プチプラコスメ

 

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。
素朴な疑問。
どうしてちふれ化粧品は安いの?・・・って話。

 

一番最初に使ったのが除光液。
たまたまなんだけどね。
除光液を探していて、たまたま目に留まったのがちふれ化粧品の除光液。
安いし、使ってみるか~って感じだったんだけど、すでに3本目(* ̄m ̄)
一緒に並んでいる化粧品はみんなプチプラ。
初めて、アイシャドウとリップを購入してみました。

 

いつも買うのはドラッグストアなんだけど、デパートにも入っているんだよね。
なんで?
っていう疑問が・・・

 

ちふれ化粧品の創業は1947年。
ワタクシが生まれるかなり前のこと。
1962年には、100円化粧品を作ったというからオドロキ!
でも、安すぎて売れなかったんだとか・・・
確かにそうだよな~
安かろう、良かろう、っていうのは意外と少ないし
値段が高い=安心感
こういうのもあるしね。

 

ところが、TVで取り上げられると、一気に加速して成長をしていったんだそう。
そして、1971年にはデパートでも取り扱うように。

 

 

ちふれ化粧品アイシャドウ

 

 

適正な価格
安全性を重視した製品づくり
成分・分量の公開

 

という3つの方針には共感するな~と。
原料の由来・産地・製法までさかのぼってトレーサビリティを調査しているっていう徹底さは感心するところ。

 

でもさ、適正価格って?
ちふれ化粧品の適正価格とは、良いものを誰もが手に入れやすい価格で!

 

包装の簡素化
適正な広告活動
流通経路の単純化
大量生産

 

つまり、ちふれ化粧品が安いのは企業努力なんですね~
確かに、包装はプラスチックだし、デザインも地味目。
TVCMも大々的にやらないし、やらない分、化粧品にCM料を上乗せすることもない!

 

 

ちふれ化粧品リップ

 

 

初めて知ったんだけど、今では当たり前になってきた化粧品の詰め替え。
一番最初に開発したのは、ちふれ化粧品なんですって!
意外と知らないことってあるんだな~と。

 

成分や分量まで情報公開しているちふれ化粧品は
やすかろう~良かろう~の化粧品でした。
安心して使えますネ。

 

●⇒ちふれ化粧品オンラインショップはこちら