インフルエンザ予防接種の効果

 

10月中旬になると、インフルエンザ予防接種を始める医療機関が出てきます。
今年も受けようかな・・・とは思っているんだけど
さてさて、最近は「インフルエンザ予防接種は意味ないよー」
っていう声も聞こえてきます。

 

インフルエンザ予防接種は受けたほうがいいのか
それとも、受けなくってもどうってことはないのか?って話。

 

では、どうしてインフルエンザ予防接種を受けたほうが良いのでしょう?
それは、言うまでもなく、インフルエンザに感染した時に症状を軽く抑えるため。
インフルエンザに感染しないようにするため、ではありません。

 

ええ、予防接種をしていても感染する可能性はあるわけです。
インフルエンザ予防接種の効果は、約60%!
集団で予防接種を受ける場合、全体の80%以上が受けないと意味がありません。
個人単位では、予防接種を受けたほうが効果がある、と言われています。

 

でも、100%じゃないんですよね。
約60%って微妙じゃあありません?
インフルエンザにかかったことがある人は、ベースとなる抗体ができているけれど
かかったことがない人は、抗体がありません。
つまり、インフルエンザに感染したことがない人は
予防接種を受けることで、免疫効果がつくということ。

 

また、「インフルエンザ予防接種をしたから大丈夫!」
というプラセボ効果も大きいのではないかと思います。
化粧品でのプラセボ効果は約3割なので
インフルエンザ予防接種においても、同じ位のプラセボ効果はプラスされるのかも知れません。
(⇒化粧品のプラセボ効果の記事はこちら

 

しかし、インフルエンザは変異するため
打ったインフルエンザと違う株のインフルエンザが流行すれば
その効果は全くなくて、インフルエンザに感染してしまう可能性はあります。

 

流行しそうな株のワクチンを作るのは
言ってみれば、ギャンブルのようなものですが
株がぴたっと当てはまれば、感染したとしても重症化せずに済む可能性はゼロではないのです。

 

インフルエンザワクチンには効果がない!と結論付けている自治体があります。

 

6年間かけて、前橋市が5万人を対象にした膨大なデータから
ワクチンは打っても打たなくても流行には関係ない

 

インフルエンザ予防接種に関しては
「インフルエンザワクチンは打たないで」という本も出版され物議をかもしだしているのも事実。

 

また、ビジネスジャーナルでは

 

有害物質が含まれていて、重篤な副作用の危険性がある上に、インフルエンザワクチンには「効くかどうかわからない」という根本的な問題もあります。

 

時代の進化と共に
今まで、良し!とされてきたことに対して、NGを出す方々も多く
私たちは、どれが本当なのか、どれを信じたら良いのか
自分で選択をしなければなりません。

 

どの時代でも、すべてが正しいということはありません。
人それぞれ価値観が違うし、価値観が違うから見る角度も違います。

 

人様の意見に耳を傾けることは、参考意見をインプットするのにとても役に立ちます。
しかし、最終的に答えを出すのは自分自身。
自分で責任をもって判断したいものです。

 

●⇒風邪をひきやすい人はこちらの記事もどうぞ