皮向け唇解消法

 

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ サプリメント管理士こむはるです。

 

秋~冬にかけてでてくる症状、唇の皮むけ。
何だかカサツクな~から始まり、潤いが消え、縦線くっきり!
だんだん唇の皮がむけてくる!

 

唇の角層は、頬などに比べると、とても薄いゆえ
むけるととても痛い!
食事の時に染みる!のようなこともでてきます。

 

今日は、唇の皮がむける原因と解消法・予防法をご紹介します。

 

 

唇の皮がむける原因

 

唇がむける原因は

・乾燥
・紫外線
・体の中からのSOS

 

icon-check-list乾燥

 

角層が薄い唇は、皮脂も少なくて乾燥しやすいパーツ。
潤いを留めておくのが難しいんです。

 

湿気がある夏は、潤いがある!と勘違いしてしまいますけど、その潤いは皮脂ではなく湿気。
潤ってるわ~と、ケアをしないまま夏を過ごしていると
秋~冬に、皮がむけやすくなってしまいます。

 

舐めて潤いを・・・という人も見かけますが、それでは、余計に乾燥してしまいますのでご用心ご用心。

 

 

icon-check-list紫外線

 

紫外線を浴びれば、活性酸素が増殖し、日焼けをするのは、お肌も唇も一緒。
秋になって唇がくすんだ色になってきたな~と感じるのは、日焼けしているからなのかも知れません。

 

また、日焼けしていなくてもくすんでいる場合は、唇の中を流れる血液の状態がよろしくない、ということもあります。
血行が滞りがちになっている場合もくすみやすくなります。

 

 

icon-check-list体の中のSOS

 

内臓が弱ってるよ~気を付けてよ~という、体の中のSOSという場合もあります。

 

夏バテして胃腸の調子がよろしくない
消化・吸収が上手くできていない
そういった不調を体が訴えている場合もあります。

 

消化・吸収がうまくできていないということは、栄養分が補給しにくい状態になっている、ということです。

 

 

皮むけ唇解消法・予防法

 

icon-check-list潤いを取り戻すリップクリーム

 

今使っているリップクリームは、どういったタイプですか?
一般的に市販されている多くは、繰り出し式で、固まっているリップクリームですよね。
実は、こういった固めてあるタイプのリップクリ-ムは、潤い成分配合量は少ないんです。
チューブタイプの、ジェル状の方が潤い成分は多く入っています。
普段使いのリップクリームを見直すといいですね。

 

こういうタイプがおすすめ

 

皮向け唇解消法

 

 

icon-check-list潤いを取り戻す唇パック法

 

お風呂上りなど、清潔で柔らかくなっている時に、唇パックをするのもおすすめ。
塗るのは、上記のようなリップクリームやハチミツ・オーガニック美容オイルなど。

 

皮向け唇パック

 

塗ったら、ラップをかぶせて密閉し、潤い成分をとじ込めます。

 

 

icon-check-list体を元気に保つように栄養分を摂る

 

顔肌であれ唇であれ健康であれ、全ては口にするもので生まれます。
疲労を溜めこまず健やかであるためには、まんべんなく栄養素を摂るのがおすすめです。

 

例えば
ビタミンB2は、皮膚のビタミンだし
ビタミンB6は、たんぱく質を上手に代謝してくれます。
ビタミンCは、抗ストレスビタミンだし、コラーゲン再生にも必要。

 

などなど、とった栄養素は体全体に行き渡り、唇再生にも貢献してくれます。
こういったビタミンやミネラルは、常にお互いの相互作用で最高に力が発揮されるもの。

 

体のために必要な栄養素は、まずは、ベースサプリメントを一つとるのが◎。
バランスよく摂れる意味で、プラセンタサプリメントは、ベースサプリメントにおすすめです。

 

抗酸化作用が高いことから、日焼けしにくい唇を保ち
日焼けしたあとの美白にも役立ちます。
また、血行促進効果で、くすみ唇を予防してくれたりも。

 

●⇒プラセンタの栄養素・効果はこちら