便秘の原因女性に多い便秘。
溜めたくないのに、意に反してどうしてもスッキリすることができない。
お通じがあっても、残ってるような気がしてお腹も重たい・・・

便秘は百害あって一利なし!

体にもよくない便秘の原因って一体何?どうしたらスッキリできるの?

 

便秘にも種類があり、中には病院での治療が必要な場合もありますが、ここでは一般的に言われていることをまとめてみました。

 

くびれの邪魔をする便秘の原因1 ストレス

 

「腸は第二の脳」・・・聞いたことがあるかと思います。
腸の環境と脳で感じることはリンクしているからなんですね。

 

腸の動きは自律神経のバランスに左右され、特に副交感神経が働かないと腸の動きが悪くなる傾向にあります。
副交感神経はリラックスすると動きが良くなるんですね。

 

朝起きると交感神経にスイッチが入り、1日をスムーズに送ることができます。
交感神経は、夕方以降に副交感神経へシフトし、だんだんリラックスモードへと切り替わるのが一般的です。

 

ところが、何かと忙しい現代社会。
仕事でかなりストレスを溜めこんでいる人も多く、なかなか副交感神経へシフトされることができないようです。

 

便秘の原因お風呂に入っても仕事のことが頭から離れない・・・
ベッドに入ってからも仕事のことを考える・・・

 

リラックスモードへ切り替わることができず、不眠症になってしまうこともありますよね。

 

本来なら、睡眠中は副交感神経が働くはずですが、ある実験では、寝ている間も交感神経が働き、副交感神経が働くのはほんのちょっとだけ・・
何人かの実験でしたが、ほとんどの人が同じ傾向がありました。

 

睡眠中もリラックスできていない、ということですね。

 

睡眠中に副交感神経が動くと、腸の動きが活発になり、翌朝に排便をする環境を整えます。

これができないことが、便秘の原因になっていることもあります。

 

美ボディラインの邪魔をする便秘の原因2 悪玉菌

 

腸の中には、善玉菌と悪玉菌・そして、優位な方に味方をする日和見菌の3つの菌がいます。

このバランスを崩し、便秘にってしまうことがあります。

 

一般的な割合は
善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

 

便秘の原因日和見菌が圧倒的に多く、腸内環境が乱れると一気に悪玉菌の数が増えてしまいます。

 

今の状態は、便のニオイで判断できます。
便のニオイがきつければ、悪玉菌が多い状態だと考えられますね。

 

便の臭い。
ほとんどの人にあり、あって普通だと思いがちですけど、赤ちゃんって臭いわないですよね。
これは善玉菌が多いから。

 

年齢と共に善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまうので、赤ちゃんの便も成長と共にニオウようになってくるのが普通です。

 

善玉菌を増やすには、乳酸菌の摂取がいいと言われています。

牛乳・ヨーグルト・チーズや、納豆・キムチ・ぬか漬け・みそ・マッコリなどの発酵食品は、善玉菌にいいものです。

 

 

美ボディラインの邪魔をする便秘の原因3 足りていない食物繊維

 

スローフードが見直されてきていますが、まだまだ多いインスタント食品・ファーストフード。

忙しいとついつい頼ってしまいたくなりますが、食事のバランスを考えると、十分な量の食物繊維がとれていないようです。

食物繊維は便のカサを増やし、便通を整えて食える大切なもの。毎日十分な量をとることも大切です。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、このバランスも大切。

水溶性食物繊維は、水分を吸うとゲル状になって便を柔らかくしてくれます。
不溶性食物繊維は、水分を吸って膨らみ、腸のぜん動運動を活発にしてくれます。

摂取割合は、水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=2:1

食物繊維をとったのに、出るどころか張って苦しい・・・こんな経験をしたこともあると思います。
これは不溶性食物繊維を多くとり過ぎた場合におきがちな症状です。

便秘がちの人は、まずは水溶性食物繊維を多めにとるといいと思います

 

水溶性食物を含む食べ物 果物・海藻に多く含まれます。にんにく・エシャロット・納豆・ごぼう・アボガド・オクラ・梅干し・レモン・芽キャベツ・菜の花・モロヘイヤ・なめこ・春菊・インゲンマメ・人参・里芋・切り干し大根・押麦・プルーン・海藻・そばなど
不溶性食物を含む食べ物さつまいも きのこ類・イモ類・穀類に含まれます。いんげんまめ・ひよこまめ・あずき・とうもろこし・コーンミール
オートミール・納豆・枝豆・えりんぎ・さつまいもなど

 

くびれを作りた~い!邪魔するぽっこりお腹 ボディラインを崩す便秘の原因まとめ

 

すっきりお通じの邪魔をする大きな原因は3つ

icon-menu05-r-redストレスから自律神経が乱れてしまうこと
icon-menu05-r-red悪玉菌が優位な腸内環境になっていること
icon-menu05-r-red食物繊維が足りていないこと

 

このほかに、直腸に原因があることもあり、治療が必要な場合もあります。

 

いかがでしたか?
わかっているようで、見過ごしがちなことってありますよね。
毎日快適にすごし、ボディラインを整えるために、参考にしてくださいね。

 

★⇒おなかスッキリ茶・乳酸菌一覧はこちら