1

 

 

二兎を追うものは一兎を得ず!な~んてもう古い。

二兎を追うものは二兎を得ることができるし、三兎だって追えちゃうんです。

 

 

だって

一兎を捕まえてから二兎目を負えば捕まえることができるでしょうが~

要は

一兎ずつっていうのがポイント。

 

 

これを、夢に例えますと

夢はあればあるほど叶えることができるっていうことなんですよ。

すばらしいーーーっ(o^-‘)b グッ!

 

 

誰にでも夢ってあると思うんです。

あるだけ紙に書きだしてみてください。

紙が真っ黒だぁ~私ってば欲張り?ってなる位あったって大丈夫。

書きだしたら、優先順位をつけてみましょう。

 

 

そうして、清書してみてください。

真っ黒になるぐらいあった夢が、整理されたのではないでしょうか?

思ってるだけではまとまりにくい事でも

紙に書きだしてみると整理ができちゃうんですよ。

 

 

夢 = 幸せ

 

 

夢は1個ずつしか叶えることができませんので

一番上に書いた夢を思い浮かべてみてください。

叶うことを想像したらわくわくしてきて、自然と笑顔になってきますよね。

笑顔が幸せのスタート地点。

 

 

人は、自らの幸せを味わおうとするときに

間違って他人や物・お金にゆだねるという過ちを犯してしまうことがあり

その場合、それが無くなった時に幸せじゃなくなります。

そうしますと、自分を幸せにできない!というむなしさが襲ってきます。

 

 

その夢は、自分が叶えるものです。

自分の幸せは、他人にゆだねて叶うものではありません。

最終的には自分次第。

どこに意識を向けるかで違ってくるもの。

 

 

人に頼って幸せを得るような生き方は

信頼関係を結べない依存関係を生み出し、満足感を阻むことでしょう。

 

 

まずは、自分自身のチカラで幸せを、夢をつかむこと。

物質的な価値観に縛られるのではなく、心の豊かさを得られることができる夢。

心の豊かさを感じることができれば、必要な時に物質的な幸せも付随してくることでしょう。

 

 

二兎を追うものは、二兎を得ることができる!

いかに自分が、幸せに満足に過ごしていけるかを考えたいですね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます (≡^∇^≡)

スマイルハッピー♡

ハッピーの玉手箱を開けるカギはここにもありますヨ

皆さんが、毎日笑顔で過ごせますように。