冷奴のタレ

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

大豆は、畑のお肉とも言われ、健康にも美容にも、是非とも摂りたい食材。
でも、豆そのものって苦手な人も多いわよね。
ワタクシも得意な方ではないゆえ、大豆の加工食品でとってます。
おかずがもう1品欲しいな~って時に出番が多いのが冷奴。

 

豆腐には、木綿豆腐と絹ごし豆腐があるけれど
たんぱく質やカルシウム含有量を比較すると、木綿豆腐の方がやや多め。

 

ワタクシは、リケンのノンオイルドレッシングをかけて食べるのが好きなんだけど
たまには、違ったお味も楽しみたいもの。
冷奴のたれは、スーパーでも売っているけどね。
家にある材料で、ちょいちょいっと作れたりもするので、4種類をご紹介~。

 

材料を混ぜるだけの超簡単レシピです。

 

めんつゆで作る冷奴のたれレシピ

 

ごまと長ネギ冷奴のタレ

・長ねぎ 好きなだけ
・めんつゆ  大さじ1/2
・ごま油  大さじ1/2
・しょう油 小さじ1/2
・いりごま 好きなだけ

 

 

 

 

 

卵の黄身で作る冷奴のタレ

卵の黄身で作る冷奴のタレ

・卵の黄身 1個
・長ネギ(みじん切り) 1/4本
・かつお節 1パック
・しょう油 大さじ2

 

 

 

 

 

 

辛い冷奴のタレ

辛い冷奴のタレ

・豆板醤  小さじ1
・コチュジャン 小さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・ポン酢しょう油 大さじ1
・玉ねぎ(みじん切り) 1/8個くらい
・白ゴマ 小さじ1/2

 

 

 

 

 

焼き肉のたれで作る冷奴のタレ

焼く肉のタレで作る冷奴のタレ

・焼肉のたれ
・かつおぶし 1パック
・ネギ  好きなだけ

 

 

 

 

 

 

家で人気なのは
めんつゆで作ったタレと卵の黄身で作ったタレ。

 

めんつゆで作ったタレは、卵かけごはんとも相性が◎。
息子が、おいしい~と食べていました。

 

黄身で作ったタレは、お刺身についてくる大根のツマにも合いますよ。

 

艶肌を生み出し維持していくためには、外からのケアだけでは限界があります。
体の内側から元気になること・健康になって初めて、お肌は変わっていきます。
毎日口から何を取り入れるかで肌運命が決まります。

 

●⇒健康美肌にこれだけは摂りたい栄養素まとめ

●⇒40代50代に摂りたいベースサプリメントはこちら