婚外恋愛

 

「婚外恋愛」という言葉を耳にするようになってきましたね。
婚外恋愛って何かといえば、「不倫」と類義語。

 

不倫っていうと、イメージも良くはないし、耳障りな人もいるでしょう。
不倫に対して憧れ(憧れっていうのも変だけど)
願望があったとしても、それを不倫と認めたくないから
それを正当化するために
罪悪感を払拭するために
聞こえよく、「婚外恋愛」という言葉を使っているのです。

 

不倫と婚外恋愛の大きな違いは
婚外恋愛の場合、お互いの家庭を壊さない、というルールがあること。
帰る場所を確保している、と言う点。

 

ご主人に言えない悩みを相談したりすることもあるでしょうし
ただ単に、ドキドキするような恋愛を楽しみたい
というだけのこともあるのです。

 

愛情なのか、それともただの依存なのかわかりませんが
婚外恋愛の場合は、長く続く傾向があるようです。

 

実は、「婚外恋愛に対してどう思われますか」
というご質問を頂いたのです。

 

私は、不倫にしても婚外恋愛にしても
肯定もしなければ否定もしません。

 

婚外恋愛をしている人達の言い訳の1つに
「家庭を壊したくなから婚外恋愛をしている」という
一般的には矛盾するような感情があるのは確か。

 

それはつまり
自分を女性としてみてくれない夫への不満
家族を無くしたくない
家庭を壊したくない
子供に親は必要
など、複雑な感情があるからこそなのだと。

 

家庭に収まって、それはそれで主婦としての幸せはあるのだけれど
いつまでも女性として輝いていたい、と思うのが女性。
年齢を重ねれば重ねるほど
自分が女性であることへの不安がでてくる現実。
ご主人はというと
年齢を重ねるにつれ、女性として見てくれなくなっていく
これもまた現実。

 

自分は、まだ女性としての魅力があるのかどうか。
確認したい、という想いもあるのでしょう。

 

婚外恋愛をしている本人たちは、それを公にしません。
つまり、後ろめたいという気持ちや
正しいことではない
という罪の意識があるからなのです。

 

では、ご主人が婚外恋愛をしていたとしたら?
それを知ったら、どう感じるでしょう?

 

もし、婚外恋愛をしているその裏で
辛い想いをしている人がいるのなら
悲しみの涙を流している人がいるのなら
それは、誰かを苦しめている、という事。
そこに、答えがあります。

 

私は婚外恋愛をしているから、あなたもしてください
と、はっきり言えるのなら、それはそれでいいのでしょうし
実際、夫婦で婚外恋愛をしている人もいると聞いたことがあります。
しかし、ご主人の了解を得たとしても、子供が辛い想いをしているとしたら?

 

それは、いずれ自分に降りかかってくることになるでしょう。
良いことをしてもそうでないことをしても
それはいずれ自分に戻ってくる、これは法則なのですから。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。