子育て

 

 

こんにちは (=゚ω゚)ノ こむはるです。

 

先日、子供ちゃんが幼稚園へ行きたがらない、夜泣きをするようになったということで
悩んでいる方からメールをいただき
ワタクシなりに返信を書かせていただきました。

 

ワタクシも経験しておりますが、子育てにイライラや不安はつきもの。
同じような思いをしている方も多いかと思い
少しでも参考になれば・・・と、この記事を書かせていただきました。

 

ご相談内容

ここ数ヶ月、子供の夜泣きがひどく、日中も幼稚園に行きたがりません。
以前からよく泣く子でしたが、ここ数ヶ月は特にひどく、
母のいない寂しさが根底にあるのはわかるのですが、
仕事の忙しさから、たまに私も厳しく言ってしまうこともあり、
それによって心を閉ざしてしまうという悪循環にあるような気がします。

 

根は明るい子なので、そんな娘の顔を見ているのはツラく、
自分の父親としての不甲斐なさに感じ入る日々を過ごしております。
子育てとはこんなにも大変なものなのか、と本音をいうと疲れました。

 

この娘を一人前に育てあげる!という気持ちにいささかの変化もありませんが、
もっと上手に出来るのではないかと日々、子育てを模索しております。

 

少し思い詰めたところがあり、誰かに相談したいと思い、メールさせていただきました。

 

ワタクシからの返信

子供ちゃんの夜泣きがひどいとのこと。
いくつか理由はあるかと思います。

 

まず、子供の場合、脳の発達が未熟なため、眠りが浅く、夜泣きすることはよくあることです。
しかし、今までなかったのに夜泣きをするようになった場合は、理由があると思います。

 

幼稚園へ行きたがらない、ということですので
幼稚園で何かあったのかも知れません。
怖い思いをしたのかも知れません。
子供ちゃんにとり、嫌な思いをしたことがあったとしたら
それが思い出されて、夜泣きにつながっている場合もあるかと思います。

 

仕事で疲れている・家事もしなくてはならない・育児も・・・
私も経験していますが、疲れているときに夜泣きされたらたまりませんよね。
いらいらしたりもあるでしょうし、怒鳴りたくもなるでしょう。

 

怒鳴ったところで解決するわけでもありませんので、まずは深呼吸。
子供は、親の心を敏感に感じますから。
まずは、安心してもらうことかな、、、と。
ぎゅっと抱きしめて、落ち着いたところで、ゆったりと話を聞いてみるといいかも知れません。

 

怖い夢でも見たの?
幼稚園で何かあったの?

 

子供ちゃんは、言葉にしたくても、うまく表現できないこともあるかも知れませんが
ゆったりした心で向き合うのがいいかと思います。

 

100%完璧に子育てをしている人はいません。
完璧だと思っていたとしても、それは、自分にとり完璧なだけであって
人様からみたらわかりませんし、子供はどう思っているのかもわかりません。
子育ての本などもありますが、それが正解ではなく、子育てに正解はないと思います。

 

誰もが手探りなのです。

 

親の言うことを聞いてほしい・いい子に育ってほしい、というのは親の勝手な願い。
しかし、子供は、親の言うとおりに育たないほうが良いのです。
親の言うとおりに育ってしまったら、どうなるでしょう?
深呼吸をして、ゆったりした気持ちで向き合うと、子供もゆったりした気持ちで答えてくれるかな・・・と。

 

誰もが大変な思いをして子育てをしています。
ちょっと離れたところから、客観的に見てみると、気づくことがあるかも知れませんね。

 

木の上に立って見ると、親という漢字になりますしネ。

 

偉そうに長々と失礼しました。

 

ご相談者様からの返信

お返事ありがとうございました。
なんといいますか…真っ正面から私に向き合ってくれているんだなと思い、
心から嬉しいと思いました。そして何か大きなものに包まれてるような気がして…
ほんとうに相談して良かったと思いました。

 

「木の上に立って見ると親になる」…なるほどと思いました。
なんだかこの一言で心のなかがスッキリしたような気がします。

 

