諦めない気持ち

 

 

女性の肌って、坂道を転げ落ちるように老化していくのではなくて
それはまるで、横に向かってジグザグを描いていく折れ線グラフのようだと思う。

 

体の中の状態も肌に反映するし
心が歪んできても肌に反映するし。
どこかのバランスが崩れてくると
乾燥してきたり
しわっぽさが目立ってきたり
艶が感じられなくなってきたり。

 

でも、そうなった時、そのままにしておくのではなく
諦めない気持ちを常に持ちつつづけている女性は
シートマスクやクリームマスクをしたり
体のメンテナンスをしたり
何かしらの前向きな対策をするもの。

 

そうすると、下降線を描いていた折れ線グラフは
ある一点で、ぐいっと上向きに上昇し始めるわけです。

 

老けていく人と老けない人。
その違いの分かれ目は40代なのかなと。
40代になったばかりのころは、見た目はさほど変わらず差もないけれど
どこか途中で
もういいか~
もう40代だし
恋愛するわけでもないし
という諦めの気持ちが芽生えてくると、それは印象年齢を大きく決定付けてしまうのだと思う。

 

しかし、老けない女性は知っているのです。
例え折れ線グラフが下降線を描いてきても、肌は上向きへ変えていくことができるのだと。

 

それは、肌だけでなく、生活の中でも目に見えてきます。

 

家の中にいて、人目にさらされない生活をしていると
その緩んだ気持ちは、着る洋服にも反映されるもの。
捨てようかな・・・と思ったけど、家の中で着ているならいっか~
毎日着る洋服はスエットやジャージ。おまけにすっぴんとか。

 

スエットやジャージを着ること自体が悪いわけではありませんし
すっぴんが悪いわけでもありません。

 

毎日スーツで仕事をしている人は、家にいる時ぐらい
ゆったりとくつろぐために着る人もいるでしょうし
毎日しっかりメイクをしている人は、休みの日ぐらい
肌ストレスから解放されたい、と思うでしょう。

 

しかし、別の理由で
そこに、自分に対する諦めの気持ちがあったとしたら
着ているジャージやすっぴんは、老化していく兆候なのです。

 

とか偉そうに言っていますけど、ジャージにすっぴん!
これは、過去のワタクシの姿なのです。
しかし、ありがたいことに、ある時気づいたんですよ。
やべっ!
このままじゃあ老け込むーーー!
その日から、朝にはちゃんとメイクをし
このまま買い物へ行っても恥ずかしくない格好で過ごすようになりました。

 

女性の肌はいつでも上向きになれる!
見た目の印象年齢だっていくらでも変えられる!
諦めない気持ち、いつまでも持ち続けたいですね。

 

●⇒上向き肌を作るマスクはこちらです