肌荒れクリーム

 

皮膚治療薬ヒルドイドを美容クリーム代わりに使う人が多くて
医療費を圧迫するかも?
のようなことが取り上げられていますね~
医薬品だから、肌荒れに効くのは当たり前なのですよ。

 

でもさ
皮膚科に行って、ドクターに、「ヒルドイドを1箱と・・・」
ってオーダーするのってどうよ?

 

乾燥して肌が荒れちゃって・・・
って言われれば、ドクターは処方せざるを得ないんだとか。
つまり、個人のモラルの崩壊。

 

恐らくは、ヒルドイドを美容クリーム代わりに使っている人は
医療費を圧迫するかも?とか
アトピーで使っている患者さんが使えなくなるかも?とか
そういった考えはなく
罪の意識はなく、使っている場合がほとんどだろうと思う。

 

しかし、医療費が圧迫されれば
それを誰が負担するのかって言ったら、結局は
ヒルドイドを美容クリーム代わりに使っている人を含む私達なのです。

 

「化粧品感覚 薄い罪悪感」

健康保険が適用される保湿薬「ヒルドイド」は、雑誌やインターネット上で「究極の美肌クリーム」などと呼ばれ
化粧品を購入する感覚で病院を訪れる女性が多い。
公的医療制度の目的に反しており医療費の増大にもつながるが
利用者の罪の意識は低い。

10/30 茨城新聞より引用

 

 

ヒルドイドは「ヘパリン類似物質」。
ヘパリノイドを主成分にした医薬品です。
薬効は、抗炎症血行促進剤、血行促進・皮膚保湿剤。
ヒルドイドと薬効が同等のもの、ジェネリック医薬品は
楽天でも扱っています。

 

 

50gで1000円程度なので、美容クリームと比較してもお安いでしょう。
しかし
第2類医薬品です。

 

第2類医薬品とは、、、
副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。またこの中で、特に注意を要するものが「指定第2類医薬品」

 

ワタクシも乾燥肌です。
エイジングケアを始めた頃は、スキンケアで肌を整えることばかりを考えていましたけど
今は違います。
肌が乾燥したり荒れてしまう原因は体の中が潤っていない!
ということを知ったから。
そして、メンタルも安定していないと
それは肌に顕著にあらわれる
ことを知ったから。

 

体の中が健やかで、細胞もパワフルで
メンタルが安定した毎日を送ること。
それこそが、肌荒れしないコツなのです。
「肌は内臓を映す鏡」とはよく言ったもんだと思う。

 

外から塗るのは対処法。
つまり、限界があるのです。

 

限界を作らない健やかな肌のためには
毎日口にするものや
口にした栄養分を隅々まで流すこと
十分な睡眠をとること。
基本はこの3つ。

 

そのうえで、外からのケアをすると
肌は見違えてくるものです。
この順番を間違えると、いつまでたっても肌荒れに悩まされることになるのです。

 

40代50代が摂りたい栄養素が詰まっているのがプラセンタ。
体の中からキレイになりたいワタクシの必需品です。

 

美白サプリメント

 

●⇒ステラマリアプラセンタの口コミはこちら

 

 

馬プラセンタドリンク

 

●⇒メディキュアプラセンタドリンク40000の口コミはこちら

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。