たぶん娘のことに対して、一生懸命やらなきゃ、やらなきゃと思いすぎて、
世の中のお父さん、お母さんの頑張る姿を見て、自分も自分もと思いすぎて、
いつの間にか視野が狭くなり、息苦しくなり、果ては疲れ切って…

 

自分のことを追い込んでいたのは、紛れもなく自分だったということですね。
そんな自分の姿、振る舞い、呼吸が、きっと子供にも伝わっていたんですね。
まずは安心してもらうこと、ぎゅっと抱きしめて話を聞いてあげること、
きっと昔は出来てたんだと思います、でも娘がどんどん大きくなるなかで、
それを疎かにしてしまっていたんだろうな…

 

私の頭のなかで作った物語を寝るときにお話することもなくなったな…
うん、わかりました。早速、今日からでも実践していけたらと思います。

 

 

子供は親の言うことを聞かないほうが良い

子育て方法

 

 

上記で
親の言うことを聞いてほしい・いい子に育ってほしい、というのは親の勝手な願い。
しかし、子供は、親の言うとおりに育たないほうが良いのです。

 

と書きました。
これについて、もうちょっとかみ砕いてみます。

 

親の言うとおりに育ってしまったら、どうなるでしょう?

 

親の言うことを聞いてくれるのだから、親にとってはとてもいい子です。
しかし、子供ちゃんにとってはどうでしょう?

 

子供ちゃんは、お母さんが大好きです。
お母さんに気に入られたい、ずーっと好きでいてほしいと、いつも思っているもの。
この気持ちが大きいため、お母さんの言うことを聞いてさえいれば
いつもにこにこしていてくれるし、褒めてくれる、と思いこんでしまいます。
お母さんに気に入られたいばかりに、自分の意思を押し殺して、反発することなくいいなりになります。

 

僕、いい子でしょ?
私、いい子でしょ?

 

お母さんの顔色ばかりうかがって育った子供ちゃんも、いずれは社会へでて働きだします。
そうなった時、どうなるでしょう?

 

ずーっとお母さんの言うとおりに生きてきた子供は
人から指示をされないと何もできないヒトになっているかもしれません。
自分で考えることができなくなっているかも知れません。
自ら進んで行動することができなくなっているかも知れません。

 

子供は、親の言いなりではなく、反発するくらいが良いのです。
反発するというのは、自分の意思を持っている、自分の考えを持っている、ということです。

 

おもちゃを買ってもらえなくて駄々をこねる。
人様が見れば「どういう育て方をしているんだ」と、内心笑っている人もいるかも知れません。
表現はそれぞれ違ってきますが、これは、子供ちゃんの意思表示だから、あって当たり前のこと。
素直に想いを表現しているだけなのです。

 

素直に表現しない子は、お母さんの顔色を伺っていて、お母さんに叱られたくないから騒がないだけのこと。
お母さんに好かれたいから我慢しているわけです。

 

以前、ワタクシの子供が小さい時にこんなことがありました。

 

あるキャラクターのシャンプーをTVで宣伝したころのこと。
おもちゃ屋さんにそのシャンプーがありました。

 

子供は、それを見るなり
「僕、欲しくないよ。」

 

ワタクシは、何も言っていないのに、いきなり言い出したんです。
あ!
その時、子供にこういう風に言わせているのはワタクシなんだ・・・気づきました。
そういう風に育ててしまって、子供に謝りたかったです。
「僕、これが欲しい」
と素直に言えないように育ててしまったのだな・・・と。
結局そのシャンプーは買って、ちゃんとシャンプーもしましたヨ。

 

子育てに正解はありません。
それゆえ、親がどういう想いで子供ちゃんに接するかというのは、とても大切なんじゃないかと思います。

 

人、特に女性は感情で動きますから、疲れていたりすると、いらいらして怒鳴りたくもなりますし
ねちねちしてしまうかもしれません。
しかしそれは、子供ちゃんにとりプラスになることはなくて
プラスになるのは、怒鳴ったお母さんがストレスを発散できたことかな・・・と。

 

子育ては

子供と一緒に親も成長していく

そういうことじゃないかと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます m(__ __)m
この記事から一つでも拾うところがあれば幸いです。