幸せ

 

ワタクシは滅多に自動販売機で飲み物を買うことはないのですが
月に1回あるかないかかな~
時々なのですが
自動販売機で飲み物を買った時、必ずすることがあるんですよ。

 

それは
釣銭取り出し口に10円を置いてくること。

 

飲み物を買おうとしたら10円足りないっ。
そういう時に使ってほしいから。

 

大人かも知れないし
高校生かも知れないし
中学生かも知れない。
どこの誰かも知らないけれど。

 

今時、10円のお金としての価値はとても低いけれど
その10円が足りないために買えない時はあるものですよね。
足りなかった10円を見つけた時
やっと飲み物を買うことができて、ほっとして笑顔になるはず。
夏ならば、乾いた喉を潤して、熱中症を予防する事にもつながるかも知れないし。
気持ちよく潤いが戻るはず。

 

自動販売機の釣銭口は、子供の手が届く位置にあります。
いたずらに、小銭口に手を入れて、その10円を見つけることもあるでしょう。
そうして、お母さんに「あったよ~」
と笑顔で走っていくことがあるかも知れませんし
「やったー」といううれしい気持ちで、お小遣いにしてしまうかも知れません。

 

しかし、それはそれでいいのだと思っています。
今時は、「たかが10円」と、低く見積もって
そのありがたみを感じていない人が多い中
たった10円で喜びと笑顔が溢れるのです。

 

かれこれ1年以上続けているのですが、とても不思議なことが起こったのです。

 

あるとき、自動販売機で飲み物を買った時
釣銭口にあったのです!

 

お帰り~

 

ワタクシが今まで置いておいた10円なのか
それとも誰かのとり忘れなのか
それともワタクシと同じようなことをしている人がいるのか
それはわかりませんが
ちゃんと戻ってきたのです。

 

使ったお金が戻ってくるのには法則があって
お金を使う時に、負の感情をのせないこと。

 

またお金が減っていく・・・とか
今月は赤字かな・・・とか

 

お金を使う時は
お金に感謝の気持ちをのせて送り出すのが良いのです。
使えるお金があることに感謝すること。
ありがとう、と気持ちよく送りだしてあげる。
お金だって、気持ちの良い所にいたいから
そういう人の所には、また戻ってくるものなのです。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。
この記事から、1つでも拾うことがあれば幸いです。