しょうが紅茶

 

 

 

体をぽかぽかと温めてくれることで人気のしょうが。
しょうがはしょうがでも、生しょうがは体を冷やす!

 

生のしょうがを食べたり飲んだりすると、体がほわんとなりますよね。
これは、しょうがの発汗作用によるものなんですよ。
問題なのはこの先。
ぽかぽかが続けばいいんですけどねぇ~
ぽかぽかするのはその時だけで、すぐに冷えてしまうんですよ。
体を温めるのが目的なら、使うのは乾燥しょうが!

 

人気番組「ためしてガッテン」では、体温の実験をしていました。

 

普通のしょうがを食べて測定したところ、指先の温度は
上がったものの、なんと深部体温は下がってしまったのです。
しょうがは単純に体を温める訳ではなかったのです。

一方、乾燥しょうがで実験してみたところ、
指先の温度をかなり上昇させたにもかかわらず、
深部体温はほとんど下がりませんでした。
乾燥しょうがには体全体を温める力があったのです。

ためしてガッテンより

 

生しょうがは血管を広げてくれる成分を持っているので、指先とかつま先など
冷えやすいパーツもぽかぽかを感じることができるんですよ。
でもね、これがメリットでもありデメリットでもあるんです。
体熱を指先やつま先へ届けるため、体の中の体温が下がってしまうんです。
結果的には冷えやすくなる、ってことなんですね。

 

生しょうがの効果としては
解熱作用や解毒作用、吐き気止めなど。
まれに、お刺身を食べてアニサキスの影響を受けてしまうこともありますが
殺アニサキスという殺菌効果も!

 

じゃあ、どういったしょうがを食べれば体が本当の意味で体が温まるのか?
って話。

 

で!

 

体を温めるのに適しているのは、乾燥しょうが!

 

しょうがの辛み成分はジンゲロールという成分なんだけど
乾燥させると、ジンゲロールの一部が、ショウガオールという成分に変るんです。

 

ショウガオールの注目すべきところは
胃腸を刺激して、血行を良くしてくれるところ。
熱そのものを生み出してくれるところです。
体の中の熱を奪うことなく、ぽかぽかを感じることができることから
冷えを感じにくくなるわけなんですね。

 

乾燥しょうがは、漢方では冷え改善に使われているしネ。
体を温める時は、生しょうがではなく乾燥しょうがを。
お茶や紅茶に入れて飲むのもいいですね。

 

ってことで、乾燥しょうがを作ってみましたよ~

 

乾燥しょうがの作り方

乾燥しょうが作り方

 

 

材料は、しょうがだけ。

 

 

 

乾燥しょうが作り方

① しょうがを洗って、スライサーで薄くします。

できるだけ薄い方が、乾燥が早くなります。

 

 

 

 

 

乾燥しょうが

② しょうがの水分を拭き取ります。

③ キッチンペーパーを敷いたお皿に並べ、電子レンジで加温します。

 

 

 

 

 

電子レンジ乾燥しょうが

④ 電子レンジから取り出すと、キッチンペーパーに水分が染み込んでいるので、新しいキッチンペーパーに交換し、再度電子レンジで加温します。

 

 

 

 

 

 

電子レンジ乾燥しょうが

⑤ 何回か繰り返していると、水分が蒸発してきます。

完全に乾燥するまで繰り返してもいいんですが、乾燥すると燃えることもあるので、最後は天日干しがおすすめです。

 

 

 

 

 

しょうが天日干し

⑤ ざるなどにしょうがを入れて、天日干しします。

天気が良ければ、1日で完了できます。

 

 

 

 

 

乾燥sじょうが

⑤ あとは、タッパーや保存瓶などに入れて冷蔵庫に入れておけばOK。

そのままでもいいし、粉末にしてもいいし。

色々な料理にも使えますね。

 

 

 

 

 

しょうが紅茶

 

こちら、しょうが紅茶。
ほわんと香るしょうがのいい香り♪
噛むと、じゅわ~っとしょうが風味が広がります。

 

乾燥しょうがで、冷えないようにしましょうね~

 

面倒な方は、楽天にもありますよ。
人気NO.1の乾燥しょうが粉末です。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
この記事から1つでも拾うところがあれば幸いです。