体を温める食べ物

 

 

こんにちは ♪(*^ ・^)ノ⌒☆ こむはるです。

 

女性にとって、冷えは大敵!
冬は、冷やさない様に気を付けるけれど、夏はさほど意識しない人も多いかと。
ついつい油断しちゃって、冷たいものをガブ飲みしたり、冷たいものばかり食べてお腹を壊したり・・・

 

酵素は、体温が正常にあってこそ一番いい状態で働いてくれるもの。
冷たいものを摂り過ぎると、体内酵素の働きが鈍くなって、うまく消化ができなくなってしまうわけです。
人は、体温を上手に保ってこそ、元気でいられるんですよ。

 

では,体を温めると、どういうふうにいいのかって言うと・・・

 

体を温めると免疫力も高まり、体調がよくなる!
これは血行が良くなることから、体中の内臓・筋肉に酸素や栄養分が行き届くため。
老廃物などのデトックス作用も促され、血液が浄化されることにもつながる。
体温が低いと、酵素などの働きも弱ってしまいがちだけど、温めることにより機能が回復し、免疫機能もよくなってくるんです。

 

 

体が冷えやすい人の食生活を見てみると
朝食を食べないとか
好き嫌いが多い・・・と言う人も多いようです。

 

朝食を食べないと、1日のエネルギー源を得ることができなくなってしまいますよね。
体温も上がりにくいし、血行も滞りがちに。
好き嫌いが多いとか、インスタント食品ばかり食べていると、栄養素のバランスが悪くなり冷えやすくなります。

 

という事で、今日は、体を温める食べ物をチェクしてみました。

 

体を温める野菜

 

まずは野菜類。

野菜を大きく分けると、地上にできる葉物と、地中にできる根菜類がありますよね。
体を温めるのは、地中にできる根菜類。
じゃがいもとかさつまいもとかごぼうとか・人参・玉ねぎなどがそうです。
かぼちゃは地中にできるものではないですけど、かぼちゃも体を温める野菜。

 

一時、蒸し野菜が人気でしたケド、蒸し野菜は根菜類がメイン。
体を温めてくれる調理法なわけです。

 

また、夏に収穫できる野菜類。
きゅうりとかナス・トマトなどは体を冷やしてしまうので、摂りすぎに気を付けましょう。

 

体を温める果物

 

果物類なんですが
果物は、南国でとれるマンゴーとかバナナなどは、体を冷やしてしまいます。

 

寒い地域でとれる果物は、体を温めてくれます。
りんごとかぶどう・さくらんぼとかがおすすめ。
夏に収穫できるスイカなども体を冷やしてしまいますので、食べ過ぎに気を付けましょう。

 

*注意
冷えやすい野菜や果物は食べてはいけない!と言うものではありません。
栄養価が高いものも多いです。
これらは、食べ過ぎない様に、、、というふうに考えてください。

 

体を温める飲み物

体を温める飲み物

 

 

温かい飲み物なら、コーヒーでも緑茶でも何でもいいように感じますケド
実は、コーヒーや緑茶は、体を冷やす飲み物なんですよ。

 

例えば、コーヒは、元々南国で収穫されるものですよね。
温かい地域で収穫できるものは、体を冷やす作用があるのは、上記に挙げた野菜や果物と同じ。

 

また、体にいいとされる緑茶は、発酵していないお茶ですよね。
お茶に関しては、発酵させたお茶の方が、体を温めると言われています。
紅茶とかウーロン茶とかプーアール茶とか、こういった発酵茶のほうがおすすめです。

 

また、プラセンタサプリメントは、冷え性にもいいと言われています。
ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含んでいるので
偏食しがちな人にもおすすめです。

 

体を温めるということは
身体の処理能力をできるだけ落とさないようにするための第一歩で
それにより、免疫力の低下が抑えられ、結果病気の発症を抑えられる、と考えることもできます。
実年齢よりも、できるだけ若い体を維持することで、アンチエイジング効果も高まると思いますヨ。

 

飲んで良かったプラセンタまとめ

貼るホッカイロ 効果的に温める場所とポイント

 

 

アンチエイジング効果を高める!体を温める食べ物・飲み物 でした。