お金を引き寄せるには気持ちよくお金を使う事 なぜかお金を引き寄せる女性39のルール
ワタナベ薫

 

母の日に実家へ行ったときのこと。
県外に住んでいる姉夫婦も来て、みんなでわいわいと食事をしていたら
姉の旦那さんが、「パチンコでもうけたから」と言って
息子と母に1万円ずつのお小遣いをくれたんです。
ワタクシはスルーされましたが(;^_^A

 

姉の旦那さんは、ワタクシが小さい頃からよくお小遣いをくれる人で(姉には内緒で)、それは、ワタクシが就職をするまで続いたんですよ。

 

今でも、こうして人に躊躇なくお金をあげることができるのって、すごいな~って思うんです。
こういう人って、お金に対する執着心がなくて、執着心がないと、不思議とお金が入ってきたりするんですよね。
必要な時に、ちゃんとお金が入ってくる、そういう人なんです。

 

お金は誰もが好きで、もちろんワタクシもお金が大好きです。
でも、ただお金が欲しい欲しい・・・って思っていると、お金に嫌われる傾向があることもわかってきたこの頃。
最近は、お金に対する執着心を持たなくなりました。

 

だって、ふつーに生活できるお金があるから。
お買いものをする時にも、買い物できるお金があることにありがさを感じています。

 

レジでお金を払う時
また使ってしまった・・・とか
また減った・・・とか

 

そう考えるよりも
払えるお金があって良かった。ありがたい♪
最近はそう思いながらお買い物をしています。
そのほうが、幸せを感じますしネ。

 

お金は出したら入ってくる自然の摂理

 

ワタクシ事ですが、まだ6月だというのに、今年になって、100万単位のお金が2回出ていきました。

 

1回目は息子の車。
軽自動車ですが、今の軽自動車は装備も良くて、なかなかいいい値段ですよね。
この時、ありがたいことに、かなり値引きやサービスをしてくださいました。
そして、払えるお金があることに感謝しながら、すぱっと気持ちよく支払いました。

 

2回目は、家の外壁塗装。
そろそろ外壁塗装をやらないとね・・・って話をしていた時、タイミングのいい出会いがあり
縁あって、外壁塗装をお願いしました。
こちらとしては、まったく値切ってはいなかったんですが、なぜか安くしてくださって
それでも、お高いお買いものです。
この時も、払えるお金があったことに感謝したものです。

 

お金には、出さないと入ってこない!というルールがあるらしいです。
そして、必要な分は必ず入ってくる!

 

ワタクシの場合、数百万円使ったわけですから、いずれは戻ってくるのかな?
お金は必要な時は自然と入ってくる!と聞いたこともあるし。
どういう形で戻ってくるんだろう?
正直なところ、そういった思いがなかったわけではありません。

 

臨時収入が入ってくるような環境ではないし・・・
そんな折、またまた100万単位のお金が出ていくことに!
この時はさすがに、どよ~ん。
でも、考えてもしょうがない!
それだけのお金はあるから、すぱっと送り出してあげよう。

 

そう思っていた矢先、入ってきました!
意外なところから意外な形で!
それも、今回出てゆくお金に見合った金額だなんてっ。
さすがにこの時は驚きましたけど、必要なお金は必要な時に入ってくる
という貴重な体験をしました。
 

執着のある節約は貧乏になっていく

ワタナベ薫

 

 

執着のある節約は貧乏になっていく
これは「なぜかお金を引き寄せる女性39のルール」の一節。

 

どういう事かっていうと、10円安く変えた!20円安く変えた!
主婦ならばうれしいことですケド、これは「自分が豊かではない」というイメージを自分にすり込んでいることになる、というもの。

 

ワタクシも、結婚したばかりの頃は、そんな感じでした。
お店をはしごして安いものを買って・・・ガソリン代がかかってることは忘れてましたが(;^_^A
結局は、自己満足でしかなく、ガソリン代を考えたら決して安くはなかったと。
かえって、お金に対する執着心が増し、自分は貧乏・・・そういった負のイメージを持っていたわけです。

 

今では、たまたまいったお店で、安く買えたらラッキー♪
必要なものは、高くても気持ちよくお金を支払ってGETしてます。

 

お金は、溜めるものではなく、流すもの。

 

お金は生きていく上で必要だし、溜めたい!というのは当たり前の感情。
でも、最近思うのは
お金は、いくら溜めたかよりも、自分の前を、どれだけのお金が通っていったか(使ったか)
これが大事なんじゃないかと。

 

お金に執着するのではなく、気持ちよく使って流す。
これが今のワタクシの目標だし、していること。
やっぱり、お金には、法則があるみたいですね。