うまくいく恋愛

 

 

似たもの同士っていう言葉あるけれど
これは、波動が似ているということで、何をしても大体がうまくいくよーーってこと。

 

でも、不思議なことに、恋愛においては
「自分が持っていないものを持っている」人に惹かれることって割とあるもの。
ある意味、自分の中に
「あんな風になれたらな」という憧れがあるのかなとも思うんだけど。

 

例えば、いつも冗談を言って笑わせてくれるとか。
主張的で男らしいとか。

 

自分にないものの部分に惹かれてお付き合いをした場合
どうなるかっていうと、大体の場合別れてしまうのです。

 

いつも冗談を言って笑わせてくれる男性は
男女の関係なく誰にも同じように接する場合がほとんど。
良く言えば人当たりが良くて人気者。
しかし、言葉を変えれば八方美人。
多くの女性に声をかけるのが気に障ってくるのです。

 

主張的で男らしい所に惹かれたけれど
言葉を変えれば、攻撃的ともいえるわけで。
攻撃的な言動に違和感を感じてきたり。

 

反対に、優しさだけに惹かれてお付き合いを始めたら
実は優柔不断で幻滅したり。

 

自分にないものを持っている人とお付き合いをした場合
最初の頃はうまくいっていたとしても
ほとんどの場合、別れがやってきてしまうのです。
うまくいく恋愛は、やっぱり似た者同士。
波動が似ているから続くんだろうなと。

 

登山が趣味で、毎週のように山へ行っている人が
山で出会った人とお付き合いをしたら
かなりの確率でうまくいくでしょう。

 

しかし、誘われて行っただけで
そのあとに、登山はもういいわ・・・二度と登らない!
となった場合は、例え素敵な人と出会ったとしても
うまくいかないかも知れません。

 

ジョギングが趣味の人が、マラソン大会で出会い
意気投合したら、かなりの確率でうまくいくでしょう。
しかし、それっきりでマラソンを辞めてしまったら
うまくいかないかも知れません。

 

価値観が似ているから、波動も似てくるわけで
類は友を呼ぶって、こういうことなんですね。

 

その人といると感じる安らぎや信頼感は
わかりやすく言えば自分にとっての報酬。
その一方で、多少の我慢を必要とすることもあったりするけれど
報酬から、その我慢ポイントを差し引いた時に出てくるのが成果。

 

この成果が大きければ大きいほど満足感が得られるものだけど
自分にないものを持っている人とのお付き合いでは
我慢ポイントが多すぎて、成果が少ないか
あるいはマイナスになってしまうのだろうなと。

 

お付き合いをしても長続きしないという人は
我慢ポイントが多くてストレスを感じてしまうのでしょう。
自分と価値観が似ている人、波動が似ている人なら
長くお付き合いが出来るかも知れませんね。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございますm(__ __)m