お金持ちになる法則

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

最近思う事。
本当の意味でのお金持ちってどういう人なんだろう。
これは、男女の違いもあると思うんですけどネ。

 

いつも車で通る道路わきに、ものすごい豪邸ができたんですよ。
家を建てている時から完成までずーっと見ていて
敷地が広いのはもちろん、重々しい外観とエントランス。
庭木から塀から、全てが統一されていて
そんな家を見ていて思った事。

 

すごいな~私もこういう家を建てたい。息子が同居する家を建てる時は、こういう感じがいい。

 

立派な家を建てたい!というのは
どっちかって言ったら、男性が思う事じゃないかと思うんですよ。

持ち家を立てる=男の甲斐性

何しろ大枚をはたくわけですから、お金がないとできないこと。
この辺、男性のプライドがあるのかな・・・と感じています。

 

でもね、庭は別なんですよね。
庭の場合は、女性のほうが気にするかな。
あ、カーポートは男性かな。
全ての人ではないと思うけれど、我が家の場合はそんな感じ。

 

この場合、家を見て「お金持ち」って思ったわけですケド
すべてのお金持ちが豪邸に住んでいるのかっていと、そういうわけでもないんです。

 

その人の価値観が反映される部分じゃないかと思います。

 

なぜかお金を引き寄せる女性39のルール

 

 

よく、田舎のおばあちゃんが数億円もっているなどということがありますが
外見だけを見ると一見お金持ちには見えない感じも人もいます。
別に自分の資産をアピールする必要もないし、誰かにチヤホヤされたいという欲求もないので
それを見せることもなければいう事もないのです。

 

オシャレが好きな人は高級ブランドに身を包むかもしれませんが
興味がなければそこそこのもので満足しています。
また、趣味や好きなものにはお金に糸目をつけないかもしれませんが
だからと言って、なんでもかんでも高級志向ではない・・・そういう人が多いです。

 

家には興味がなくて、貸家に住んでいるお金持ちだっているし
車だけにお金をかけるお金持ちもいるし
ファッションには興味がないけれど、食べることだけにお金をかけるお金持ちだっている。
ワタナベ薫著書 「なぜかお金を引き寄せる女性39のルール」を読むと
確かにそうだよな~と思えてくる。

 

本当のお金持ちは、全てを持ってわけではない!とも言っています。
自分に不要な部分にはお金をかけないから。
だから、見た目はとても質素な人が、実は大金持ち!ってこともある。

 

お金持ちはケチ!
そういう話もありますケド
これは、興味のないことにお金をかけないことを意味しているんじゃないかと。

 

お金持ちで、心も豊かな人は
必要な部分では、けちることなく、ぽん!

 

出さないと入ってこない
これはお金のルールみたいなもので、お金持ちになるための法則のようなもの。

 

人を見た目で判断するクセがついている人は
10本の指のほとんどに宝石きらきら
ブランド物で飾りつくす・・・
のような人がお金持ちだと思うこともありますよね。

 

見た目のお金持ち効果。

 

いいもの、という意味ではブランド品もあり!と言えばありですが
自分を良く見せる意味で持ってるわけではなかったりします。

 

お金持ちのお金の使い方は、ポイントをよく抑えている!
決して散財ではなく、死に金でもない。
こういった使い方は、是非とも見習いたいところです。

 

ワタクシはどうなのかって言うと、今まで、不思議とお金に困ったことはないんですよ。
お金は大好きですが
お金に執着しないことや
お金の話になった時に「私、お金持ってるから」 (* ̄m ̄)
など、プラスの言葉を発しているのがいいのかも知れません。

 

ちなみに、息子も先日言ってました。
「俺、お金持ってるから」って(笑)
やっぱり、子供は親を見て育つんですね。