢肌の場合は、もっと多くの効果を期待したいですよね。
ええ、もちろんワタクシだってそうですから。

 

肌に押し返すような弾力やハリが欲しいですよね。

 

ビーグレンモイスチャーリッチクリーム

 

揺らぎのない強い肌が欲しいですよね。
バリア機能も強化したいですよね。

 

特に、空気が乾燥する冬は、湿度の低下も影響し
かさかさしてしわっぽくなって
バリア機能も低下ーー
ハリも弾力も感じられないことが多くなるもの。

 

実は
自ら潤うことが出来る肌は
例え乾燥する冬でも、湿度が0%だとしても
ハリも弾力も艶もキープできるのです。

 

だから
しっかり肌奥へ浸透して潤い、肌表面も守る!
年齢を重ねれば重ねるほど美容クリームの選び方は大切っ。
夏の間は乳液を使っていた人も
乾燥を感じやすい時期は、クリームを使うとアンチエイジング効果が高くなるかと思いますヨ。

 

モイスチャーリッチクリーム

 

冬こそ使いたい結果重視の美容クリームが、ビーグレンモイスチャーリッチクリーム。
エイジングケアに最適な成分を、バランス良く肌奥へ届ける浸透技術を使っているため
肌の内側が潤い、肌表面の潤いも保ってくれるんです。

 

エイジングケアに特化しているゆえ、重たそうなイメージがあったんだけどね。
塗った直後と1時間後、2時間後・・・肌感触が変わっていくんです。
浸透してるな~って感じるしっとりとした手触り。
守られてる感にとても安心できます。
クリームにベタベタ感やしつこさをイメージする人も多いかとは思うけれど
そのイメージが覆されますヨ。

 

●⇒ビーグレンモイスチャーリッチクリーム詳細

●⇒ワタクシの詳しい口コミはこちらです