6

 

 

できると思っていたのに
やれると思っていたのに

 

言われた方は、できなかった結果だけをつつかれて
できているところは無視され、褒められることはほとんどないのが世の中。

 

人の悪いクセ。

 

100のうち80はできているのに、出来なかった20だけを見て評価をしてしまう。
結果を求められる仕事や試験などにありがちなことですが
これは、自分自身が結果を評価されながら生きてきた人に多く見受けられるようです。

 

言った方は、自分が過去に言われてきた言葉なので
言われればどういう気持ちになるか、わかっているはず。
それでも言ってしまうのは、そこには、上下関係があり
傷つくとわかっていても、自分の負の感情を吐きだし
自分の心が満たされればいい、、、のような感情。

 

その後に続くのは
この結果を上にどう伝えればいいのだろう?・・・とか
売り上げが上がらないことを責められる・・・とか
相手ではなく、自分中心の感情です。

 

もし、こういった悪いクセを持っているのなら
それは考え方のクセなので、いくらでも変えることができるのです。

 

どうしたらこの人は結果が出せるのだろう?
80はできているんだから、あと20はどうしたらプラスになるんだろう?

 

できない、達成できないという負の部分だけを見てしまうと
そこにはどんな未来が待っているのか?
心は重たくしんどくなります。

 

試練の中にありながらも、それでも
得ている80のことに意識をフォーカスした時
80が90になり、95になり
100に近づく方法を見い出すことができのです。

 

なぜその目標を達成したいのかを考え
常に思い出すと、モチベーションは維持できていくものです。

 

一方

できなかった20の部分だけにフォーカスされ続けてしまう人。

 

できると思っていたのに
やれると思っていたのに

 

言われれば気持ちがいいものではなく、思うのは
やっぱり自分はだめな人間
何をやっても結果を出せない人間

 

ですが

 

80はできているんだから、だめな人間でもないし
何をやっても結果を出せない人間でもありません。

 

与えられた仕事や試練は、自分にとってチャンス!
一回りも二回りも成長するチャンス!

 

物事を否定的に考えてしまうクセがある人には
与えられた仕事や試練をチャンスだと捉えることができず
きっとまただめだから・・・
負の感情に飲み込まれて、モチベーションを上げることができません。

 

80できているのなら、それを85にする方法を考えましょう。
85になったら、90になする方法を考えましょう。

 

過去の失敗した経験は、成功のために役立てることが出来ます。
同じ方法を避けることができますから。

 

自分や物事は、今までと違った角度で客観的に見てみると、小さな気付きはあるもの。
煮詰まってしまったら、人に聞いてみましょう。
人は、意外と人のことを見ているものです。

 

icon-check01-red過去に失敗した方法を生かす

 

icon-check01-red目標はいくつあってもかまいませんが、一度に達成できるのは一つだけ。

二兎を追うものは二兎を得る!三兎だって追える!(参考過去記事)

 

icon-check01-red人に話すのも手段の一つ。口にすることでサポートが入ることも。

 

icon-check01-red目標のためにやるべきこと、思う事や順序などを紙に書きだしてまとめてみる。

 

icon-check01-redできている自分を評価し、モチベーションを維持する。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます (≡^∇^≡)
スマイルハッピー♡
皆さんが、毎日笑顔で過ごせますように。