女性の考え方

 

 

こんにちは こむはるです。

 

女性ならば好きな言葉ではないかな・・・と思えるのが、閉経とか更年期障害とか。
特に、閉経っていうと、女性が女性でなくなるようなイメージもあり
世間でも、口にこそ出さないものの、「終わった・・・」そんな風にとらえられているように思う。

 

閉経の年代になると、ホルモンバランスの乱れから
お肌が不安定になってくるし、精神的バランスをかくことだってある。
しかし、思っていたほどではなくて、肩透かしをくらったような、そんな人だって多いもの。

 

更年期障害は、いずれは終わりがくるもの。

 

肩透かしだ~って感じている人は、今よりも輝けるし
辛いと感じている人だって、時がたてば楽になる。
やがて終わりはくるのだから。

 

終わりが来たら、女性が終わるのではなく、そこからまた新しい自分が始まる。

 

乱れていたホルモンバランスが整い始め、肌も安定してくるし、精神的にも安定してくる。
わくわくしてきませんか?
諦める必要なんて、まったくないんです。

 

年齢と共に、肌も体も坂道を転げ落ちるように言われているし
実際に、そう感じることもあったけれど
きちんとお手入れをしていれば、いつまでも転げ続けることはないのです。

 

壁を乗り越えたそこに、新しい未来が待っている!のような例えを聞くことがあるけれど
それと同じで
乗り越えた先には、2度目の青春が待っている!みたいな。
女性の体って、神秘的だし本当によくできていると思う。

 

あと数年で、人口の半分以上が50代以上!
50代が主役の時代がやってくるのです。

 

諦めてしまうより
1年以内にしたいこと
5年以内にしたいこと
10年以内にしたいことを考えていたほうが楽しい。

 

女性は死ぬまで女性。
わくわくドキドキすることを追い続けていたいものです。