ECM-E

 

 

セラミドには化粧品もあるし、サプリメントもありますが
どっちを使ったほうがより効果的なんだろう?
お肌に潤いを届けやすいのはどっちなんだろう?
疑問に感じたことはありませんか?

 

ワタクシの場合、セラミドは化粧品でしか補ったことがないんですよ。
それは、セラミドを化粧品として塗った場合、お肌のどこまで届くか・・・
これを考えれば、自ずと答えはでてくるんです。

 

セラミドはお肌のどこにあるのかって言うと、表皮の一番外側の角質層にあります。
ということは、化粧品で補える範囲にあるということなんですね。
かといって、セラミドサプリメントを飲んでも効果がない!ということではありませんが。
お肌の潤いにおいて、長期的に見れば、セラミドサプリメントを併用するのは効果的だと思いますヨ。
ただ、手っ取り早くセラミドを補う!という意味では、化粧品の方が早い、ということです。

 

化粧品に使われるセラミドには種類があって

人型セラミド
植物性セラミド
天然セラミド
合成セラミド・・・・

など色々ありますが、化粧品として補う場合は、ナノ化してあり
お肌に浸透しやすくしてある化粧品を選ぶのがおすすめです。

 

セラミド化粧水や美容液をお肌に塗った場合、どれくらい潤った状態が続くのかっていいますと
これには幅があって、長いものでは24時間潤う!
例え空気がからからに乾燥していたとしても、セラミドに満たされたお肌は影響を受けない!
とも言われています。

 

お肌が潤っていると、しわもできにくくなるし、できているしわも目立たなくなりますね。

 

しわが目立たなくなる美容液

 

ワタクシが使っている美容液、トータルリペアアイセラムには
セラミドNP ・ セラミドNS ・セラミドEOP ・セラミドEOS ・セラミドAPが配合されています。
セラミドには、多くの種類があるのがわかりますね。

 

トータルリペアアイセラムで、しわが消えたんですよ。
さすがです。

●⇒しわが消えた口コミはこちらです

 

 

肌成分の一つにヒアルロン酸もありますが、ヒアルロン酸の性質はセラミドとは違くって
ヒアルロン酸はサプリメントで摂ったほうが効果的な成分です。

 

ヒアルロン酸は、お肌のどこにあるのかって言うと、角質層の下の真皮層です。
一般的なヒアルロン酸は、分子量が大きくて、お肌に塗っても真皮層までは浸透しません。
それゆえ、べたつく感触のものが多いんですね。
でも、最近では、浸透型ヒアルロン酸も出てきているので、こういったヒアルロン酸でしたら
浸透力は高くなります。

 

しかし
ヒアルロン酸は角質層までしか届かず、肝心の真皮層までは届きません。

 

結果
化粧品として使うよりも、サプリメントとして飲んだ方が効果的、ということになります。

 

飲むヒアルロン酸美潤

 

ワタクシが11袋継続したヒアルロン酸サプリメントが美潤。

 

●⇒飲むヒアルロン酸の口コミはこちらです

 

化粧品の性質を見落とさない様にしたいですね。