女性の印象年齢

 

 

初対面の人と会った時、たった5分でその人の印象が決まる、と言われています。

 

最初に目が行くのはお顔。
そして髪形だったり持ち物だったり。
女性だったら、上から下までなめ繰り回すように視線が動く人もいますよね。
まるで全身チェック。
おいおい・・・って内心思ったりもするもんですが。
そうして全身をチェックし終わって、、、

 

そうなんです!
その人の印象は、全身が決めるものなのです。
つまり、この時に、印象年齢も決めてしまうということ。

 

ある時、ワタクシより年上の人がメイクをしていた時
鏡がいやに近くって聞いたことがあるんだけど
「鏡が近くないと見えないのよ」

 

(  ゚ ▽ ゚ ;) ナルホド・・・

 

実は、年齢を重ねれば重ねるほど、鏡とお顔の位置は近くなっていくのです。
もちろん、鏡が近くなればなるほど、肌が刻んでいる年齢は明らかになってしまうのだけれど。
そうして、自分と向き合って
諦めない気持ちが沸き上がってくればそれで良し!

 

しかし、一歩引いて鏡を見たとき
姿見で全身を映した時
その映し出された体系に年齢がにじみ出ていることは多いのです。

 

一般的に言われている中年体系は、時代の進化と共に遅くなってきていて
昔の同年齢と比べると、見た目の印象年齢が若くなってきているのは確かだけれど
ウエストのくびれがなくなってきたり
お腹や腰の周りにお肉がついてきたり
わきの下に脂肪がついてきてブラジャーが食い込んだり。

 

少なからず気になってくるもので
それはある日突然気付いたりするもの。
そこに諦めの気持ちが少しでもあると
体はどんどん緩んでいって、それは全身を老け込ませてしまうのです。

 

久しぶりに人と会った時のことを思いだしてみましょう。
当然ながら、数年前に会った時と今を比較してしまうものですが
その時に、数年前に会った時の印象と変わらなければ
自然と口からでてくるのが「変わらないわね~」

 

この「変わらないわね~」という言葉は
実に、全身からにじみ出てくる雰囲気に対しての言葉なのです。

 

数年前と変わらず顔肌がきれい
数年前と変わらず髪が整っている
数年前のスタイルと変わらず、今も維持している
洋服のセンスもいい

 

例えば、数年前より体重が10kg増えていたとしたら
それは見た目に反映されるため
「変わらないね」という言葉はでてこないものですから。

 

年齢を重ねてからのアンチエイジングは、体の中や肌を磨くだけでなく
だらしのない体にならないことも大切になってきます。
日常生活での生活活動量を増やし
ストレッチやヨガ、ウォーキングなど
体を動かすことを習慣にし
「変わらないね」と言われることを目指したいものです。