秋に太らない方法

 

 

こんにちは こむはるです。

 

暗闇に かすかに響く虫の音色

 

夜、ベッドに入って耳をすますと、虫の音が聞こえて子守歌のように。
秋を感じるこの頃。
もう9月ですもんね~

 

過ごしやすい季節になってうれしいけれど、一方で不安なのが食欲の秋!
夏バテしていた人も、夏に食欲がなかった人も
秋になると体力も気力も食欲も回復してくるかと思います。

 

夏って、エネルギーを使いそうなイメージがあって
代謝もばんばんしていそうなイメージがあるけれど
実はその反対で、エネルギーはあまり使わないんですよ。

 

人の体温って、36度程度。
気温が体温に近づくため、体温を維持するエネルギーがいらなくなるから。

 

夏に下がった基礎代謝は
涼しさを感じる季節になると、だんだん上がってきて、冬には一番基礎代謝が上がるようになります。

 

基礎代謝が増えて、エネルギー消費も多くなる!

 

また

 

体が、一番免疫力を必要とする冬に備えようとしているため、脂肪をまといやすくもなります。

 

これが食欲が増してしまう原因なのです。

 

食べたいものを食べたいだけ食べていたら、カロリーオーバーになってしまいます。
では、どのようなものを食べ、どのような食べ方をすればよいのでしょう?

 

食物繊維

食物繊維は、カロリーがほぼゼロ!
腸に届いても吸収されないだけでなく、糖分やコレステロールと一緒に排出される!

 

食欲が止まらない!
そんな時は、食物繊維を多めに食べるのがおすすめ。
また、食事をするときは、食物繊維を含むものから箸をつけると
急激な血糖値上昇を抑えることから、太りにくくなる、とも言われています。

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を2:1でとると、お通じにもいいですよ。

 

<水溶性食物繊維>
果物・海藻に多く含まれます。

にんにく・エシャロット・納豆・ごぼう・アボガド・オクラ・梅干し・レモン・芽キャベツ・菜の花・モロヘイヤ・なめこ・春菊・インゲンマメ・人参・里芋・切り干し大根・押麦・プルーン・海藻・そばなど

 

<不溶性食物繊維>
きのこ類・イモ類・穀類に含まれます。

いんげんまめ・ひよこまめ・あずき・とうもろこし・コーンミール・オートミール・納豆・枝豆・えりんぎ・さつまいもなど

 

野菜や果物類は、抗酸化作用が高いビタミンCやβカロテンなども含むので、体の中の酸化も予防してくれます。
体の中が酸化すると、さびて、老化スピードを速めてしまいますからネ。

 

最近では、食物繊維が豊富なトクホの野菜ジュースも出てきています。
食事の前に飲むことで、食事量を減らしたり、急激な血糖値上昇を抑えたりするのにいいかと思いますヨ。

 


緑でサラナ(30缶) ※送料無料(北海道、沖縄、離島除く) 【特定保健用食品】【トクホ】